参加登録 参加サイト一覧 ランダムジャンプ MOUNTAIN RINGホーム

 〔076〕大釜の滝  徳島県  小釜の滝  徳島県   大轟の滝  徳島県  〔077〕轟九十九滝  二重滝  徳島県
 無名滝  徳島県  横見滝  徳島県  船 滝  徳島県  丸渕滝  徳島県  鳥返滝  徳島県
 鍋割滝  徳島県  〔078〕雨乞の滝  徳島県  うぐすい滝  徳島県  不動滝  徳島県  もみじ滝  徳島県
 観音滝  徳島県  雌 滝  徳島県  〔079〕雪輪の滝  三筋の滝  愛媛県  河鹿の滝  愛媛県
 大ーノ滝  愛媛県  無名滝  愛媛県  千畳敷  愛媛県  〔080〕御来光の滝  〔081〕龍王の滝
 〔082〕轟の滝  〔083〕大樽の滝  無名滝  高知県  無名滝  高知県  つららの滝  高知県
 大荒の滝  高知県  岩屋の滝  高知県
表紙に戻る


頭に番号が付いているのが”日本の滝百選”、番号が無いのは百選に匹敵する滝です。
滝の紹介は滝そのものではなく、多くは山歩きを通じての紹介となっています。
評価の☆印は、その時に見た個人的な主観ですので、天気、水量で変わると思います。

地域別滝名リスト

徳島県
076               大釜の滝
 大釜の滝    小釜の滝
             大轟の滝
20m
5m
20m
 那賀郡那賀町沢谷  ☆☆   シンプルな直瀑であったが、滝壷と淵が見応えあった。
 ☆     滝本体は滝壷の奥にあり見ることが出来なかった。
 ☆☆   道路から滝全体を見ることが出来た。滝壷が大きかった
2015.11.10
077                 轟本滝
 轟九十九滝-2  二重滝
 轟九十九滝-1  横見滝
                  船滝
                丸渕滝
                鳥返滝
                鍋割滝
58m
10m
15m
8m
12m
20m
15m
 海部郡海陽町平井 −−−  痛恨のミスで本滝を見逃した。
 ☆☆   本流が多くの滝に分かれて落ちていた。
 ☆     シンプルな直瀑。滝口から拡散して広がりながら落ちて行く滝。
 ☆☆   岩に挟まれた隙間を落ち来る滝。個人的にはこんなのが好き。
 ☆☆☆ 下流の船滝と繋がっていたので見応えがあった。
 ☆☆   岩盤に沿って落ちる直瀑。 
 ☆☆☆ 幅広いリボンの様に落ちる滝は下の岩に打ち付けていた。
2018.03.10
2015.11.10
078             うぐいす滝
 雨乞の滝       不動滝
              もみじ滝
                観音滝
                 雌 滝
                 雄 滝
10m
3m
8m
8m
45m
27m
 名西郡神山町神嶺字谷  ☆     何の変哲も無い小さな滝。
 ☆     同じく小さな滝。
 ☆     くの字に曲がり落水する滝。
 ☆☆   階段状になった岩肌を流れ落ちる。
 ☆☆☆ 方向を変えながら3段に落ちる豪快な滝。
 ☆☆   水量が少なく雄滝としての迫力がなかった。
2015.11.10
 大歩危・小歩危 −−  高知県長岡郡大豊町  ☆     峡谷として感動する所は殆んど無かった。 2015.11.11
愛媛県
079  雪輪の滝   
 (三本杭)
300m  宇和島市  ☆☆☆ 滝見としてではなく、沢登りとして歩くと星三つに
        なった。滑滝も含めると数kmにも及んだ。
2009.04.19
080  御来光の滝   102m  上浮穴郡久万高原町  ☆☆☆ 滝壷までは往復6時間以上掛かるので石鎚スカイライン
         にある滝見展望台からの遠望で済ます。
2015.11.11
 面河渓 −−  上浮穴郡久万高原町  ☆☆☆ 観光地化しているが、雄大な渓谷を見ることが出来た。 2015.11.11
高知県
081  龍王の滝     20m  長岡郡大豊町佐賀山  ☆☆   何のインパクトも無かった直瀑。 2015.11.12
082  轟の滝-2
 轟の滝-1
82m  香美市猪野々  ☆☆☆ 2回目の来訪で展望所から滝全体を見ることが出来た。
 ☆☆☆ 滝壷からだと大きな滝の全容が見れなかった。
2018.03.10
2015.11.10
083  大樽の滝     34m  高岡郡越知町山室  ☆☆   デカイ滝であるがシンプル過ぎる直瀑で感動するものがなかった。 2015.11.11
 大荒の滝
 つららの滝
 岩屋の滝
40m
25m
25m
 香美市香北町大束  ☆☆☆ 直瀑であるが水量多く迫力のある滝だった。
   ☆☆ 水量が少ない直瀑。
 ☆☆☆ 3段に落ちる変化のある好みの滝だった。
2018.03.10
〔日本の滝〕 四国エリア
四国エリアの名瀑を抜粋(日本の滝百選を含む)
北海道エリア
東北エリア
関東エリア
北陸・甲信越エリア
東海エリア
近畿エリア
中国エイア
四国エリア
九州・沖縄エリア
地域別・日本の滝に戻る