島根県雲南市

2015年06月10


日本の滝百選に戻る

Road Map:県道39号湖陵掛合線沿いに看板あり。滝谷川添いに分岐し3km南進する。
日本の滝百選』  規模の大きな裏見の滝が体験出来た。
ウィキペディアから
雲南市と出雲市の境界にある鳥屋ヶ丸(とやがまる)を源とする斐伊川水系の三刀屋川の支流・滝谷川にある。上流部の雄滝、下流部の雌滝からなる。流域にはオオサンショウウオが生息している。
雄滝は落差40mの直瀑である。下部は洞穴となっており滝観音が祀られている。洞穴内部から滝を眺めることが出来る「裏見の滝」となっている。雌滝は段瀑となっており、下部のみが見え上部は岩陰に隠れて確認できない。
竜頭ヶ滝
滝としては素直なストレート滝であったが、裏見の滝は特長的であった。
これで八重の滝としての8つの滝を全て見ることが出来たが、やっぱり色々と納得が出来ない。
〔072〕竜頭ヶ滝 (落差40m)
日本の滝百選に選定されている”八重滝”は民谷川に7つ、滝谷川に”竜頭ヶ滝”の1つが含まれているので、”竜頭ヶ滝”を散策して”八重滝”を完結させる。
りゅうずがたき
道39号線から3km程南に下ると、滝見観光者用の無料駐車場がある。
舗装道路を少し進むと滝見観光用の遊歩道となる。
”竜頭ヶ滝”とは”雄滝”と”女滝”の総称であったが、メインは”男滝”となる。
舗装道路で民家の前を通ると直ぐに車止めされた遊歩道に入る。
滝見観光者用の駐車場はやたら広い。ここに寂しく1台を停める。
8分程で休憩東屋のある分岐に着く。
簡易舗装された遊歩道を川沿いに進んで行く。
デカク立派な標識。
東屋の前が雌滝、雄滝の分岐となり、まずは簡単そうな雌滝に向う。
分岐から直ぐの距離で”雌滝”に着く。”雌滝”は何の変哲もない小さな滝だった。
”雌滝”から直ぐに分岐に引き返し、”雄滝”側への長い階段を上る。
よく整備された階段道が続く、流石は遊歩道。
階段道の途中に”雌滝”に下りる道があった。先ほどは右岸だったが、こちらは左岸に下りる道だ。
”雌滝”の近くには寄れるがビュー的には右岸から見た方がベッピンだった。ここからだと左側の滝が見えない。
階段道を上がり切ると道標があり、”滝の上駐車場”とあった。何それ?もっと楽出来る道があるの?
”雌滝”の滝口に出るが、危なくてこれ以上は近寄れない。
26分で”雄滝”(落差40m)に着く。滝が途中で二つに分かれ、滝裏が掘り込まれているのが特長だ。滝裏に入ってみる。
滝裏に行くには右岸に渡渉しなければならないが、飛び石がうまく配置されており、しかも乾いているので渡るには問題はなかった。
右岸には東屋があったが、用は無いので行かず。後で地図を見ると滝口に廻り込む道がある様なのだが、東屋の前には”立入り禁止”の立て札があった。これは何の意味なのか判らない。
大杉は確かにあったが、見事とは思わなかった。
右岸から滝の裏に入ってみる。
滝の裏は立って歩ける程に広いが、足元の岩は年中濡れている為か、苔生して極端に良く滑る。これ以上に近付くとレンズが濡れるので程々にした。
散策時間:39分