兵庫県豊岡市但東町西谷

2015年12月30


近畿エリアの滝に戻る

Road Map :R9沿いの上夜久野から県道56号線を北上し、道標に従い村道に入る。
Route Map:林道に駐車場とトイレあり。遊歩道を5分程歩く。
近畿エリアの滝』   小さな分岐瀑であるが滝姿は美しい。
今日の滝見予定
この後、和田山近郊の奥山双竜の滝、不動滝を巡るが、簡単に滝見が出来た清竜の滝と違い、かなりの困難な滝見巡りとなってしまった。
清竜の滝 (落差10m)
東床尾山の東側、鉄鈷山の北側、河本川の上流にある落差10mの分岐瀑。
駐車場からは5分も歩けば見ることが出来る美しい滝。
せいりゅうのたき
上夜久野は京都府であるが、56号線で天谷峠を越えると兵庫県に入る。
沢に下りて左岸を上流側に進んで行く。
舗装された林道に入ると直ぐに駐車場となる。
滝見遊歩道入口には休憩東屋、トイレがあった。
東屋の中を通っていくが、東屋から滝見は出来なかった。
赤い橋を右岸に渡る。前方に”清竜の滝”が見えて来た。
何で滝が文化財になるのか? 意味不明。
遊歩道は終点となり滝見台となっていた。
滝壷まで下りることが出来るが岩がよく滑るので要注意。
落差10m 分岐瀑の”清竜の滝” 小さな滝であるが滝水が綾に広がり滝姿は美しい。
滝に着くまでは珍しく天気が良かったが、滝見を始めるとお陽さんが陰ってしまった。毎度の残念なパターンである。
滝壷は無い程に小さく、今日は暗めに写ってしまった。