兵庫県丹波市青垣町

2016年02月02


日本の滝百選に戻

Road Map :R427を青垣町市原から稲土川沿いの林道に入る。
Route Map:浄丸神社内の橋の下に浄丸の滝がある。
日本の滝百選』  神社の境内にある小さな滝だったのでがっかりであったが、境内の雰囲気は良かった。
浄丸の滝
浄丸の滝を見終えて今日は4勝1敗の感じとなった。長靴を履いて滝壺の左岸から見ておけばもう少し評価が良くなっていたかも知れないが、今回はそこまで頑張る気が起きなかった。
まだまだ滝見を続けたかったが、16時を廻ってしまったので今日はこれで終了とする。
浄丸の滝 (落差9m)
直ぐに浄丸神社を見付けることが出来、境内を散策してみたが、滝らしい物は見付からず、ここでは無いと林道を更に遡り滝を探してみたが、滝は見付からず、もう一度、浄丸神社に引き返す。
じょうまるのたき
散策時間:約15分
今日の兵庫の滝巡り
飛龍の滝 黒土の滝 そうめん滝 河原田不動滝 浄丸の滝
R427から稲土川沿いの道を西進する。浄丸神社を過ぎてそのまま進んで行くと粟鹿山に行くことが出来る。
林道に入る手前で鹿避けゲートが出て来る。このゲートは開け易く閉め易かったが、邪魔臭いのには変わりない。
直ぐに”浄丸神社”着くが、ここには大きな滝が無く、更に林道を走って大きな滝を探しに行くが無かった。引き返して来て境内の小さな滝を見物する。
境内は風情ある景観だった。
この赤い橋の下が”浄丸の滝”となっていた。神社まで行ってみるが、神社は崩壊寸前のボロボロだった。
滝壺側からは左岸に渡らないと正面からの写真が撮れない。長靴は持って来ているが、車に置いて来てしまった。滝水の透明度が高いのが魅力的だった。
橋の上から見た落差9mの”浄丸の滝” こんな貧弱な滝だったら来るんじゃなかった。
滝にはがっかりであるが、滝壺には少し感激。
滝壺から更に下流に続く沢。ここを渡渉すれば良いのであるが、如何にも滑りそうな岩だったので左岸に渡るのは割愛した。
上流側から”浄丸神社”を見てみるとぼろぼろ状態が良く判る。
境内にあった手水は苔生しており風情があった。
何様でしょうか? 不動明王様でしょうか?
勘違いから滝を探しに林道を走っている時に見られた雪景色。
樹木に雪が付着したものであり、霧氷ではなかった。
右岸からはこの程度しか見えなかったが、長靴を取りに戻る程の滝ではないので、この程度の写真で終わらせる。