兵庫県日高町

2012年07月24


日本の滝百選に戻る

Road Map :播但道を和田山ICで下りてR312を走りR482から県道259号線に入り道標に従う。
Route Map:金谷集落からの林道終点の駐車地から右周りに周回する。
ウィキペディアから
兵兵庫県豊岡市日高町の金山峠(標高760m)を源とする阿瀬川の最上流部一帯の渓谷の名称。
阿瀬四十八滝ともいわれる数多くの滝と広葉樹の森林が3kmmにわたる景勝渓谷を演出する。

氷ノ山後山那岐山国定公園の区域に指定され、また「ひょうご森林浴場50選」、
「ひょうご風景100選」にも選ばれている。
コースタイム:3時間08分(右回りに周回)
登り:1時間30分
(洗心台まで)
下り:1時間38分
(洗心台から)
納涼にはならず
阿瀬渓谷の登り口は標高240mしかなく、幾ら渓谷と言えど標高が低過ぎ、更に今日は夏日の35℃まで気温が上がり納涼どころではなかった。しかもそれに山歩きが加わり、たっぷりと汗を掻いた汗渓谷だった。
沢水の汚さにがっかり

渓谷は沢水がコバルトブルー色で綺麗と思い込んでいたが、阿瀬渓谷の水の汚さが今日だけなのか、それともこれが兵庫の渓谷の実力なのか、本当にがっかりだった。
阿瀬四十八滝
阿瀬渓谷の滝は何でもかんでも名前を付けた感じで、見応えのあった滝は源太夫滝、不動滝、龍王滝の三つだけだった。
夏の低山は暑いだけ!』ならば渓谷歩きは涼しいのではと思い出かけるが、渓谷の標高が余りにも低過ぎ、真夏日と重なり納涼とは程遠かった。
阿瀬渓谷
林道を進んで行くと”通行止”の看板が現れるが、これは通り抜け可能とネットで見たことがある。ここから先は離合出来ない狭い道が続き、対向車が来ないことを祈りながら進む。
更に林道を進むとくさりでゲートされており、横には30台以上は駐車可能な広い駐車場があった。奥には簡易トイレも見られる。何故か5台の軽トラが停めてあったが人影は見られない。
左下の沢に滝があるらしいのだが、樹木で覆われて滝の姿は見えなかった。もしかして見えていたのかも知れないが、小さい滝で見逃している可能もある。
10時16分に駐車場を出発し、ゲートされた林道に入ると、直ぐに遊歩道入口となった。
簡易橋を対岸に渡る。水が綺麗で無い!
深い渕であるが、水が汚い!
小さい滝であるが、水が汚い!
広い河原に出ると左右に二つの滝が見えた。
枝沢から流れ落ちる”源太夫滝”(落差30m)はレースのカーテンの様で綺麗のだが、水が汚い!
二つの流れが出合っていない”出合滝”(落差9m)は水が汚く興ざめ。
綺麗な落ち込みであるが、全て水の透明度の悪さで損をしている。
滝と言うほどではない”鉄砲滝”。兎に角、水が汚い!
道から随分下の方にある滝なので、覗き込むのが危ない。
良く整備された遊歩道であるが、靴はしっかりしたものを履いた方が良さそうな道だ。
枝沢の道に入り、緩やかに登って行くと”蔵王大権現”と書かれた小さなお宮に着く。
写真を撮りながらのゆっくり歩きで、25分で分岐点となる”思案橋”に着く。思案橋を渡って右周りで周回することにする。
沢は下の方であり、雑木も茂り、この滝がどこにあるのか判らなかった。表示さえなければ気にすることなく通り過ぎているのに・・・
しばしは沢の上の方の道を進む。納涼どころか谷間なので風がまったく無くクソ暑い
この滝も樹木が茂り、殆ど見えない。
上から見る限り、名前程の滑滝ではなかった。
滝口から見た”楓の滝”どこにでもある小さな滝だった。
滝壺側から見た”楓の滝
沢の上方を進んで行く。
広い河原歩きとなり渓谷感は無くなる。
石切道が続くと”磨崖仏”の表示があり、崖の上からくさりがぶら下っていた。このくさりを頼りに30m程登ると岩に掘られた石仏が在るらしいが、見たいとも思わないので割愛した。
沢音を聞く限り、見に行く気が無くなり、この滝は見ていない。
取水口設備の裏手に登山口となる”若林口”があった。腐った丸太橋を気を付けながら渡る。
56分にて”関電取水口”の設備に着く。
一登りして尾根筋に出ると、天然クーラーの風が吹き抜けてきた。
伐採地があり、初めて展望を得る。知っている山は無さそうだ。
しばらくは枝沢沿いの道であるが、若林口からは完全に登山道に変わる。納涼渓谷歩きのつもりだったが、山歩きに変わってしまった。暑いなかきつい登りが続く。
プラ階段で整備された先に空が見えたのでピークに出られそうだ。
今日は山歩きはしたくないのに・・・と思いながら急登をこなしていく。
立派な標識があるが、他に何もない。心が洗われる程の展望でも無い。
1時間30分で”洗心台”(650m)に着く。洗心台とは何か判らなかったのであるが、山頂ピークだったとは。多分、無名ピークに勝手に名前を付けたのだろう。
”洗心台”から西方向の展望。蘇武岳は更に右側であり、樹木で見えていない様だ。
”洗心台”から東方向の展望。日高町の町並みが見えているのみ。
展望は無いがみどりが濃い雑木林で雰囲気は良い。
”洗心台”は尾根筋を緩やかに登り下りを繰り返しながら進む。
”松風園”には何があるのか楽しみにしていたのだが、手作りのブランコが二つぶら下っているだけで何もない。何を指して”松風園”なのかさっぱり判らない。
下山13分にてあっ気なく”松風園”に着く。
分岐に着き、「急勾配につき注意!」の”白寿階段”を選ぶ。
白寿階段とは百段の階段があると言うことなのか。
”松風園”を過ぎると道は激しく下る様になる。
”白寿階段”を下り終えて見上げる。整備されている普通の急階段だった。
”白寿階段”を上から見る。真っ直ぐな道だ。
ヌタヌタ道を通り抜けて阿瀬渓谷に出る。ここから金山峠を経由して蘇武岳に行ける様であるが、6.5kmとやたら遠い。
この直ぐ下に関電取水口設備があり、駐車場の軽トラ関係者と思われる作業者が登山道整備をしていた。
関電取水口設備の直ぐ下にある”不動滝”(落差15m)に行ってみるが、上で登山道整備をしているので泥水が流れ込んでいる。水の汚さと相まって水量が少ないのが残念。
”龍王滝”への分岐があったので、当然、行ってみる。
”不動滝”から下って行くと沢の下の方に凄い岩峰が見えた。出来ればあの沢まで下りてみたいと思って更に道を下って行くと・・・
道は沢で終わり、後は岩ゴロゴロの沢を進んで行く。沢に下りた時点では”龍王滝”は見えていない。
龍王滝”(落差30m)は圧倒される岩盤であったが、水量が寂しい過ぎた。それに加えて泥水の色にがっかり。でも、岩盤の迫力は凄い。
”よろい滝”の滝壺を滝口から見る。上流の泥水は伏流水となり、随分と浄化されているが汚い水には変わりない。
滝口の岩がよろいの様にゴツゴツしているだけの滝。
相変わらず水が汚い!
角材を抱えた道整備の作業員が登って来た。聞くと7kgの角材だと言う。結構なジジーなのに良く頑張るよ。
ガラン橋”を渡る。
段々、しょうもない滝に名前を付けるなよ!の思いになってきた。ここまで無視した小さな滝も多い。
下流側から”百畳がふち”を見る。水が汚い分、大した景観ではない。
百畳がふち”に出る。
滝とは言い難い”座禅の滝”を通過、この後、思案橋に戻り、再度”源太夫滝”を眺めて駐車場に戻る。
倒れ岩”の横を通る。ガイド板には謂れが書いてあるが読まずに通過。
下山1時間38分にて車に戻る。林道ゲートには鍵が掛けられておらず、ポールを抜くと進入することが出来るが、Uターンする場所が無い様だ。
あせけいこく
阿瀬四十八滝
日本の滝百選』  真夏の納涼渓谷歩き。