兵庫県神戸市

2014年05月24


日本の滝百選に戻る

Road Map :今回はJRで行くことにする。JR三宮駅から地下鉄に乗り換え、新神戸駅へ。
Route Map:新神戸駅からの遊歩道を布引ハーブ園まで散策する。
日本の滝百選』  散策のメインは布引ハーブ園だった。
ウィキペディアから
六甲山の麓を流れる生田川の中流(布引渓流)に位置し、上流から順に、雄滝(おんたき)、夫婦滝(めおとだき)、鼓滝(つつみだき)、雌滝(めんたき)からなる。栃木県日光市の華厳滝、和歌山県那智勝浦町の那智滝とともに
三大神滝とされ、日本の滝百選に選ばれている。

   雄滝 - 高さ 43m、滝壺は面積430m²、深さ6.6m、滝の横には5箇所の甌穴
          (最大のもので10畳大)があり、竜宮城に続いているという伝説がある。

 夫婦滝 - 高さ 9m
   鼓滝 - 高さ 8m
   雌滝 - 高さ 19m
布引ハーブ園が無料だったのに大歓迎
広大な敷地に各種の花が咲き誇るハーブ園がまさかの無料だったとは知らなかった。
ここなら季節を変えてお花散策に来て見たい。布引の滝はもう御馳走さんである。
子供の頃、六甲山系は遊び場であったが、何故か布引の滝には行ったことがない。都会の中心地の滝なので行きたいとも思ったことがないが、日本の滝百選に入っていると知り、急遽、行くことにした。布引の滝だけでは詰らないので”布引ハーブ園”を散策して帰ることにする。
〔061〕布引の滝 (落差43m)
布引ハーブ園
散策者は多いが、みんなカジュアルな格好。ハイカーらしい人は殆んど居ない。
新幹線の新神戸駅北側から布引の滝遊歩道が始まる。
ロープウエイ(片道\900)で布引ハーブ園まで行き、下り方向で滝見物をするのがお手軽だが、
今回は歩いて往復することにした。
遊歩道を歩き始めて直ぐに現れたのが”雌滝”(めんたき)落差:19m。初めてなので水量が多いのか少ないのか判らないが、充分な水量に思える。
石で整備された階段道を登って行く。
生田川の”布引渓流”は迫力ある姿をしているが、樹木が茂りほとんど見えない。
迫力ある”布引渓流”ではあるが、ここも展望所がなく、樹間から覗いて、この程度しか見えない。
上が三段滝になっている”雄滝”(おんたき)落差43m。上部の二段滝
はここからは見えていない。下側の二筋の滝は”夫婦滝”(めおとたき)
滝が二筋あると大体、夫婦滝の名が付けられている。
月並みな”夫婦滝”。六甲山ではしかたがないと思うが、水が汚いとまでは言わないが、綺麗くない。
”雄滝”はもう少し水量が欲しい所。しかし、この滝と那智の滝、華厳の滝と並べて”三大神滝”にするなんぞ、レベルが違い過ぎますぞ。
”雄滝”から少し歩けば”みはらし展望台”に出る。神戸三宮界隈が一望出来る展望であり、多くの散策者が休憩していた。
この景色は夜景で見てみたい。
猿のかずら橋”はインチキ丸出しだ。
普通の鉄筋橋にかずらを吊橋風に付けているだけ。子供騙しも度が過ぎる。
渓谷感は充分あるが沢水が汚い。イヤ、綺麗くない。
”布引ハーブ園”を目指して遊歩道を進んで行く。
布引ダムに寄りたいので随分、遠回りをしている。
堰堤上にきれいな橋が掛けてあり、観光スポットとなっている。
神戸の水がめ”布引貯水池”に着く。
ロープウエイが離合する時を撮るが、しょっちゅう離合している。堰堤左手の大きなクスノキの下が休息ポイントとなっていた。
ハーブ園は自分で門を開けて中に入る。絶対に有料と思っていたが、無料だった、太っ腹だぜ神戸市。
道路に出て”ハーブ園”に向う。10分程の距離。
サワギキョウに似ているが花名は判らず。
”マトリカリア”はカモミールの一種?
”美女ナデシコ” 家でも咲いています。
フウロウソウ?
”ヤグルマソウ”の一種と思う。
”ルピナス” 家でも咲いてます。
”ストレプトカーパス”(イワタバコ科)
何じゃ!これ。こんな花見たことない。
前方に見えるグラスハウス(温室)に移動する。
温室内の”ブーゲンビリア”(赤い花)
ゼラニュームに見えるが花名は???
綺麗な花だが花名は???
”キンセンカ”の1種、家でも咲いてます。
???
ぬびきのたき