大阪府河内長野市滝畑

2017年05月27日


日本の滝百選に戻る

Road Map :阪和道を岸和田和泉ICで下りて、R170から府道61号線を滝畑ダムへ向かう。
Route Map:滝畑四十八滝は光滝寺キャンプ場を中心に巡り、権現滝は別途、違う林道から滝見する。
日本の滝百選』  
ウィキペディアから
 滝畑四十八滝は、大阪府河内長野市滝畑にある渓谷、滝。 大和川の支流である石川にあり、その上流の渓谷にある一連の滝の総称である。
岩湧山、和泉山脈の南葛城山など標高900m前後の山を源としている河川の渓谷は、急峻な岩肌を流れ落ちる滝が多く点在する。 これらが、滝畑地区に多く見られるため滝畑四十八滝と呼ばれている。
また、観光地開発などが行われなかったため、周辺環境の保存状態が良く、秘境として知られている。奥河内の観光地の一つ。 下流には滝畑ダムがあり、合わせて大阪みどりの百選に選定されている。
また、その周辺ではバーベキュー場などがある。
滝畑四十八滝
  大阪の滝と聞いただけでしょうも無い滝と決め付けていたが、場所的に見れば和歌山県と近く、名瀑があってもおかしくないのだった。
  各地を含め四十八滝に48の滝が無いことは当然の事実ではあるが、滝畑にはシンプルな直瀑は無く、複雑に落ちる滝が多かったのは儲けもんだった。
権現滝
  序での滝であったが、滝への道もしっかり付いており、ボーナスポイントにはなった。
滝畑四十八滝
滝畑四十八滝には予てから行きたいと思っていたが、高速道路代と駐車料金千円が高く付くので躊躇していたが、山友からの誘いがあり、急遽、行ってみることになった。どうせ詰まらない滝と予想していたが、意外と中規模の滝が多く、変化のある滝が多かったので楽しむことが出来た。
たきはたしじゅうはちたき
滝畑四十八滝:3時間10分。荒滝、光滝は2回見に行っている。
権現滝:約15分。
光滝寺キャンプ場:BBQサイトを含め、様々なアウトドア施設が整っていた。
河原に広い駐車場があるが、BBQのお客が来るのでトイレに一番近い管理小屋の前に車を停めて、8時24分に散策を始める。
晴れているが気温は20℃、長袖シャツを着ていないと寒い。
光滝寺キャンプ場の管理小屋に駐車料金千円を支払い、滝への道順を聞いてみるが、おばちゃんは ”光滝”のことしか詳しくは知らなかった。
光滝への道順を教えてくれて、通行止めがあるが、突破して貰っても良いとアドバイスをしてくれた。 どうせ、突破しますけどね。
光滝(落差13m):この滝はバーベキューサイトから遊歩道に入る。
広い河原のBBQサイトの奥から滝見遊歩道に入って行く。
ここのBBQサイトは横に車を停めることが出来て楽チンそうだ。
遊歩道入口には管理小屋のおばちゃんが行っていたようにしっかりと通行止めがされていた。トラロープを潜って中に入る。
遊歩道脇には小さな ”無名滝”と、もう1本、
同様の滝が流れ落ちていた。
今の所何の問題も無い遊歩道を上流側へ進んで行く。
又もや通行止めの看板が出て来た。 ここまでは問題の無い遊歩道だったし、この先も問題の
無い様に見えた。 遊歩道が崩れていれば河原を歩いて行く予定で先に進む。
遊歩道は最終の階段が欠落しているだけで特に問題では無かった。
広い河原に下り立つと ”光滝”が望めたが、ここからだと小さく見えてしまう。
落差13mの直瀑である ”光滝” シンプルな直瀑では無く、二筋が合わさった直瀑なので好感が持てた。
”光滝”はお陽さんが当たると光輝くらしいので、昼からもう一度訪れることにして次の滝巡りに行く。
大滝(落差12m):行く気ではいたが、余りにも遠いので途中で諦めた。
光滝寺近くの古びた吊橋を右岸に渡り、
千石谷を遡上して行く。
吊橋の中央から上流側を見る。
同じく吊橋から下流側を見る。
千石谷には ”大滝”への遊歩道?と思われる明確な道が続いているが、地図を再確認すると余りにも ”大滝”までが遠いので、ある程度歩い
た時点で諦めて引き返すことにした。
稚児滝(落差15m):水が殆ど流れておらず、稚児滝だったのかも判らない。
二人で目を凝らして教えて貰った場所を探すが、壁が湿っている
場所しかなかった。 これが ”稚児滝”なのか?  がっかりである。
立派な道標があったが、滝が見付からない。 丁度、光滝寺の関係者が居たので、滝の場所を聞くと教えてくれたが、その場所に行っても
滝が見当たらない。
荒滝(落差8m):滝名通りに段瀑を荒れて落ちる滝水は魅力的であった。
”稚児滝”にがっかりして光滝寺キャンプ場に引き返し、
林道を反対側に進み、次の滝 ”荒滝”へ向かう。
総合アウトドア施設の感じがする看板であり、これ以外にもBBQをするのも有料だと思う。因みに環境設備協力費200円は請求されなかった。ハイカーは支払う必要が無かったのか?
荒滝キャンプ場に着く。 荒滝キャンプ場は繁雑時にしか営業してい
ない様である。 進むべき林道には通行止めゲートがされており、
ここまでは車で来ることが出来るが、この辺りも有料駐車場の看板が
立っていた。
車で走ることが出来る舗装された林道を緩やかに上って行く。
右岸に渡り、枝沢を遡上すると直ぐに滝が見えて来た。
林道沿いにしっかりした道標が立っており、沢に下る道もあったが、
その先は右岸に渡る渡渉だった。 今日の水量では靴底を濡らす程度の
渡渉であったが、浮石に載ってしまい初っ端でドボンしてしまった。
落差8mの段瀑である ”荒滝”は滝名通りに荒れた感じがお気に入りとなった。
どこから写真を撮ってもぶら下がる枝がアングルに入ってしまう。
この時点で陽当たりが悪いので、光滝同様に帰路にもう一度寄ってみることにした。
のり滝(落差7m):滝壺には流木が溜まり、良い感じの滝ではなかった。
大きな沢音が聞こえたのでの林道から覗き込んでみると、小さな滝が
落ちていた。 滝名の表示板が無く、これが ”のり滝”なのかは不明
であるが、場所的には ”のり滝”に間違いないと思う。
滝口まで下る道があったので下りてみる。
落差7mの渓流瀑である ”のり滝”は綺麗な滝ではなかった。
”のり滝”の上流に無名の渓流瀑があったが、
周囲は崖で滝まで下りることが出来なかった。
この渓流瀑は中々良い滝なのに沢としか見られていないのかも知れない。
御光滝(落差10m):この滝は滝壺周辺の渓谷を含めて良い感じの滝だった。
渓谷感たっぷりの奥に滝が見えて来た。
置いてあるだけの板橋を渡って右岸に渡る。
林道沿いにしっかりした道標が立っており助かった。
滝への遊歩道もしっかりと付いていた。
ここまで歩いて来た苦労が報われる渓谷美だ。 ダブルXで流れ落ちる滝水も魅力的だ。
落差10mの段瀑である ”御光滝”は滝も素晴らしいが、全体の雰囲気が最高だった。
落差に付いては諸説あり、本当の落差は不明である。
”御光滝”は林道からも見ることが出来たが、広い範囲で樹木が
邪魔をする。 冬枯れの季節ならもっと綺麗に見えると思われる。
場所を選べばこれ位は見ることが出来た。
上流側にも綺麗な小さな渕があった。
”御光滝”は滝口に行く事も出来た。
写真では高度感が伝わらないが、足元が苔生して滑り易いので、かなりビビッている。
夫婦滝(落差5m):キャンプ場から30分の一番遠い滝なのに上手く見えなくてがっかりだった。
落差5mの段瀑である ”夫婦滝”は平凡な滝名の平凡な滝姿である
が、林道からは樹木で見え難いのと、周囲は垂直の崖で沢に下りる
手段がなかった。 樹木で邪魔された遠景の写真で我慢する。
ビューポイントを探すが、林道からだとこの程度が限度だった。
ここも冬枯れの季節ならもう少ししっかりと見れたと思う。
光滝(落差13m):帰路、再び荒滝に寄ってみるが、陽当たり具合は変わらなかったので光滝に再度行く。
”光滝”へ向かう途中の渓谷も中々良い感じである。
林道をキャンプ場に戻り昼飯休憩とする。
昼からは陽当たりが良くなっているのではと再び”光滝”に向かう。
お陽さん待ちをしても良い方向に行くのか悪い方向に行くのか
判らないので、早々に引き上げる。
朝よりかは陽当たりが良くなり明るい感じとなっていたが、完璧とは
行かなかった。 天気の下で見れただけで満足するしかないか。
通行止めの遊歩道は問題無く通れますのでご心配なく。
権現滝(落差10m):滝畑四十八滝とは違う場所にある滝。見付け難い場所に滝はあった。
滝への降り口にある表示はこれだけ。 今回は注意して走ったので
見付けることが出来たが、普通は見逃してしまうだろう。
車の窓を開けて林道をゆっくり走っていると沢音が大きくなり、
ガードレールに張り付けられた小さな表示を見付けることが出来た。
駐車場がなかったので、少し進んだ所の広くなった路肩に車を停める。
沢に向かって落ちる様に下って行く。
心配した道はしっかりと付いており、補助ロープも張ってあった。
落差10mの直瀑である ”権現滝”は途中で1回跳ねているので少し変化はあった。
沢に降り立つと少し変化のある直瀑が見えた。 渡渉をしながら滝壺へ向かう。
滝口は奇異な形状をしている様に見えるが、これ以上はよく見えない。
半分だけひょんぐりが見られ、下の方は2条の滝に見える。
(ひょんぐり=跳ね返り滝)
崖に登ってみると、滝だけに陽が当たっていないのがよく判った。
滝見を終えて崖の道を林道に戻る。ああ、しんど!
権現滝(落差10m)
Road Map :府道61号線の滝畑ダム手前から岩湧寺に向かう林道に入る。
Route Map:ガードレールに小さく降り口の表示あり。ロープで崖を下りる。
  滝畑四十八滝で充分満足出来たのであるが、時間がたっぷりと余ってしまったので、良い滝だとの情報がある近く ”権現滝”に行ってみることにした。
  得てる情報は林道からロープで下りる。 との恐ろしい内容だったが、果たしてロープは残っているのだろうか? それだけが心配だった。
途中には滝への道標がまったく無く、地元の方に道を聞きながら滝を見付ける。
散策時間:約15分
岩湧寺への道標も無いので、地元で道を聞いた方が良い。
光滝(こうたき)
荒滝(あらたき)
御光滝(ごこうたき)
大滝(おおたき)
夫婦滝(ふうふだき)
布引滝(ぬのびきたき)
権現滝(ごんげんたき)
稚児滝(ちごたき)
シュロ滝(しゅろたき)
カラ滝(からたき)
尼滝(あまだき)