岐阜県高山市

2015年09月05


日本の滝百選に戻る

Road Map :R158にて平湯温泉に入り、道標に従い平湯大滝の駐車場に向う。
Route Map:駐車場から遊歩道を歩いて15分程の距離にある。
日本の滝百選』  駐車場が有料なのが気に食わない。
ウィキペディアから
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯にある滝。落差64m、幅約6m。「日本の滝百選」、「岐阜県の名水50選」に選ばれている名瀑である。紅葉の名所であり、奥飛騨温泉郷の紅葉は、飛騨・美濃紅葉三十三選にも選ばれている。また、冬季の厳冬期には氷結して氷瀑となり、毎年2月には氷瀑がライトアップされ、「平湯大滝結氷まつり」が開催される。
飛騨三名瀑
平湯大滝は乗鞍三滝と同様に飛騨三名瀑の一つらしく、他に白水の滝、根尾の滝の名瀑があるらしい。それを知っていれば滝巡りをしていたのであるが、知ったのは帰宅してからなので後の祭りであった。
平湯大滝の氷瀑を見てみたい
毎年、2月15日から氷瀑がライトアップされる結氷まつりがあるらしいので是非見に行きたいと思う。
〔045〕平湯大滝 (落差64m)
長野県側の”三本滝”を見物後は安房峠を越えて岐阜県側の”平湯大滝”を見物する。
ひらゆおおたき
平湯大滝公園の広い駐車場(\500)に車を停める。
R158沿いのお土産屋さんにこの大きな案内看板が立っている。
ここから有料駐車場までの距離が判らなかったので有料駐車場に車を停めることにしたが、お土産屋の駐車場からは5分程歩くだけだったので、有料駐車場に入ってから後悔する。
無料の足湯があったが、無料は当然だろうと思ってしまう。
駐車場から平湯大滝まではゆっくり歩いて15分の距離。
シャトルバスが出ているがたった3分程で片道100円。
何もかもが観光化されていて嫌な雰囲気。
この建屋にはお蕎麦屋さん、カフェ、青空市場が入っている様だ。
足湯に手を入れてみたが、かなりのぬるめで長時間足を浸けて置く必要がありそうだ。
一般車は通行止となっている舗装路を歩く。この道をシャトルバスが往復して銭を稼いでいる。
遊歩道を歩くが別に何がある訳でもない。
これが銭を稼いでいるマイクロバス。バスはここまでを往復するだけ。ここからは遊歩道を5分程歩いて行く。
例によってウソ話しが書かれていた。
シンプルな直瀑であるが水量が多いので迫力がある。
遊歩道から前方に”平湯大滝”が見えて来た。滝からの沢水が豊富だ。
滝見の場所としてはここが終点であり、滝壺までの道はなかった。
観光客が居なければ薮扱ぎして滝壺まで行く所であるが、今日は諦める。
平湯大滝”(落差64m)の水柱。滝壺を見てみたいが水煙で写真は撮れないだろう。
09/05 09/05 09/05 09/05 09/05
鉢盛山 善五郎の滝 三本滝 平湯大滝 銚子の滝
今日の遠征