山梨県早川町

2015年06月14


日本の滝百選に戻る

Road Map:R52を上沢まで北上し、県道37号線を早川町役場まで走り、手前で白糸滝に向う。
日本の滝百選』  二つの滝を巡ったが両方共、大した滝ではなかった。
白糸の滝、雄滝
滝としてわざわざ見に行く滝では無く、何かの序でに見に行く程度の滝だった。”女人成仏とお萬の方”の話しを読めば興味が湧くかも知れない。
羽衣白糸の(落差35m)
七面山登頂後にそのままの白糸の滝、雄滝見物に向う。
はごろもしらいとのたき
雄滝(落差30m)
散策時間:約1時間
”白糸の滝”は七面山表参道入口から直ぐの所に、”雄滝”は河原沿いの道を5分程歩けば見ることが出来る。
”白糸の滝”は表参道の入口から見える距離にあるが、ここからだと滝があるのが確認出来る程度である。滝音は良く聞こえている。
橋の中央付近から見た”白糸の滝”は殆んどが樹木で隠れてしまっているが、長く伸びているのは確認出来た。
滝見台から見た”白糸の滝”(落差35m)は水量が少なく、どこにでもある滝にしか見えなかった。落差に対しては諸説色々あり正しい高さが判っていないのでは。
”雄滝”の存在は”白糸の滝”の滝見台にあった案内板で知った。
河原沿いの砂利道を弁天堂目指して歩いて行くが3分では着かなかった。
下側の小さな滝から”雄滝”を見るが写真に成らなかった。
弁天堂への階段を上り滝壺に行って見る。ここで滝行が行なわれるらしいが、この水量ではおいらにも耐えられそうである。肩こりには効き目がありそうだ。
常に飛沫の当る所に”イワタバコ”が咲いていたが、この花姿の”イワタバコ”は始めて見た。写真が巧く撮れなかった。
滝壺から見た”雄滝”(落差30m)も水量が少なく、こちらの方が白糸に相応しい様に思えた。
06/13 06/13 06/14 06/14
山伏 安部の大滝 七面山 白糸の滝
今回の遠征