神奈川県足柄上郡山北町

2017年03月17


日本の滝百選に戻る

Road Map :R246を山北で県道726を南下すると道標が出て来る。
Route Map:遊歩道入口から通行止めまでを往復する。
日本の滝百選』 遊歩道の橋が無くなっており滝壺まで行けなかったのが残念だった。
ウィキペディアから
洒水の滝は三段で、一の滝は69m、二の滝は16m、三の滝は29mの落差。新編相模国風土記稿では、「蛇水の滝」と記されており、古来より相模国の最大の滝であった。また、鎌倉時代初期の真言宗の僧文覚が百日間も滝に打たれる荒行を積んだ地としても知られ、付近には文覚が安置したといわれる洒水の滝不動尊を安置する「常実坊(穴不動)」がある。神奈川県道726号矢倉沢山北線から滝近くまで、滝沢川沿いに遊歩道が設けられており、横に全景が見られる新観瀑台がある。現在、赤い橋から先は立ち入り禁止のため、滝壷へは行けない。
洒水の滝
日本の滝百選なので期待はしたが、直瀑としか見えない3段瀑だったので、まったく感動することは無く、百名瀑スタンプを一つ押しただけで終わってしまった。
早戸大滝
神奈川県にもう一つ日本の滝百選があり、当然行くべきなのだが ”早戸大滝”は標高千mの位置にあり、しかも滝までの道は険しいらしいので、まだ残雪がたっぷりだろうのこの時期は割愛しておく。行ったとしても多分リタイヤするだろう。
友人宅にお邪魔する
丹沢の麓に友人が住んでいるので会いに行く。丹沢山系には3回登っており、こんな所に住んでいるのを知っていれば、もうとっくに遊びに行っていたのだが・・・
昔話しで盛り上がるが、殆ど奥さんと喋っていた。
〔031〕洒水の滝 (落差69m)
日本の滝百選に入っているので駐車場は有料と思ったが無料だったの感激。がめつい関西なら完全に有料になっていると思う。
遊歩道で滝下まで行けるはずが、途中の橋が無くなっており沢に下りても行けないので、残念ながら遠望するだけで終わった。
しゃすいのたき
散策時間:約15分
車で最勝寺付近まで行く事が出来る。
7時08分に歩き始める。”洒水の滝”は大々的に観光化されていた。
車で走れる道路がまだ続いているが、この先の状態が判らないので素直に無料駐車場に車を停める。
観瀑台への案内があったので上ってみるが・・・
車で来れば良かったと思うが、歩いても知れている。
名水が湧いていたが、飲むことなく通り過ぎるだけ。
観瀑台からはヒノキ林の隙間から遠く”洒水の滝”が見えるだけだった。
落石くらいなら自己責任で! と橋を渡るが、更に通行出来ない状態になっていた。
核心部に来たが、遊歩道の橋で通行止めとなっていた。
仮設の橋でもあれば良いのだが、悔しいがこの先へ行けない。
在るはずの橋が完全に無くなっている。長靴を履いているので沢渡りくらいなら出来るが、対面を上ることが出来ないので、これ以上行くのは諦める。
落差69mの3段瀑である ”洒水の滝” ここから見る限りでは3段瀑に見えず直瀑に見える。
こんなのを見てもしょうがないのだが ”最勝寺”を見学する。
短時間で滝見が終わってしまったのでお寺でも見学する。
3月16日 白糸の滝、音止の滝 浄蓮の滝、上の滝 二階滝、榾場の滝、下流の滝
3月16日 河津七滝 五竜の滝 大 滝 神洞の滝 −− −−
3月17日 カンコラ渕 夕日の滝 洒水の滝 柿田川公園 白藤の滝 宇嶺の滝
'17年静岡県、神奈川県の滝巡り