自己紹介
兵庫県加古郡在住、山歩きを始めて17年、HPを始めて17年、67歳になってしまった。
未知の山だった千ヶ峰、氷ノ山も軽く登れる様になったが、山登りがしんどいのは今も変らない。
体力は無いが、山に登るからには高山帯に達する山、又は高山帯の様な大展望の得られる火山性の山に登りたい。
節約登山をモットーとする。
地元、兵庫県の山を登っている内は一山の費用は700円程で済んだが、百名山を目指すと一桁高いコストになってしまう。費用のほとんどは交通費なので複数人数で行けば効果的に安くなるのであるが、中々そうは行かない。一回の交通費で登る山数を増やす、山小屋には泊まらないとなるが、それが高じて日帰りピストンで頑張る様になってしまった。ETCの深夜割引を使うなど、出来るだけのコストダウンを計るが、その結果の費用計算は一切しない。金の計算をすると費用の高さに馬鹿らしくなってしまうからだ。
表紙に戻る
山登りなんてしんどいだけで何が楽しいのかよく判らない、と思いながらも続けている。
別段、技術が要る訳でもなく、お年寄りでも子供でも登れる山にどしてみんな躍起になるのか?

登山用品が高過ぎる
小金持ちの中高年相手、需要が少ないのは判るが、余りにも登山用品が高過ぎる。
なんで着たくもないカッパに2万円も出すのか気がしれない。
アイゼンなんてどう見積もっても2千円はしないのに、1万円以上はしている。
登山用品店で売っているゴム長靴はべら棒に高いが、私はホームセンターで買った1,980円の
長靴で百名山を歩いている、家の庭仕事にも使えるので重宝している。
780円の方位コンパスと同じ物が百均ショップで売っていた。思わず3ヶ買ってしまう。(^_^.)
カシミールの地図に出合ったのがHP作成のきっかけとなった。文書力、調査力の無い私にとって、地図上で行動を示すのが一番と思い立った。HP作りは独学。自分の記録用に始めたので内容の薄さは写真でカバーするタイプ。山歩きのHPを作成している人には簡単でよいから是非、地図の掲載をお願いしたい。参考にする価値がぐっと上がります。
カシミールとの出合とHP

百名山の大半は信州、北、中央、南アルプスに集中している。
西日本には百名山は少なく、簡単な山ばかりなのであっと言う間に終わってしまう。
関西からのアルプス詣では距離があり交通費が大変だ、長野、静岡周辺に住んでいれば、どんなに楽に、
短期間に百名山が終了してしまうのか、と思ってしまう。
関西より立地条件の悪い、九州、北海道からも百名山を目指してしている人は多いので贅沢は言えないか。
現住所と日本百名山

67歳。退職して2年経過。
70歳になれば山に登る体力はなくなるだろうから、70歳から日本全国の滝巡りをしようと計画していたが、
予想以上に早く体力が無くなり、昨年当たりから滝巡りをする様になってしまった。
山歩きと比べて滝巡りは楽チンであるが、楽チン過ぎて記憶には残り難い。
自分のHPはさて置いて、他人の山歩きのHPを見ていて一番気に食わないのが風景を隠す程、人物を大きく撮ったスナップ写真を掲載したもの。仲間内では評判が良いであろうが他人には目ざといだけ。人物は遠景にさりげなく入っているのが好ましい。山にロケに行って監督、兼主役を演じている様な全ての写真に自分撮りを入れているHPには嫌悪感しか覚えない。
山歩きのHP