十禅寺山(237m)

2006年01月04日


車を降りれば既に九合目、山頂までは周回コースになっている様だ、右周りに歩いてみる。
岡山100山に戻る

岡山県玉野市
登山口が見付からない
次は真面目に歩こうと登山口を探すが、登山口も駐車場も見付からない。標示が元々無いのか、見付けられないだけなのか判らないが、いつまでもウロウロしてられないので車で上がってしまう。常山と違い、道幅が広く安心して上がれるが、林道終点には駐車場が無かった。道端に車を停めて歩き始める。
周辺地図には様々な登山道が書かれているので探せば登山口はあるのだろう。クリックで拡大します。
ここも宗教色が強く史跡巡りがメインか。山全体を十禅寺山と呼び、最高峰には金剛峯の名が付いている。
雑感
王子ガ岳が別格に良かったので、常山、十禅寺山と比べるのは可愛そうであるが、せめて山頂からは充分な展望を得られる様に枝払い程度はしてもらいたいものだ。ここまで、ほとんど歩いていないので鷲羽山に行くことにするが、鷲羽山も車で上がってしまうので、ほとんど歩かないものと思う。
今回のコース図、ほとんど車で上がってしまう。クリックで拡大します。
右周りに歩くと
車止めがあり車は入れないが、舗装された幅広い道が穏やかに登っていく。かつて寺院が建っていた場所を峰として表しているが、周辺よりほんの少し高いくらいで、峰の感じはまったくない。
常山は、玉野市と岡山市の境に位置している。
クリックで拡大します。
林道終点
林道終点には登山地図が掲示してあったが、こんなところに掲示するのではなく、登山口に掲示して欲しかった。
林道終点は九合目らしく、山頂までは幾らの距離も無いと思うが、右周りに歩き出す。。
舗装された巾広い道が金剛峰まで続く。
道は雑木に覆われ展望が利かないが、所々に展望が開ける場所があり、田井湾、直島諸島の絶景が得られる。
西光峰にある東屋。
緩やかな登りを続けていると十禅寺山の最高峰である金剛山に着く。最高峰と言っても237mしかない。
山頂は寺院跡らしくフラットで展望は利かない。
山頂から日吉神社側への道に入って行くと脇道が多くなり、近道であろうと思われる竹藪に入ると、道は細く荒れ果てていた。途中に倒壊した建屋があったが、これが日吉神社か。
歩いたと言う実感もないままに十禅寺山を終える。
林道を車で下っている途中に見晴らしの良い場所があったので撮ったのが左の写真。
じゅうぜんじさん
岡山100山』   標高を一桁間違っている様なピークを巡る。