2010年10月24日



岡山県和気町
アランド8.5の内、4エリア巡り
三つのエリアを巡ったのち、後二つをガイドすると言ってくれたが、雨が降りそうなので一つに絞って貰う。もっこく山は立石を南に下った直ぐ近くの山だった。
Road Map :山陽道の和気ICを下りてR374を南に下り清水の集落に入る。
Route Map:空き地に車を停めて、栗林のゲートを抜けて尾根から登る。下りは鹿嶋壁の岩峰を楽しむ。
アルパインハイキング
今回は和気アルプスが松茸シーズンの入山禁止だったので、和気ア以外の和気周辺の山を案内して頂いたが、前回同様、4山連続はハードで疲れた。藤本さんらしいコース選定で面白くはあった。
ハイキングコースが好き
たまには今回の様な道なき道を歩くのも面白いが、自称”藪扱き大嫌い人間”なので、次回は藪扱きの少ないアルパインハイキングをお願いしたい。
〔083〕もっこく山 (370m)
明神山龍泉山立石 →もっこく山
今日、ガイド頂いたエリア
清水集落の細い道を走り、藤本さんが勝って知ったる空き地に車を停めて、山頂付近でお昼にするとの指示で全員ザックを背負って出発する。
栗林の中、沢沿いの道を進む。
明るい雑木林で下草もなく、この辺りは問題なかったが・・・
栗林の柵が針金でしっかりと留められており、外すのに時間を要した。今は栗の時期は終わっており入るのに問題はなし。
30m程の間だけだったが、背丈にも伸びたシダを掻き分け進む。
展望岩に着く。
手前の尾根に隠れているが”熊山”の山頂部だけが望めた。
烏帽子岩も見えているはずであるが同定出来なかった。
後方も前方も終始、展望は良いのだが、アカマツ、ネズノキの小木が茂り、チクチクと歩き難い。左の岩峰が”鹿嶋壁”と教えてもらう。
下山はあの壁を下るらしい。
この尾根の向こう側に今年4月に登った”観音寺山”が見えるはずだが・・・
”もっこく山”へは岩峰登りとなり、アルパインハイキングらしくなってくる。
標高を稼ぐと熊山周辺が良く見える様になってきた。しかし、烏帽子岩は特定出来なかった。ここからは山影で見えていないのかも知れない。
もっこく山への登り途中に隣の鹿嶋壁を見る。
難しい個所は無く、普通に登れた。
紅葉に見える樹木は残念ながらマツ枯れである。
ここまで登って来た尾根筋が良く判る。
藤本さんが案内するエリアらしくなってきた。
デジカメ4台の威力だ。一人ではこれ程多彩なアングルの写真は撮れない。やはり岩峰登りは多人数、多数カメラがビジアル的には面白い。
58分にて”もっこく山”(370m)に着くが通り過ぎて”鹿嶋壁”に向かう。鹿嶋壁でお昼とするが、天気予報通りに小雨となってきた。
鹿嶋壁は2年前に山火事があったらしく、樹木が燃えてすこぶる展望が良くなっていた。
これ又、藤本さんの選択肢らしい、ロープもステップもまったく無い一枚岩を下ると言う。
登りの尾根から見た大きな岩峰の鹿嶋壁を下って行く。
雨に濡れた斜面を滑り落ちてくれれば面白かったのだが、サルは余裕で下りてしまった。
滑り落ちてもズボンに穴が開くだけ! 」と藤本さんの激が飛ぶが、穴を開けるとカミさんに怒られるので、慎重に下る。
鹿嶋壁を下り切ると沢沿いの道となり、藪扱きを予想していたが、
下草は無くツバキが生い茂っていた。小雨、樹木で薄暗い中を下り、
途中で登り時の道と合流する。
岡山100山に戻る
岡山100山』   藤本さん提唱のアルパインハイキングとはロープの要らないクライミングのこと。
(9回目のその4)
散策時間:約2時間