〔083〕乙女岩ラストクライムルート

2010年04月04日



岡山県和気町
午後の部に入る
腹ごしらえをした後は和気アと天神山の間にある原大谷ノ峯山麓の岩峰へ案内して貰う。
Road Map :山陽道の和気ICで下りてR374を北上する。
Route Map:自転車専用道の入口近くに車を停めて、登り口を捜す。
原大谷ノ峯
写真を見て急登に気付く
登っている時にも急登なのは判っていたのだが、家で写真を見て、こんなに急登だったのかと驚いた。今、このルートをもう一度辿ってみたいと思っている。
今日、ガイド頂いたコース
乙女岩ルートに来るのが久し振りらしく、登り口の目印が見付からず、自転車専用道を何往復かする。やっと林の中のテープを見付け登り始める。
乗っけからこの急登であるが、グリップが良く、安心して登ることが出来た。
登り口からのアプローチは短く、直ぐに岩峰登りとなる。
勝手知ったるルートなのか、先行して登り、上からコース取りの指示を出してくれるので楽に登ることが出来た。
急登なので、瞬く間に高度を稼いでしまう。
3点支持を忠実に守る。
落ちたら死ぬぞー!”最早、ロープの無いRC状態になっている。
お勧めのエリヤの中でも難ランクらしく、本気で楽しめる岩峰が続く。
これから廻り込む隣の岩峰を眺める。
これは完全にRCの領域でしょう。
この岩峰で藤本さんから面白い指示が出た。”怖いと思う方向に進め。”下が切れ込んでいて下を見るのも怖い右寄りに登って行くと巧く登れた。それを無視して左側に行ったマスクマンは結局、岩峰登りから外れてしまった。
ここを登ったなんて信じ難いが、間違いなく登ったのだろう。
ちょっとは人に自慢出来そう。
和気ア側を見ると正面に”穂高山”が望めた。一番太い谷が先程登った
北面ガリー”だと教えてもらう。
南側にトラバースして、先程まで登っていた岩峰を振り返り見る。
この尾根の先に”乙女岩”があったのだが、単なる展望岩だった。何故か地元では一般的に”ちんこ岩”と呼ばれているらしい。
登り用に開拓したルートらしく、下りに使うと難度が高いが、困難な個所は無かった。
当然、この岩峰を降りて来たのではなく、右か廻り込んで降りてきた。
後半も激しい下りが続く。
道路に出たのはこの地点、登り口も降り口もガイド無しでは判りません。(探せば金色のテープがある)
登り口は#17電信柱の少し南側、降り口は#18電信柱の少し北側。
岡山100山』    藤本さん提唱のアルパインハイキングとはロープの要らないクライミングのこと。
岡山100山に戻る
藤本壁北面ガリー天神山 → 乙女岩 → 外国山