〔083〕穂高山、北面ガリー

2010年04月04日



岡山県和気町
場所を代えて二つ目のお勧めコースへ
鵜飼谷温泉の駐車場に戻り、藤本さんの車に乗り込み、鵜飼谷を少し奥に進む。ここで落石(石屑)が多いからと全員にヘルメットが貸し出される。こんな物まで用意してくれていたんだ。同じくザックは要らないと指示されたが、俺だけは持って行きたい物が多いのでザックを背負って行く。
Road Map :山陽道の和気ICで下りて鵜飼谷温泉を目指す。
Route Map:鵜飼谷温泉から林道を奥に進み、工事現場の終点に車を停める。
約46分にて”穂高山、北面ガリー”を終える。”ハイキングコースを歩く山登りは詰まらない。”と、独自の山登り感を持たれている藤本さんの言葉であるが、ハイキングしかしない我々にも、充分面白いコースであった。
林道終点に車を停めて小さな沢を登って行く。普段は涸れ沢らしいが、今日は数日前の雨水が僅かながら流れており、滑り易い。
夕立でもあれば鉄砲水が来そうな狭い沢であるが、今の季節にその心配はなさそうだ。
今回最大の難所に差し掛かる。岩は濡れてグリップが効かず、足掛かりも殆ど無い。藤本さんはするすると登ってしまい、この状況の為にロープを出してくれた。
ヘルメットと言い、ロープと言い、状況を良く知っている藤本さんの配慮に感謝です。沢登りとは思えない格好のおっさんが登ってきた。
”ガリー”とはもっと狭い縦壁だと思うので、ここは”涸沢登り”の感じになるのか。
いよいよ第二の難所に差し掛かる。ここの為にヘルメットを用意してく
れた様だ。岩肌が脆く、岩屑がボロボロと落ちてくる。まぁ、当っても
痛くないサイズなので助かるが、ホールドすると崩れてしまうのが問題。
解体作業所から来た様なおっさんが最後の難所に差し掛かる。何で岩登りにマスクをしてくるんだろう。我が専属モデル失格だ。ここは穂高山カールと呼べそうな感じであるが、カールと呼ぶにはスケールが小いさ過ぎるか。
ハイキングコースの稜線に出ると目の前に”竜王山”の”バットレス”の景観が広がる。
何度も見ている”バットレス”ではあるが、とても標高200mちょっとの山とは思えない。
”和気富士”からの縦走ハイキングコースを見る。
登り切った所の直ぐ横が”穂高山”の山頂となる。
久し振りに会った”うりぴー”は元気そうではあったが、少し歳を取った感じ否めない。山頂から秘密の下山路(?)に入る。
下山路は下山路では無かった。
これが藤本流らしく、薮の中をどんどん下っていく。
ここも下草が無く、大した藪扱きも無く、無事下山出来た。
ガリーとは
もろい岩が詰まった狭い谷。
急峻な岩溝でルンゼよりも小
さいもの。縦溝。
岡山100山』   藤本さん提唱のアルパインハイキングとはロープの要らないクライミングのこと。
(8回目のその2)
ほくめんガリー
ほだかやま
今日、ガイド頂いたコース
岡山100山に戻る
藤本壁 → 北面ガリー → 天神山乙女岩外国山