〔083〕神ノ上山 (370m)

2007年12月01日


岡山100山に戻る

岡山県和気町
久し振りに和気アルプスへ
近郊で好きな山は播磨アルプスと和気アルプスであるが、和気アルプスは松茸山の為、山歩きのベストシーズンである9月1日から11月30日までは入山禁止となってしまう。まだ歩いていないルートが残っているので、解禁日の初日に行ってみることにした。
和気アルプスに行かれる方へ
和気アルプスは地元の藤本さんがボランティアで保守、整備をされております。和気アルプスを歩く前にには一度、藤本さんのHPに目を通しておいて下さい。注意事項と共に見所、詳細マップが載っていますので役に立つと思います。
'16年現在、藤本さんのHPは閉鎖されています。
Road Map :姫路バイパスからR2を和気町に向けて走る。
Route Map:鵜飼谷温泉の駐車場に車を停め、神ノ上山から剣峰へ縦走する。今日行きたいのは衝立岩。
標高差:345m
鵜飼谷温泉 槍 峰 縦走路分岐 神ノ上山
9時40分 10時14分 10時21分 10時47分
登り:1時間07分
雑感
ややこしい天気ではあったが、目的の衝立岩は道間違いから下りも登りも楽しめ、賑やかなお嬢さんに御馳走になり和気アルプスの管理人、藤本さんにも会えたので変化のある山歩きが楽しめた。来週は先輩を誘って、藤本さんもお勧めの岩場コースである”裏銀座コース”を歩こうと思う。しかし、このルートの詳細をHPで公開するを禁止されているのでどうしよう。
過去の和気アルプス歩き
'05,02,20:鵜飼谷温泉を基点に和気アルプスの約50%のルートを歩き通す。
'05,02,26:鷲ノ巣岩への登りを楽しむ。チンネ・スラブへは道間違いから行けなかった。
'05,03,05:天神尾根、屏風岩、チンネ・スラブ、鎌尾根の岩峰帯を歩く。
神ノ上山 まよいピーク 剣 峰 前 剣 衝立岩周回 県道に出る 鵜飼谷温泉
11時01分 11時08分 11時15分 11時36分 11時50分 12時36 12時52分
(4回目)
下り:1時間51分(休息時間、衝立岩周回、一般道歩き含む)
鵜飼谷温泉の駐車場に車を停め、歩き始めるが通行止めの”温泉新道”に入ってしまい引き返す。初めて和気アルプスに来たときは通行止めを無視して通ってしまったが、反省しておりますのでお許しを。
今日は晴天と思っていたが、岡山県に入ると曇り空になってしまい、
歩き始めると小雨まで降ってきた。
舗装路をテニスコートがある所まで進むと、道路を挟んでテニスコートの反対側に”鵜飼谷北稜ルート”の登山口あった。表示は奥にあり見つけ難い。
登山道に入るとコシダが茂る薮っぽい道となり、がっかりではあるが、そう長くは続かない。
最初のピークが見え出すと展望はどんどん良くなってくる。
パッとしない天気ながら気持ちの良い展望が広がる。左に見えている建屋が鵜飼谷温泉。大きな吉井川もよく見えている。
30分程で”白岩山”に着く。直ぐ隣り尾根の岩峰を見る。
少し下って登り返すと”槍ヶ峰”に着く。本物の槍ヶ岳とは程遠い山容なので期待しない様に。写真は槍が峰から白岩山を見る。
ピーク毎の”うりぴー”が楽しい。
槍ヶ峰より今日の目的である衝立岩(ついたていわ)を見る。右の尾根筋が和気富士から続いている縦走尾根。
40分程で縦走尾根に出て、神ノ上山に向う。穏やかな歩き易い道が続き、展望は時折”宗堂池”が見えるくらいであるが、今日は曇り空なので宗堂池のエメラルドグリーンは冴えない発色であった。
1時間07分にて和気アルプス最高峰の”神ノ上山”(370m)に着く。
今日は3ヶ月振りのマツタケ山解禁日なので人出が多いだろうと思っていたのだが誰も居ない。休憩する理由もないので直ぐに衝立岩に向おうとしたが・・・
車で走っている時に由加神社前で見掛け、山頂手前で抜かした昔はお嬢さんだった仲良し四人組が登って来た。お茶にするから休憩していけと紅茶と手作りケーキを出され御馳走になる。この後は剣峰に行かれるらしいので、再会出来るだろうと先に出発する。
まったくフラットなピーク(?)にマーキングが沢山あり道に迷う人が多いらしい。展望無しの薮山である。
リーダ(?)はこの辺りの道をしっているらしく、崖っぷちを降りていったが、余りにも急峻なので諦めて引き返してきた。
神ノ上山から14分で”剣峰”に着く。まさか正面の崖っぷちが衝立岩への道とは思えず、北側への道をどんどん下って行くが、衝立岩への道が無さそうなので剣峰に引き返すと、丁度、昔のお嬢さんが着いたとこだった。
衝立岩途中のトラバース路はよくぞ道を作ってくれたの感じでスリル感はたっぷりで楽しめた。
崖っぷちを下り少し登り返すと”前剣”に着く。
ここは引き返して衝立岩のトラバース路に向う。
写真は前剣から見た衝立岩。
展望所からザイテングラードの尾根筋を見る。
トラバース路からマーキングを追っかけて進んでいくとどんどん登りになってしまい、下降困難と書かれた展望所に戻ってしまった。衝立岩をぐるーっと1周したことになる。
展望所から下山予定の谷筋と遠く吉井川を見る。
道間違いから剣峰に戻ると、お嬢さん達がお昼をしていた。
ここでもリンゴを御馳走になる。ドラエモンのポケットの様にザックから色んな物が出てくる。家の水道水しか持ってこない俺とはえらい違いで本来の山歩きはこののんびりゆったりが正解なのだろうなー
3年前に下った”ザイテングラード”を下るが殆んど何も覚えていない。 しかし、御大層な名前を付けたものだ。
県道に出ると後は舗装路を16分程歩き、鵜飼谷温泉の駐車場に戻る。 次回はザイテングラードを登りに使ってみたい。
ザイテングラードを降り切ると沢を渡り後は旧林道歩きとなる。
朽ちた木の倒木多し。
偶然、藤本さんに出会う
まよいピークから進んでいると折り畳みノコギリを持った人とすれ違ったのでもしやと思い”藤本さんですか?”と声を掛けてみた。ずばり藤本さんだったので、いつもHPでお世話になっているお礼を言っておいた。想像より若くてたくましい体格の人だった。
こうのいけやま
岡山100山』   名前が誇張し過ぎと思われるザイテングラードまで足を延ばす。