2011年05月14日



岡山県和気町
アランド8.5の完結編
和気アルプスの管理人、藤本さんからこれまで2回、自身が開拓されたアルペンハイキングを案内して頂いたが、今回、残っている個所を案内するとの連絡を受けて和気アに出掛ける。
Road Map :山陽道の和気ICで下りて、R374を北上し、鵜飼温泉の駐車場で待ち合わせる。
Route Map:和気町福富から論山に向かい、山陽道を潜り抜けて、鉄砲弾作り用の火薬庫に向かう。
石鎚山
論山と対等する267mのピークに藤本さんが登山道を開拓し、山名を付けたらしいが、本家、四国の石鎚山に失礼な感じがする。
これまで案内願ったスリリングな岩峰登りが無く、この後にデンジャラスなエリアを残した藤本さんの作戦らしい。
今日、ガイド頂いたエリア
〔083〕石鎚山 (267m)
コシダが茂った登山道らしく、長靴を貸してくれた。コシダが茂っている個所は直ぐに通過したが、尾根筋には更にコシダが茂った個所があるらしい。その為の長靴らしい。
今回も藤本さんの車で登山口まで乗せて行って貰う。前回、登った”立石”の近く、福富から諭山へのハイキングコース入り口に向かう。登山口には駐車スペースがあるが、火薬庫の入口であり、駐車禁止となっているので、道路脇に車を停める。
小さくジグを切って登って行くが、ここは旧参道らしく、お年寄りでも楽に登れる様に配慮されているらしい。だから面白くないと過激派の藤本さんが言われていた。
左手下の小さい沢からの水音を聞きながら、常緑樹で展望の無い道を緩やかに登って行く。
一登りして尾根筋に出ると展望岩があった。
17分で”諭山”への分岐に着く。諭山側には行かず、左手の旧参道に入って行く。
展望岩から”諭山”を見るが、何の変哲もない里山である。
二つ目の展望岩からは”和気アルプス”が一望出来たが、ちょっと遠景過ぎた。
小さい岩峰を乗り越えて行くが、これ位しかなかった。
尾根筋に入ってからは水平道となるが、コシダが生い茂り踏み跡を隠してしまっている、前方に見えるピークは石鎚山ではなく、更に奥にある。
遠景ではあるが山頂から”熊山”(508m)のてっぺんと電波搭だけが望めた。
35分にて”石鎚山”(267m)に着く。山頂からも展望は良いが、少し先に展望岩があった。
ガイドさんの説明を聞きながら登ってきた道を引き返す。
(10回目のその1)
岡山100山』   藤本さん提唱のアルパインハイキングとはロープの要らないクライミングのこと。
いしづちさん
岡山100山に戻る
石鎚山 → 明神スラブカモシカルート穂高山ダイレクトルンゼ