〔081〕夕立受山 (210m)

2016年01月元日


岡山100山に戻る

岡山県備前市
ウィキペデアから
岡山県備前市・片上湾の入口に位置し、同じく瀬戸内海国立公園に指定されている日生諸島と程近い景勝地である。湾内外を行き交う漁船、点在する瀬戸内の島々、岡山ブルーラインの片上大橋、養殖の牡蠣いかだ等が見渡せる。曽島・鴻島・鹿久居島といった日生諸島のほか、天気が良ければ香川県の小豆島や四国もうっすら見える。
Road Map:国道2号線を西へ走り、兵庫県から岡山県に入り、日生から少し西に走る。
Route Map:駐車場まで車で走ると山頂までは10分の歩き。
標高差:約70m
2016年初日の出
多島海から登る綺麗な初日の出を期待したが、東の海上には雲が蔓延り水平線からの日の出とは行かなかったのが残念だった。御来光は空気の澄み切った高い山から見る方が綺麗だと実感した。
鹿久居島に渡ってみる
一昨年に橋が架かった鹿久居島、頭島に渡ってみるが、まほろばへ行く道は通行止となっており、何も観光することなく島を去る。
岡山100山』   岡山県屈指の望海山にて初日の出を拝む。
ゆうだちうけやま
登山口から直ぐの所に展望台があったが、ここからは方向的に片上湾が見えるだけで御来光は見えない。
まだ暗い6時30分に登山口駐車場に着いたので良い場所に車を停めることが出来たが、続々と車が上って来て、駐車は林道途中まで溢れている。学校行事なのか、その暗い中を中学生が続々と歩いて上って来た。
暖かい車内でコーヒーを飲みながら時間調整をする。
展望台から見た片上湾に掛かる片上大橋と点々と浮かぶ牡蠣筏。空中に雲海が浮かんでいた。
10分程で”夕立受山”(210m)に着くと小学生と中学生、それに先生連中が大集合して日の出を待っていた。
山頂の展望台は中学生が占拠していて割り込む隙間無し。
東の空が紅に染まり、日の出の時間は過ぎているが、東の海上に雲が乗っている為、お陽さんはまだ顔を出してくれない。
今日は見通しが良く、ここに書かれていた島々は全て見えていた。
日の出時間より5分程遅れて初日の出のお陽さんが顔を出してきた。
お陽さんも顔を出すと早いスピードで昇って来る。
この場所からなら多島とのコラボが無いので撮影場所を移動する。
場所を変えている間にお陽さんはすっかり昇ってしまった。
最高の初日の出とは言えないが、見ることが出来ただけで感謝である。
低い山を登山口駐車場まで殆んど車で上ってしまうので、登山道を歩くのはたった10分程だけ。