〔081〕夕立受山 (210m)

2008年01月14日


岡山100山に戻る

岡山県日生町
天狗山下山後は、まずはカキオコだったが、近寄り難い程の混雑でお昼時間を外そうと直ぐ近くの夕立受山に行くことにした。この山を知っている山仲間は歩いて15分で瀬戸内の大展望が得られると説明してくれた。
Road Map :国道2号線を西へ走り、兵庫県から岡山県に入り、日生から少し西に走る。
Route Map:駐車場まで登り詰めると山頂までは10分の歩き。
標高差:約70m
後記
夕立受山は山歩きの対照にはらなずデートコースの方が相応しい。山頂には沢山のツツジが茂り、花時の混雑さが想像出来る。又、近くに来た時には夕陽を見てみたいものだ。
カキオコにあり付く
日生にはカキオコ屋が沢山あり、人気店のタマちゃんを諦めて夕立受山近くの人気がなさそうな小さな店に入る。ところが店に入ってみると待ち客で一杯でぎゅうぎゅう詰めの店でしばし待つことになる。大量生産的にカキオコをさばく女将の手捌きで食べられる順番が廻ってきたが、お手伝いのおばさんも通れない程の席で立って待っている人も多く、落着いて味わっておれなかった。
肝心の味は
牡蠣の入ったお好み焼きは美味しかったが、こてこての関西人に言わさせて貰うと、山芋が入っていないのでふっくら感が無く、お好み焼きの基本がなっていないと思った。
岡山100山』   日生名物のカキオコは美味かった。
遊歩道入口にあった案内図。山頂より更に遊歩道が続いている様だ。(クリックで拡大します)
舗装路終点には広い駐車場があるが、ツツジの咲く季節にはこの駐車場が一杯になるらしい。ここから山頂への遊歩道が始まる。奥の建屋は綺麗なトイレ。
10分程で山頂に着く。広々とした山頂には休憩場と展望台があり、山歩きの格好をしているのが恥ずかしい。
勾配の緩やかな歩き易い遊歩道。どこからでも瀬戸内の展望が得られる。
天狗山からより更に間近に見る瀬戸内の島々は絶景である。車で移動中は晴れていたのにまたどんよりと曇ってしまった。残念。
”晴れていたらなぁー”と惜しまれる大展望である。
又、ウソ臭い話しが書いてある。
活火山の噴煙を発見と思いきや、工場の噴煙でした。
ゆうだちうけやま