〔056〕八塔寺山 (539m)

2006年06月11日


右端の二十番石仏と登山道。
岡山の山に戻る

岡山県吉永町
Road Map :上郡町からの県道90号線から県道426号線に入る。
Route Map:風光明媚で牧歌的なふるさと村の公園に車を停める。どこをどう歩いたかよくは判らない。
よくは判らないが八塔寺山腹には八十八ヶ所の石仏が置いてあるようだ。少し歩いただけでも次々と石仏が現れそれぞれに札番が表示してある。石仏ファンにはもってこいの場所ではないか。興味の湧かない私は通り過ぎるだけ。
標高差:140m
雑感
距離的に岡山は近いのだが登ってみたいと思う山は少ない。今日の様なついでがないと八塔寺山に登るチャンスは無かったと思う。が、詰まらないだろうと思っても、その詰まらなさを確認して於きたいのが性分でもある。
岡山サーキットには十年以上前から時々ロードレースを見に行っているが、その道中の県道90号線に気になるものがあった。切立った崖の上に赤い鳥居が見えるのだ。いつかは登りたいと思っていたが、これの為だけに行く程のものではないと伸びゞになっていた。友達参加のレースは午前中で終わることが判っていたので謎の鳥居まで登ることにした。八塔寺山はそれのおまけで登るだけで別段、興味は無かった。
県道426号線から見た八塔寺山、ただの里山の山容。
登山口の表示を見付けて登り始める。
確かに行者堂はあったがくさり場は見当たらなかった。
桧林を抜けると17分で展望の良い東屋に着く。
東屋からの展望はすばらしいらしいが、梅雨空で霞んでおり近隣の山が見えるのみ。その近隣の山も山名は同定出来ない。
東屋からは先程までロードレース観戦をしていた岡山国際サーキットが見え、アナウンスまで聞こえてくる。
行者堂を経て、25分で八塔寺山の山頂に着く。
山頂は薮山の中に三角点があるのみ。予想通りなのでがっかりもしない、直ぐに下山する。
いつも車から見ていた岩壁上の赤い鳥居
十数年前から岩壁上の赤い鳥居が気になっていた。登れるのか?、道は有るのか?、登山口は?、鳥居の奥には何があるのか?、と色々気にしながら車から見ていたのだが今日やっと登る時が来た。
ネットで調べてみたが
この祠のことを書いているサイトは見付からなかった。
自分一人が興味を抱いているだけで、どうと言う事のない祠なのか。
鳥居より更に上に登れるルートを見付けたが、一人では怖いので今日は登るのを控えた。同行者が居るときにでもチャレンジしてみたい。
ふるさと村の登山口から見た山頂。正面の白い建物は日吉神社。
望遠で撮った鳥居部分。鳥居がある以上は道もあるだろう
登り口には上と同じ赤い鳥居があり直ぐに見付かった。登り口からは急登であるが道はしっかり付いている。
登り道の桧にへばり付いていた初めて見るキノコ。大きさは3cm程で美味しそうな感じ。名前は例によって判らない。
鳥居の中は深い岩の割れ目に小さな祠が鎮座してあっただけだった。これで胸のモヤッとが取れたが何も無く少々がっかりではある。
急登を10分程で赤い鳥居に着いた。ここまで危険箇所は無かったが下りは滑り易そうなので要注意か。
鳥居から見下ろした風景。田んぼの向こうは
県道90号線。いつもあの道から鳥居を眺めていた。
今日の目的は・・・
Route Map:八塔寺山への県道426号線の入口に登り口がある。
ふるさと村
八塔寺山の麓に広がるふるさと村は古民家、神社、仏閣が多く観光エリヤになっている様だ。
今日も観光バス3台が民俗資料館を含めた散策に来ていた。山よりはふるさと村に魅力有り。
岡山100山
はっとうじさん