〔048〕雄山・雌山 (1,153m)

2010年06月05日


岡山100山に戻る

岡山県新見市
Road Map :中国道を新見ICで下りて、R180を北上する。県道317から443号線に入る。
Route Map:林道途中に車を停めて林道終点登山口から雌山、雄山を往復する。
標高差:約369m
岡山100山
コースタイム:2時間18分、登り:1時間10分、下り:57分
おんぜん・めんぜん
県道443号線からの林道を進むと三叉路に”この先、車では危険”の標識があった。
林道を長くは歩きたくはないので、車で行ける所まで行くことにする。危険かどうかは自己責任で決めたい。
荒れた林道ではあるがFF車でも走れないことはない。上りでスリップ仕出したので諦めて道路脇に車を停める。
Uターンに苦労したが、空きスペースに車を置いて、8時28分に更に続く林道を歩き始める。
駐車地点から上の林道は泥濘んでおり、四駆でないと走れない状態になっていた。タイヤ痕は付いているが四駆車のものと思われる。
林道は二股になり、赤い矢印標識があったが、何も書かれていない。矢印を信用して大きく左に曲がる。
新緑の気持ちの良い林道を進む。
急斜面を大きくジグを切って登って行く。総じて歩き易い道だ。
駐車地点から15分にて林道終点となり、登山口があった。大きなハイキングマップ看板あり。
花見山のアップ。特徴ある花見山スキー場のゲレンデで判り易かった。
登り途中で展望が開け、先ほど登った”花見山”が望めた。展望が利いたのは部分的であり、殆どが展望の利かない道だった。
36分にて”雌山”(1,067m)に着く。
山頂からの展望は得られず、通り過ぎる。
道標が多く助かるが、こんな1本道に道標が多くても役に立たない。
雌山からヒノキ林を下っていくが、ヒノキ林は直ぐに終わり雑木林に代わる。
鞍部に下りてからは展望の利かない穏やかな稜線歩きとなる。
薮道にも見えるが新緑の中、歩き易い道が続く。
展望が開けると前方に山頂が見えてきた。
1時間10分にて”雄山”(1,153m)に着く。ピーク感は無いが略360°の展望であり、遠く大山も見えている。
大山は遠景であり見えているだけのレベル、他の山も見栄えしない。
南面には”剣森山”(1,034m)が望めるが、霞んで絵にはならない。
西面〜北面の山を見る。
シルエットで山名が判る程度の展望。
展望の良い山だったが
確かに展望の良い山だったが、取り得の無い景色が見えているだけで、何も見えない山頂よりはマシだったの感じだった。
−−− 駐車地 登山口 雌 山 石 標 雄 山
登り :28 8:43 9:04 −−− :38
下り 10:46 10:34 10:18 10:05 9:49