〔040〕星 山 (1,030m)

2011年07月17日


岡山100山に戻る

岡山県真庭市
今日は櫃ヶ山から星山まで縦走しようと車に自転車を積んで、星山ビジターセンターまでやってきたが、山頂付近はガスで覆われ、縦走してもしょうがないなーと、それぞれの山をピストンすることにした。
Road Map :米子道を湯原ICで下りて、R313を南下し、見尾から林道に入り勝山美しい森を目指す。
Route Map:ビジターセンター横の登山口から山頂を往復する。下り時には前山に寄った。
標高差:390m
岡山100山 』   ハイキングには持って来いの展望山。
コースタイム:2時間03分(休息時間含む)
−−− 登山口 5合目 前山分岐 前 山 西口登山口分岐 星 山
登り→ 8:10 :33 8:36 −−− 8:44 9:06
←下り 10:13 9:52 9:50 9:38 9:30 9:10
登り:56分、下り:1時間03分(下りは前山経由)
当初、登山口であるビジターセンターに自転車を置いて櫃ヶ山から登り、星山からビジターセンターに下山する予定だったが、見上げる山々はガスに覆われ、縦走しても展望が楽しめそうにないので、縦走は取り止めて単独に登ることにした。ビジターセンターの駐車場は狭く、2〜3台で一杯となっていたので、路肩に車を停める。ビジターセンター内の綺麗なトイレを使ったが、使って良いのかは判らない。8時10分にビジターセンター横の登山口から登り始める。
この辺り一帯が”美しい森”なのだろうか、遊歩道的な整備された道が続く。
ササ原が多いがササは綺麗に刈り込まれていて、流石、”美しい森”を名乗ることだけはあると感じた。
緩やかに上って行く道筋には、誕生日記念、銀婚式等の実名入りの記念杭が立っていたが、そんなの立てて良いの?の感じがした。
その内、道は細くなり登山道っぽくなるが、ササは綺麗に刈り込まれ歩き易い道だった。
5合目、標高800m地点から少し進むと表示の無い分岐となった。
ここは楽そうな右側の道に入る。
トラバース路は崖っぷちの細い道ではあるが、ここもササ笹がしっかりと刈り込まれていた。
トラバース路に入ると展望が開けたが、ガスで薄っすらとしか見えない。
所々にある道標は距離表示に食い違いもなく、標高も正しく表示されている様だった。
34分にて上側の分岐に出る。ここはロングコースの西口登山口の分岐にもなっていた。
46分にて”8合目”表示を通過。
急勾配はないが、登山道らしくなってきた。ガスが風に流れて通り抜け展望は得られていない。
山頂標識が見えて来た。ここまでハイキングコースの楽な山だった。ガスのお蔭で日差しが遮られ暑さしのぎにはなった。
吹き抜けるガスの合間に山々が見えるが、特筆する様な山は見えない。
山頂より櫃ヶ山に伸びる縦走路を見る。ここも刈り払いされた歩き易そうな道なので、櫃ヶ山への往復も考えたが、片道3時間はきつ過ぎるので諦めて下山することにした。
56分にて”星山”(1,030m)に着く。素敵な山名に負けない展望の開けた山頂だ。山々の表示があったが、ガスが無く展望があったとしてもここまでは見えないだろう。
小さな”展望岩”の上に立ち、風景を眺める。
下山時、ちょっとした展望岩があったので寄ってみる。展望岩に登らなくても下山路からも展望は開けていた。
展望岩からの風景。ガスは薄くなってきて展望が開けたが、特筆するものは何も見当たらない。右のピークが”前山”か?
樹林帯に戻っても雰囲気の良い道を下って行く。今日の腰痛がなければ小走り出来る道だ。
景色を眺めながら下山して行く。吹き抜ける風が汗を掻いた体に涼を運んでくれる。
MTBでぶっ飛ばせそうな路面状態の良い道が続く。
今日、登りたいと思っていた”三坂山”(903m)のシルエットが見えた。結局は櫃ヶ山で体力切れで登れなかったが、近々登ってみたい。
展望の良い尾根道を登って行くと、ここでピークの終わりとなった。ここが”前山”(901m)なのだろうか?山頂表示が無く判らないがこれより先は下りとなっているので、ここで引き返す。
トラバース路分岐から登りの道に入って行くと、”前山”なる道標があったので、行ってみることにした。
前山への尾根道から見た”星山”全景。肉眼では登山道、展望岩が良く見えた。
山下り途中で見た”櫃ヶ山”(953m)と”五輪山”(980m)、縦走すればかなりの総標高差を強いられそうだ。
山ガール5人組みとすれ違う。服装は完璧な山ガールであったが、顔は関東での山ガールの様には垢抜けていなかった。
天気がどんどん良くなり、縦走しなかったことを後悔し出す。
駐車場に入れず、ビジターセンター前の路肩に停めた我が車。この下の三叉路にも車数台を停めることが出来る。車の横に綺麗なアジサイが咲いていた。写真のゲストはコアブ君です。
下山1時間03分にてビジターセンターに戻る。天気はすっかり真夏の晴天となり、櫃ヶ山が綺麗に見えていた。
星 山
名前負けしない良い山だった。標高差が390mと少ないので千m峰としては楽に登れるハイキングには打って付けの山だった。
コンビニが無い
湯原ICから登山口までの間にコンビニが一軒も無く、予め食料を準備しておくか、勝山まで買出しに行く必要がある。久世ICで下りた場合は、途中で勝山を通るので問題無し。
アジサイの中ではこのブルーの”ヤマアジサイ”が一番好きだ。
ほしやま