〔039〕仏ヶ仙 (743m)

2012年07月15日


岡山100山に戻る

岡山県真庭市
Road Map :米子道を湯原ICで下りてR313を北上し、犬挟トンネル手前から林道に入る。
Route Map:舗装された林道脇の登山口から山頂を往復する。
標高差:69m
岡山100山』   三冠王の山ではあるが、山頂からの展望がないのでダメ山であった。
コースタイム:38分、登り:19分、下り:19分
ほとけがせん
登山口近くには駐車地が無く、車の通行も無いことから道路脇の日影に車を停める。
登山口は草が茂っていたが、登山道に入るとしっかりとした踏み跡があった。
しっかりした標識で登山口は直ぐに判ったが、草が生い茂り登山道が無い様に見えた。13時20に登山口を出発する。
展望の利かない樹林帯の中を緩やかに登って行く。
勾配は増してきたが、急斜面はない。この辺りまではササの背丈が低く嫌な雰囲気でなかたが。
19分にて”仏ヶ仙”(743m)に着く。山頂は広場となっているが周囲は樹木で覆われている。
一登りして尾根筋に出ると背丈の高いササに囲まれ藪扱き気味の道になってくる。踏み跡はしっかりと付いている。
この山の特徴として三冠王を謳っているが、一般ハイカーに取っては展望が重要であり、
県境も分水嶺も関係ない。
山頂からは北面が少し開けているが、ササ、雑木が茂り、背伸びしないと展望は得られない。
背伸びをして見た展望方向には日本海方面が見えるらしいが、今日の強い霞みで何も見えない。
直ぐに下山する。ササの背丈が高いのは山頂付近のみ。
ヒノキに覆われているが風が通り抜け涼しくて気持ちが良かった。
下山途中で得られた山頂風景。ここ以外からは山頂はまったく見えなかった。