〔025〕人形仙 (1,004m)

2012年07月08


岡山100山に戻る

岡山県鏡野町
Road Map :中国道を院庄ICで下りてR179を北上し、県道116を更に北上する。
Route Map:道路脇登山口から母子地蔵分岐を経て山頂を往復する。
標高差:249m
岡山100山』   ウラン鉱石を採掘していた人形峠の近くにある山。
コースタイム:1時間38分、登り:51時間、下り:47分
二山で終える
人形仙を登り終えた時にはまだ12時40分、もう一山登る時間も体力もあったが、靴がグチュグチュで再度、この靴を履いて歩く気が無くなり二山で終えることにした。
岡山森林公園からの道を東に走ると登山口の表示があった。
周辺に駐車場は無く、車通りもないことから道路脇に駐車する。
道路から良く見える道標で登山口が直ぐに判った。母子地蔵の云われを書いた看板もあり、この手のもの興味が無い。
入口付近は草付きの嫌な道であったが、直ぐに林道の様な広い道となる。昔の参道、もしくは林道かも知れない。
緩やかに登り、そして緩やかに下る。
広い草原の様な所に出たが、地面はグチュグチュであり歩き難い。
昨日、今日の雨によるものかとも思ったが、セリが生えていたので普段から湿地帯の様だ。
湿地帯の奥が分岐となっており、”母子地蔵”への道の方が立派だった。
登山道は雑草が生い茂り人気の無い山の様だ。
数週間前にどこかの山で”アカモノ”の花を見たが、ここではもう実になっていた。
急斜面を登り始めると視界が開けてきた。
真っ直ぐに伸びる急斜面には色んな花が咲いているが、まばらであり見応えはない。
振り返ると峠の様な所に白い標識が見えた。あそこが”母子地蔵”のある所に思えるが定かではない。
肩まで登り、そこから深いササ薮を掻き分け山頂を目指す。ガスが出てきたがどうせ展望は無いだろうしどうでも良い感じ。
山頂と思えたピークはいつもの様に山頂ではなかった。
山頂は周囲を背の高いササ、雑木に覆われ展望はゼロ。しっかりと山頂標識があるのだけが救いだ。積雪期にはここから霧ヶ峰まで縦走出来るらしいが、このササ薮を越える積雪があるのだろうか?
51分にて”人形仙”(1,004m)に着く。
直ぐに下山に入り、急斜面の取り付きから歩いて来た湿地帯を見る。
47分にて下山を終了し登山口に戻る。岡山森林公園と違い一人のハイカーとも会わず。
にんぎょうせん