〔080〕北岳(3,192m)南アルプスの主峰は標高日本第二位を誇る。

〔055〕五竜岳(2,814m)鹿島槍ヶ岳も含めた後立山三山は大のお気に入り。

〔054〕白馬岳(2,932m)白馬大雪渓は落石に注意すれば比較的楽に登れ、楽に下れる。

〔057〕剱岳(2,999m)名実共に日本有数の山。”試練と憧れ”を充分実感出来る。

〔064〕ジャンダルム(3,163m)アルピニスト憧れのピーク。

〔079〕鳳凰山(2,840m)周辺に望める白峰三山、仙丈ヶ岳、甲斐駒の展望がすばらしい。

〔077〕甲斐駒ヶ岳(2,967m)山頂付近は白砂のザレ場で登り難いが山頂からの展望は良好。

〔075〕空木岳(2,864m)体調の悪い中での日帰り登山は苦しさを忘れて思いで深い。

〔062〕鷲羽岳(2,924m)水晶岳と合わせてアスリートでないと日帰り出来ない山。

〔085〕聖岳(3,013m)山頂に立つと目の前に望める赤石岳は圧巻。


表紙に戻る

日本の山 マイベスト20

高山帯に突き抜ける山、あるいは火山性で樹木の茂らない山は全てお気に入りなので、優劣を付けることは出来ない。あえて20山を選んだが、北海道の山も好きだし、八ヶ岳、谷川岳も好きな山だ。奥穂高岳は綺麗な写真が撮れていないのでランキングに入れなかった。


〔063〕槍ヶ岳(3,180m)山頂からはアルプスの全てが見える大展望台。アルピニストには一番人気の山。

〔084〕赤石岳(3,120m)悪沢岳からの縦走は景観良く圧巻である。

〔196〕大崩山(1,643m)アルプスには無い独特の山容に感激するが山頂自体はつまらない。

〔059〕薬師岳(2,926m)比較的楽に登れ、北アルプスの展望の良さは特筆すべきものがある。

〔082〕塩見岳(3,047m)山頂に立てば南アルプスの全てが展望出来る。

モッチョム岳(940m)屋久島の海岸から聳える岩峰は宮之浦岳より登りたい山だった。

〔064〕前穂高岳(3,090m)穂高連山の一郭を成すが、奥穂高岳から離れ、訪れる人は少ない。

〔017〕大朝日岳(1,870m)奥深い場所にある東北の名峰、登るのは標高以上に困難。

桶居山(248m)他の山と比較して一桁低い標高ではあるが一番馴染みの深いふるさとの山。

〔162〕燕岳(2,763m)もっとも簡単に登れ、展望の良さ、奇岩の面白さには定評がある。