〔094〕法師山 (1,120m)

2010年10月16日


関西百名山に戻る

和歌山県田辺市木守
ガイドブックより
法師山はピラミッド形の美しい山容で知られ、大塔山系のシンボル的な山である。山頂からは大塔山、百間山、三ツ森山、半作嶺、野竹法師、赤倉岳、大雲取山、那知山、冷水山などが望め、田辺湾から潮岬、熊野灘へと続く海岸線が360°に開け、大塔山系随唯一の展望を誇る。
累積標高差:759m
    標高差:478m
南紀の山は遠い
関西の山とは言え、自宅から250km、4時間掛かる南紀の山はアルプスに行くのと変わらない程遠い。
登山口を間違えた?

1時間前後で着くはずの山頂に中々着かず、コースタイムを勘違いしていたと思ったが、帰宅してからGPSデータを見てみると、予定のコースではなく、違う登山口から違うコースを登っていた。今日の相棒には勝田ヶ山でも同様の登山口間違いをしており、又々信用を無くしてしまった。
関西百名山』 距離が長いと思ったら登山口を間違えていた。
Road Map :阪和道を南紀田辺ICで下りて、R42、県道36号線、R371を経て百間山渓谷に向かう。
Route Map:板立峠側の登山口より山頂を往復する。
−−− 登山口 百間山分岐 展望岩 1,029m峰 分岐 法師山
登り 8:55 9:29 9:41 10:06 10:42 10:48
下り 12:19 12:02 11:43 11:33 11:05 11:00
トータル:3時間24分 (休息時間含む)
登り:1時間53分下り:1時間19分
百間山渓谷入口から板立峠を越えた辺りに登山口があった。
路肩に3台がやっとの駐車スペースしかない。
トイレはカモシカ牧場(百間山渓谷入口)に在り。
登山口が確認出来たので8時55分に登り始める。
が、この時点で予定の登山口ではなかった。
展望はないものの、広く歩き易い道が続く。
スギと雑木が生い茂る登山道を進む。
彩ってくれるのはリンドウの花のみ。
34分にて”百間山分岐”に着く。百間山を越えて三ツ森山、半作嶺まで縦走出来る様であるが、展望の利かない低山薮山の縦走なんて絶対にしたくない。
標高を上げるに従い笹が濃くなり、背丈を越す雰囲気の悪い道となり傾斜もきつくなってくる。
1,008mピークをトラバースする歩き難い道を抜けると鉢伏山への展望が得られた。
霞が酷く、紅葉も一部始まっているだけの殺風景な景色のみだった。
振り返ると”1,008m峰”から始まり 951m峰、百間山、949m峰が
並んでいた。
退屈を間際らしてくれる岩峰が出てきた。
この楽しい岩場も長くは続かず、直ぐに薮山に入って行く。
お尻で失礼します。左側は垂直の崖っぷちとなっている。
1時間11分にて”1,029m峰”に着く。下から見るとこの標識が山頂標識に見えた。この標識はぶら下っているだけなので、進むべき方向をはっきり示していない。
我が見積もりでは登り1時間の予定なので、これが山頂かと期待して登ったが・・・
雰囲気はすごく良い道なのだが何の見所もなく、ただ、淡々と歩くだけ。
”1,029m峰”から激下りすると、後は退屈な道が続く。
次こそ山頂だろうと力が入る。
又もや山頂と思って登ったピークは分岐だった。この標識もぶら下っているだけであり、小さく落書きで書かれている山頂方向は正しく示されていない。
山頂はガイドブックにある360°の大展望とは行かず、西面が大きく開けているのみ。
かつて在った電波反射板は撤去されており、その土台だけが残っていた。
1時間53分にて”法師山”(1,120m)に着く。
同定する程の山は見られないが、一応、同定しておく。南紀での山は大体こんな感じ。
東面は樹木で遮られているが、薮を掻き分けると”大塔山”(1,122m)が望めた。
下山時、ナイフリッジで遊ぶ。向こう側は奈落の底であり、立って歩くことが出来なかった。
この山で面白かったのはここだけ。
落ちるー!
滑るー!
次の予定があるので”法師山”を急いで下りる。
このナイフリッジは登山道では無く、登山道は下側を通っている。
ただ単に遊んでみたかっただけ。
ここは登山道となっており、ここは通るしかない。
今日の山歩き
10/16 10/16 10/16
法師山 百間山渓谷 半作嶺
ほうしやま