〔081〕大普賢岳 (1,780m)

2009年11月07日


関西百名山に戻る

奈良県吉野郡川上村
ウィキペディアより
古来、修験道の山として山伏の修行の場であったため、指弾ノ窟、朝日窟、笙ノ窟、水太覗といった修験道の行場跡があり、山頂付近には梯子や鎖場が連続する。石の鼻からは広大な展望が開け、南から北東方面が一望でき、晴れた日には大台ケ原、弥山〜釈迦ヶ岳が見渡せる。山頂は狭く、10人ほどしか立てないほどである。
Road Map :名阪国道の針ICを南下して、R169に入り新伯母峰トンネルを越えて和佐又ヒュッテを目指す。
Route Map:和佐又ヒュッテからダイレクトに大普賢岳を登り、国見岳、七曜岳、無双洞を経由して和佐又ヒュッテに戻る。
    標高差:624m
累積標高差:1,830m
面白い山だったが、しんどかった
トータル6時間14分の山歩きは長い方ではないが、下山時の登り返しを知らなかったのと、累積標高差の1,830mが堪えた。
山としては見所が多くて非常に面白く、次回があるとすれば直登コースを登って、岩本新道で下山したい。これなら3時間半もあれば往復出来そうだ。
大峰山系は稲村ヶ岳を残すのみ

有名山としては稲村ヶ岳が残ってしまった。この辺りの山は駐車料金を取れれるので気分的に好きではないが、その内、稲村ヶ岳に登り、大普賢岳を見てみたいものだ。
関西百名山』 変化があり面白い山だが累積標高差が大きくしんどい山だった。
下り:2時間37分(大普賢岳からは4時間26分)
七曜岳 無双洞 底無し井戸 岩本新道分岐 コル分岐
和佐又ヒュッテ
11:39 12:35 13:18 13:40 14:01 14:16
和佐又ヒュッテ コル分岐 笙ノ窟 小普賢岳 大普賢岳 国見岳 七曜岳
8:02 8:17 8:50 9:17 9:50 10:38 11:22
登り:3時間20分(大普賢岳までは1時間48分)
駐車場横の綺麗なススキ原。雪が積もれば、これがスキー場になるのか?
余りにも貧弱過ぎるゲレンデだ。8時02分に歩き始める。
和佐又ヒュッテ”前の駐車場。少し登った所に綺麗なトイレあり。有料駐車場と判っていたので林道を走っている時に空きスペースを探したが見付からなかった。今日は潔く駐車料金を払うが、”3時間まで5百円、6時間まで千円”となっていた。食逃げも可能だが、今日はちゃんと千円払いました。
15分程歩くと”和佐又のコル”に着いた。ここが分岐点になっており直登コースを登ることにする。
キャンプ場の横を通り、林道を進んでいくと何やら記念碑が建っていた。
無視して通り過ぎる。
崖っぷちをトラバースする道に入っていく。
広葉樹はすっかり葉を落としており、スカスカ感が気持ちの良い尾根道を進む。
39分にて”シタンの窟”に着く。
漢字では”指弾の窟”らしいが、何故かカタカナ表記になっている。ここは岩の下に小さな掘れ込みがあるだけ。
ここまで、きつい登りも無く”良い山だ”と絶賛していたが、この後、褒め過ぎたことに気付く。
左側は絶壁であるが樹木が茂りスリル感は薄い。右手には次々と岩峰が出てきて楽しませてくれる。
45分にて”朝日窟”に着く。”朝日窟”を見上げると圧倒される岩峰が広がっていた。
鉄製階段で整備された急登をこなすと・・・
こんな歌と大きな解説板があった。
”朝日窟”から3分程で”笙ノ窟”(しょうのいわや)に着く。
窟の掘り込みは一番大きく、お宮(?)も一番立派。
同じく”笙ノ窟”の岩峰を眺める。このオーバーハングをクライミングした人は居るのだろうか。
”笙ノ窟”の岩峰を眺める。
標高もコルの標高ではなく、日本岳山頂の標高が書かれている。
誰かがマジックで”コル”と落書きで訂正してくれている。
58分、尾根筋へ一登りすると”日本岳”の表示に着くが、ここは
日本岳のコル”であり、日本岳の山頂は右手斜面の上の方、
”シタンの窟”の上にあるはずだ。
急登が連続するが、多くの個所は階段、梯子、鎖で整備されており歩行困難な個所は無い。
展望の良さそうな岩があったので相棒はボルダーでアタックするが、裏から簡単に登れた。表示が無かったのではっきりしないがこれが”石ノ鼻”だと思う。
”石ノ鼻”の展望岩から”水太谷”を見る。肉眼では霞みの向こうに”大台ヶ原”が見えていたが、写真には乗っていない。
”石ノ鼻”から手前”小普賢岳”、奥に”大普賢岳”を見る。
ここからコルに下るが、登山道は小普賢岳を迂回する様になっており小普賢岳のピークには行けなかった。
良くぞここまで整備したと思わせる程、鉄製階段が次から次に現れてくる。
階段は面白みが無く疲れる。自然道の方が考えながら登る必要があるので、時間を忘れさせてくれる。
橋からの展望。
途中には立派な鉄製の橋が渡されており、格好の展望所になっていた。
今日の相棒は息子より若くバリバリの体力を有する。折角、頑張って
山頂に着いたのに昼飯にはまだ早いとザックも下ろさない。
山頂に居たジジババ数名は優雅にコーヒーを入れていた。
後は”稲村ヶ岳”(1,726m)の雄峰、子槍の様なピークが気になる。
1時間48分にて”大普賢岳”(1,780m)に着く。
気温13℃、1,700m峰は寒かろうと長袖シャツを着て来たの
は大失敗。左後ろの神戸からの親父に山名を同定して貰った。
山頂からは360°の展望であるが、遠景はもやっている。
北西には関西百名山の”稲村ヶ岳”、山上ヶ岳”が見えており、大峰山系の内、”稲村ヶ岳”のみまだ登っていない。
神戸からの親父に教えて貰った展望岩に行く。親父は”覗き岩”と言っていたが、覗き岩程の落ち込みは無く、展望岩だろう。
展望岩よりこれから向かう国見岳、七曜岳方面を見る。縦走路には弥山までの道標となっていた。
崩落帯の際を歩く縦走路に入る。
水太覗”に着くが、崩落帯の為、覗きは出来ない。
笹が茂って判り難いが、笹の向こうは崩落帯の落ち込みになっている。ギリギリまで近付いてみるがこれがおいらには限度。
水太谷を撮るが同じ様な景色ばかり。右手の遠く、平たい山頂が大台ヶ原。
”水太覗”からは稜線沿いの穏やかな道が続く。一体は笹原であるが、鹿の食害か、笹の背丈が低く気持ちの良い雰囲気を出している。
大普賢岳から48分にて”国見岳”の表示地点に着く。これまでもそうであったが、ここも山頂でも無いのに山頂表示がしてあり、これは改めるべきと思う。ここから5~6分で国見岳に登れそうであるが、見たところ薮山なので登るのは止めた。
笹原の穏やかな道は終わり、面白い道が多くなってくる。
この山は退屈させないので好きな山になりそうだ。
途中、展望の良い所があったので通ってきた山々をパチリ。
やたら長い鎖場に出くわす。鎖が長いだけで大した斜面ではなかった。
鎖を使わずに下りたが、勿体無いのでヤラセ写真を撮ってもらう。
展望所から崖の下を覗き込む。
”七ツ池”と書かれた窪地がある地点に着く。
七ツ池”は小さな噴火口の様に見えるが、水はまったく溜まっておらず、底にガレ場があるだけ。先週の寒波での雪が少し残っていた。
よっこいしょ!と登れば・・・
3時間37分にて”七曜岳”(1,584m)に着く。樹木は多少あるが展望は中々良い。吹田からのハイカー2名が居たが、この後、下山路で何度か会うことになる。
ずーっと付いて廻っている稲村ヶ岳、山上ヶ岳の山並み。
七曜岳の山頂で17分休憩した後、下山を始めてまもなく、
”無双洞”側への分岐に着く。後は下るだけと二人で話した
が、この後、予想だにしなかった展開となる。
腹が減ったので山頂の”八経ヶ岳”が望める展望岩でお昼にする。
半端では無い急斜面の下りが続く。
時折、階段が整備されているが、古めかしく朽ちた物が多い。斜面の勾配自体は差ほど急ではないのだが、ステップのまったく無い登山道が急斜面感を出している。
後半、斜度が緩くなってくると落ち葉に隠れた土が滑り易く、肩に力が入ってしまう程の緊張感を持って下る。
綺麗と思わせる紅葉もあるが、全山を覆っている程ではない。
下山するに従い、紅葉、黄葉が目立つ様になるが、先週の強風で盛りは過ぎていると思われる。
沢音が聞こえ出し、長い下りを終えて七曜岳から56分にて沢に降り立つ。四段になっている滝を見ているが、”水簾の滝”はこれの下の大きな滝のことだと思う。
梯子のある所に”無双洞”がある。この下には綺麗な滑滝があり、絶好の休息ポイントになっていた。
大雨の後にはここからも水が噴出すらしが、今日は水は流れていない。泉源を調べるがごとき、奥まで入ってしまった。
結局、何も無かったらし。
無双洞”の奥からはパイプ状に開いた穴から湧き水が流れ出している。
”無双洞”から緩やかに登って枯れ沢に出る。この時点では”無双洞”から緩やかに下って行き、登山口に帰るものと信じ切っていたが、この後に280mの登り返しがまっていた。
涸れ沢を赤ペイントに誘導されて右手の斜面に取り付く。
大きな岩峰が出てくる辺りから、まともな道のない本格的な急登が始まる。
後は下るだけと思っていたので精神的なダメージが大きく、体力的にも足に来始める。
落石する程の石は無かったが、ここは慎重に行きたい。
下山路(?)、最大の登り、先行者2名が四苦八苦しているが、我々も直ぐに同じ目に合う。
面白い道が続くが、この時間ではしんどいよーの感じ。
この横に”底無し井戸”の表示があったのだが、見過ごして上まで登ってしまった。相棒は”見て来る”と言って下りて行った。写真を任す。
これが”底無し井戸”。小石を落としたムービーまで撮ってくれた。皆が小石を投げ入れるので浅くなってしまわないか心配。これは丁度”無双洞”の穴を立てにした感じに見受けられる。
(本物は見ていません・・・)
残りを一登りすると穏やかな道となった。本来、こんな道で下山出来るものと思っていたが、完全に裏切られた。後は疲れた足でも気持ち良く歩ける穏やかな道を登山口に帰る。
紅葉目当てで来た訳ではないが、まだ、充分な紅葉、黄葉が残っており、景色を眺めながらゆっくりと下山した。
長い下りのはずだ。無双洞の標高は登山口より280mも低い所だった。
”大日山”
だいふげんだけ