〔078〕吉野山 (858m)

2012年04月24日


関西百名山に戻る
日本の滝百選に戻る

奈良県吉野郡吉野町
ウィキペディアから
奈良県の中央部・吉野郡吉野町にある吉野川(紀の川)南岸から大峰山脈へと南北に続く約8kmに及ぶ尾根続きの山稜の総称、または金峯山寺を中心とした社寺が点在する地域の広域地名である。古くから花の名所として知られ、特に桜は有名で、その地域ごとに下千本、中千本、上千本、奥千本と呼ばれる。
Road Map :R169を吉野山に向かうと道標が沢山出ている。しかし、今回は西側の大滝地区に向かう。
Route Map:蜻蛉の滝までの道をそのまま進み、林道終点から青根ヶ峰、奥千本を往復する。
    標高差:444m
累積標高差:942m
関西百名山
日本の滝百選』  関西では有数の花見山。落差50mの蜻蛉の滝が凄かった。
登り:1時間12分(青根ヶ峰まで)
下り:58分(青根ヶ峰から)
コースタイム:3時間05分
(奥千本散策含む)
最高峰は青根ヶ峰
もう少し早く行くにはずであったが、天気と噛みあわず、今日になってしまった。しかし、吉野山公式HPの開花情報では奥千本はまだ蕾となっていたので、充分間に合うと思ったのだが・・・
7時04分に安全登山と書かれた標識から登山道を歩き始める。
”蜻蛉の滝”駐車場を通り過ぎて綺麗な舗装道路を進むと終点となり、車3台がやっとの駐車スペースがあった。この手前にも駐車スペース在り。
音無川は登山道から遥か下であるが、沢音を聞きながらの歩きは心地良い。
広く平らで穏やかな音無川沿いの登山道を進む。
音無川の沢が近付いて綺麗な釜も身近に見える様になってきた。
どこまでもフラットな道で自転車でも充分走れそうな道が続く。
分岐には道標があり、安心して進める。
登山道は小さな滝の滝口を通る。
滝の向こう側は落ち込みで見えていない。
眼下に音無川に掛かる真新しい橋が見え、その先のスギの木にはテーピングも見えた。これが青根ヶ峰への登山道かも知れないと思われたが道標が無かったので、真っ直ぐに進むことにした。
結構、綺麗な滝であったが、樹木に邪魔される。
30分にて音無川の主流を渡り、枝沢沿いの道に入る。
心配しながら進んでいくと”青根ヶ峰”の道標が現れ一安心。
枝沢沿いの道から更に枝沢沿いの道に入り、
42分の地点にて沢から離れる。沢から離れても急登とは成らずに穏やかな道を登って行く。
登り一辺倒ではあるが、急な登りはなし。
初めて開けた場所に出た。谷間をU字状に廻り込んで行く。
肉眼では”山上ヶ岳”らしい山が見えているが、黄砂の影響か霞みが激し過ぎて写真には乗らない。
歩き続けること1時間05分にて地道の林道に出る。左に曲がると直ぐに舗装道路に出る。
舗装道路を横断して鉄製の階段から登山道に入る。
今日一番の急登(と言っても大したことはない)をこなせば山頂となりそう。
1時間12分にて吉野山最高峰の”青根ヶ峰”(858m)に着く。
360°の大展望とは行かず、展望はほぼゼロの感じ。ここは
通り過ぎて金峯神社に向かう。
左”山上ヶ岳”、右”金峯神社”の道標あり。山上ヶ岳へは随分と遠いのでは。
やけに雰囲気の良い道となるが、泥濘も多い。
金峯神社へはどんどんと下って行く。
何やらの分岐に着き、右の鳳閣寺は4kmとなっていたので、左の西行庵0.2kmを選ぶ。
下って行くと”奥千本”出た。
平日なのにアマチュアカメラマンが多い。
サクラも終盤は色が薄くなり見栄えが悪いとか。
どこが蕾じゃ!」サクラは終盤を迎えており、葉ザクラとなっている。
奥千本は一面にサクラの木が広がっていると思ったが、この写真のサクラが全てであり、どう見ても千本のサクラがある様には見えなく誇大表示が著しい。これなら西宮の夙川沿いのサクラの方がもっともっと見応えがある。上千本のサクラは終っているらしいので、ここで引返す。
散策道に咲くスミレ。
ワスレナグサに似た花。
金峯神社に出て舗装道路を歩いて戻るはずが、分岐があるものと勘違いして歩いていると”青根ヶ峰”に戻ってしまった。
今日2回目の”青根ヶ峰”なるが、通り過ぎるだけ。
舗装道路まで下山して道標を見ると、どこもかしこも距離が長く、今日、登って来たコースが一番短いが、車で上千本まで上がれるのであれば数百mの距離になるのであろう。
林道に入って直ぐに右に折れて登山道に入る。
先程、登って来た沢沿いの穏やかな道を下って行く。
補修はしてあるが、壊れそうな木製橋を渡る。
下り一辺倒な楽チンな道。
音無川には大きな滝がなく、初心者向きの沢登りが出来そう。
青根ヶ道から下り58分にて林道終点の駐車地に戻る。
”蜻蛉の滝”散策
蜻蛉の滝入口の駐車場は青根ヶ峰への登山者用駐車場にもなっており、多くのハイカーがここから出発して行った。
蜻蛉の滝入口は水辺公園となっており、サクラが綺麗に咲いていた。音無川を遡り、滝壺に行こうとしたが、靴を脱がなければ行けなかったので手前で断念した。
手前のボタンサクラが綺麗。
左のサクラのアップ。
種類は判らないが、この木1本で見事なサクラを咲かせていた。
クリックで拡大します。
鳥居をくぐり、整備された石段を登って行くと”蜻蛉の滝”に着く。パッと見大したことはないなーと思ったが、おっとどっこいであった。この下、50mまで滝は落ち込んでいたのだ。
滝見台に着いた時、バスで来ていた園児に先を越されてしまった。3〜5歳児位だろうか、園児は螺旋階段が上手く下りられず、待ってる間イライラする。
沢山の園児が滝見橋に着いているが、まだ螺旋階段を下っている園児が沢山いる。これは待っている間に撮った写真。
これが滝見台からの螺旋階段。
落差50mの段瀑の”蜻蛉の滝” 写真は2枚の写真を繋いでいるが、
2枚の写真では収まらず、実はこの滝壺の下にまだ滝は続いているのだ。
3枚の写真を繋がないと”蜻蛉の滝”の全体は撮れなかった。どこかのサイトに”この滝が日本の百選に入っていないのはおかしい”と書いてあったが、俺もそう思う。神戸の布引の滝を蹴散らして”蜻蛉の滝”を入れるべき。
滝口に上がってみる。恐い程の迫力だ。
滝口の水が綺麗な釜。この上にも小さな滝があった。
写真を撮りに来ていたジジーと話しすると、車の通行規制は無く、上千本の駐車場まで上がることが出来たらしい。しかも駐車場は無料だったとか。駐車料金1500円を節約する俺の作戦は何だったんだ。
サクラ開花時期の吉野山は一大観光地化となるので、行きたい様な、行きたくない様な感じだったが、今回、関西百名山スタンプラリーの一環として行く事になった。
神戸から3,980円の往復バスが出ているので申し込んでみたが、時遅く満席だった。
退屈そうな園児送迎バスの運転手と話しすると、このサクラも末期であり、咲き始めもっと色鮮やかで綺麗なのだとか。
大したことはないだろうが寄ってみるかの軽い気持ちの”蜻蛉の滝”見物となったが、
久し振りに迫力ある滝を見た感だった。ここにお茶屋さんの売店があったので草餅2ヶ
を買ってサクラのしたで昼飯とする。焼きたてでタレを付けて食べる草餅は美味かった。
蜻蛉の滝
よしのやま