〔035〕由良ヶ岳 (640m)

2009年06月20日


関西、その他の山に戻る

京都府舞鶴市
”関西百名山”を完登したいと思っているが、他の山に目が行ってしまい、中々消化出来なくていた。
今日はどこにも行こまいと思っていたが、天気が良さそうなので急遽、日本海側の山に行くことにした。
Road Map :R178をKTR丹後由良駅を目指し、国民宿舎”丹後由良荘”に向かう。
Route Map:国民宿舎上の登山口から東峰に登り、分岐点に戻ってから最高峰の西峰に登る。
標高差:約597m
登山口の標高が低い
来日岳は標高0mから567mの山頂までの登りだったが、由良ヶ岳は標高34mから640mまでの登りとなるので、標高差的には来日岳より多い。
綾部宮津線はETC千円割り引き対象外記

これから海水浴シーズンに入るとババ込みになるであろう日本海であるが、今はまだ静かなものだった。高速道路は土日休日千円割り引きながら、綾部宮津線は対象外なので要注意である。
依遅ヶ尾山に移動する
コンビニでホットドックを買って、車を走らせながら昼飯とするが、久し振りに食べるホットドックがやけに美味く感じた。
関西百名山』 大展望に感激。
国民宿舎に向かう道から見た”由良ヶ岳”。 左が”東峰”、右が”西峰”の最高峰(640m)
標高は低いが、登山口の標高はたった34mなので登り甲斐がありそう。
国民宿舎の直ぐ上にあった広場。当然、登山口駐車場と思っていたが、下山時には入口が封鎖され、車は一台も来ていなかった。そう言えば
”駐車場”の表示はどこにも無かった。因みにここにはトイレは無し。
駐車場らしい広場横には案内所があり、ここに登山届けが出せる。
7時45分、案内所横の登山道から登り始める。
登山道は階段等で整備されておらず、雰囲気の良い自然道が続く。
登山道のラインが市境となっているのか、左は雑木林で右はヒノキ林とくっきりと分かれている。今日は涼しい風が林を吹き抜け暑さを感じない。
季節外れの”ツツジ”が沢山咲いていた。大半がオレンジ色であるが、一部に右の赤花が咲いていた。
展望の利かない登山道であるが、一部で”東峰”が望めた。
4合目を過ぎる辺りから強烈なヒノキ林となってくるが、今日はこれが日差しを防いでくれて有り難く感じた。涼しい風は立木の間を吹き抜けてくれた。
登山道には途中何の見所も無いが、4合目に”炭焼き窯跡”があった。こんなのは何の見所にもならないが・・・
こちらは”モリアオガエル”の卵。
ヤマアジサイ”が沢山咲いていた。
七合目からは雑草が生い茂る歩き難い道になってくる。
この辺りから勾配も少しきつくなってくた。
1時間丁度で”七合目”に着く。”一杯水”の表示があったが、距離が判らないので下山時に立ち寄ることにする。
最高峰の”西峰”を後にしたく、”東峰”を先にしたが、結果的にはこの選択は間違いだった。
1時間08分にて稜線”分岐”に着く。
登山道を覆うように”エゴノキ”の花が落ちていた。
”分岐”から”東峰”へは穏やかな道はが続く。
登山道には白い花がひき詰められて踏むのが勿体無い感じがした。
急に開けて明るくなり、”東峰”が見えてきた。
1時間15分にて”東峰”(585m)の山頂に着く。石積の祠の中には小さな仏像が安置されていた。祠の上にはアゲハチョウが優雅に飛んでいた。
”東峰”からは由良川、由良海岸への大展望が得られ、霞みが酷いながら久し振りに凄い景観を見ることが出来た。
”東峰”から北西方向を見るが、これから登る”西峰”以外に知っている山は無かった。
ダイビング(素潜り)でよく行った海岸も見えて、しばし、景観に見とれてしまった。
子供が小さい頃にキャンプに行った”由良キャンプ場”と二日間、食料を調達した懐かしい海岸が見えた。あの頃、山に登る奴はバカだと思っていた。(今もそう思っているが・・・)
白花は綺麗と思わないがこれだけ咲いていると圧巻。
山友からの情報で”エゴノキ”だと判る。
果皮に有毒なサポニンを多く含んでいるらしい。
分岐に戻り”西峰”に向かうとブナ、モミジの古木が茂る気持ちの良い登山道となる。
何やら林道がここまで延びて終点となっていた。車でも走れそうな地道であるが、通れるかどうかは不明。登山道は林道を歩くことなく、右手に入っていく。
”東峰”の展望が良かったので”西峰”の展望にも期待したが、
”東峰”ほどに良い展望ではなかった。
1時間41分にて由良ヶ岳最高峰の”西峰”(640m)に着く。
”西峰”からの展望は樹木が邪魔をしており、期待の天橋立も遠景過ぎた。釣りでよく通った”栗田湾”は懐かしい。
”西峰”から少し戻った所に”展望岩”があったが、ここも岩が草木に覆われて展望岩まで行き辛く、樹木も茂り絶景とは言い難かった。
”展望岩”からは由良海岸しか見えなかった。
下山時に”一杯水”を見に行くが、水は一滴も出ていなかったし、
出ていても湧き水ではなく、沢水だった。こんな水、飲ますなよ。
下山時には気温が25℃まで上がってきたが、ヒノキの日除けと、
通り過ぎる風で、この時期としては暑さを感じなかった。
登り時には感じなかったが中腹から下はザレており、結構滑り易い。U字状に掘れ込んだ道は開門岳の登り口によく似ている。
見所は何も無い登山道であるが、嫌味なところもまったく無く、苦も無く下り終える。
登山口に”登山証明書”が置いてあったので1枚頂く。
自分で証明するだけのものだが、面白い配慮だ。
コースタイム
登り:1時間15分(東峰まで)、1時間41分(西峰、最高峰まで)
下り:1時間07分(西峰から)
ゆらがたけ
この登山地図を見ると余計に判らなくなってしまう。