〔020〕青葉山(693m)

2009年10月04日



福井県大飯郡高浜町
松尾寺のHPより
松尾寺がその中腹に位する青葉山は、福井縣から望見すれば、東西に並び立つ双方が一つに重なり、その秀麗なさまは「若狭富士」と呼称されている。 「富士なくば 富士とやいわん 若狭なる 青葉の山の 雪のあけぼの」 この山は死火山で、昔火焔を吹き上げ、噴流は直下の日本海に注いで壮絶な水煙をあげていたものと思われる。この厳しい表情をたたえた険峻な山は、早くから修験道修行の場となっていた。
Road Map :舞鶴若狭道を東舞鶴ICで下りて、R27を東進して高野、又は今寺に向かう。
Route Map:高野の登山口から東峰、西峰を経て、今寺の登山口に下りる。後は一般道を歩いて車に戻る。
標高差:549m
簡単に登れると思ったが
今寺の登山口から登れなかったこともあるが、標高差は少ないとの先入観を持って挑んだので、思っていた以上に時間が掛かってしまった。
西峰からの展望は抜群
見所の殆ど無い登山道ではあったが、西峰から見る内浦湾の展望は良かった。くさり場は面白い所ではあったが、樹木が生茂り、展望がほとんど利かないのが難点であった。
関西百名山』  日本海の展望が素晴らしかった。
下り:48分(林道出合い登山口まで、その後一般道歩き28分)
西 峰 分 岐 分 岐 今寺登山口 高野登山口
16:00 16:06 16:28 16:48 17:16
高野登山口 分 岐 NHK中継所 展望台 東 峰 こぐり 西 峰
14:11 14:27 14:47 14:53 15:32 15:51 15:55
登り:1時間44分(西峰まで)
南から見た『双耳峰』の”青葉山”は大山、石鎚山と同じ感じで、東西に長く広がっている。
東から見た『若狭富士』としての”青葉山”は双耳峰が重なってコニーデ型の山容となっている。
住宅街から薄暗い竹林に入り、雑草の生茂る登山道を15分程進むと、
”青少年旅行村”からの登山道と合流した。
ここからはましな登山道となる。
今寺の登山口から軽く往復するつもりが、道路に張られた案内板に釣られて高野の登山口に迷込んでしまった。住宅街の狭い路地から登山口に至るのであるが、案内板が無ければ絶対に判らない。周辺には駐車場が無く、小さな空地に車を停めた。
植林帯の中に荷揚げ用レールが走っていたが、
それがNHKの電波反射搭まで伸びていた。
雰囲気の悪いうっそうと茂るヒノキの植林帯の中を進む。登山道は階段で整備されていた。
”展望台”からの若狭湾の展望。先ほど青葉山を見ていた海岸線が見えた。
更に尾根筋を進むと、42分歩いて”展望台”に着く。
”青葉神社まで1.0km”の表示があったが、この時点では青葉神社がどこにあるのか判らなかった。多分、どちらかの山頂にあるんだろう。
広場に小さな祠がある所に出た。
休息ベンチがあるが展望はほとんど無し。
”祠”からは小ブナの茂る展望の利かない穏やかな尾根道が続く。
1時間08分、殆ど展望の利かない道が続いていたので嫌気が差していたが、岩峰剥き出しで南面が開けた”展望岩”に出た。GPSにマーキングを入れようとして電池切れに気付き、電池を交換する。充電電池も古くなると能力が落ちる様だ。
”展望岩”からは若狭湾側は見えず、南面の集落が見えるのみ。対面の山々はまったく山名が判らない。
”東峰”を過ぎると”馬の背”のくさり場を通る。危険個所には立派な鉄梯子が設置してあり、面白さは半減してしまう。
1時間21分にて青葉山最高峰の”東峰”(963m)に着く。
岩峰をトラバースする個所があり、ここからは舞鶴市街、舞鶴湾の展望が良かった。
これが”馬の背”?、御神体なのか周囲にはロープが張られていたが、補助ロープにする程の岩峰では無かった。
前方の”西峰”へは鞍部に下りて行く。鞍部から今寺への道が地図に載っているので探しながら歩くが分岐は見付からなかった。
岩峰に掛けられた長い階段。
”こぐり岩”を抜けるが、この抜戸には何の表示も無かった。
1時間44分にて”西峰”(692m)に着く。祠の後の岩峰が最高点の様で、岩登りとなるが鉄柵とロープで登り易く整備されていた。
岩峰に登ると”西峰”の山頂表示があった。
この向こうには日本海、内浦湾の展望が広がる。
時、既に午後4時、早く下山しなくては・・・
”西峰”から見た”内浦湾”の大展望。青葉山はこれがなければ只の里山になってしまう。
今寺への下山を諦めて、松尾寺からの長い一般道歩きを覚悟したが、西峰から少し下山すると今寺への分岐があった。これは行くしかない。
分岐からは急斜面をジグを切って下りて行くが、自然道であり雰囲気は良い。
途中に分岐があり、時間表示を見ると旧登山道の方が5分短かったので旧登山道を選んだが、どえらく歩き難い道だった。下山を始めて48分にて林道に出る。
林道から今寺の一般道に出る。ここには登山口の表示は無し。
一般道を車に帰りながら振り返り見た”青葉山”。
ここから見ると『若狭富士』でも無く、『双耳峰』でも無く、小さな山脈としか見えない。
あおばやま
関西百名山に戻る
展望が開けた尾根筋に出ると、電波に取っても条件が良いのか電波塔が並んでいた。
最高峰と言っても”西峰”より1m高いだけ。
山頂にはぼろっちい”青葉神社”が建っているが、
山頂からの展望は木立の間から若狭湾が少し見える程度。