〔014〕百里ヶ岳 (931m)

2009年09月26日


関西百名山に戻る

滋賀県高島市朽木小入谷
福井新聞 豆知識より
小浜市と京都府の境にある嶺南第2の高峰。登山道は鯖街道でもあった。頂上から百里四方が見渡せるというのが名の由来だが、実際には展望はそれほどよくない。
Road Map :滋賀県西部を走るR367から県道783号線に入り、小入谷の集落に至る。ここから林道へ。
Route Map:小入谷からの林道をおにゅう峠まで上り詰め、少し下の登山口から山頂を往復する。
−−標高差:55m
累積標高差:511m
百里ヶ岳を登り終えて
下りの方が時間が掛かっていることでも判る様に登山口からの標高差はたった55mであるが、登り下りが多く、累積標高差は511mもあった。ガスが出るとシカが活発になるのか、シカの鳴き声が多く、姿も良く見掛けた。
関西百名山
登り:55分、下り:58分
−−− おにゅう峠下登山口 根来坂峠 白石山 県境尾根出合 百里ヶ岳
登り→ 15:01 15:11 15:17 15:34 15:56
←下り 16:58 16:48 16:42 16:23 16:00
小入谷の集落から始まる林道は判り難く、大倉谷林道の方に”百里ヶ岳登山口”の表示があり迷い込んでしまうが、大倉谷林道は悪路で車では走れない。間違いである。林道を”おにゅう峠”まで上るが峠には登山口が無く、少し戻った地点が登山口だった。写真は登山口から上って来た林道を見る。
登山口から三国岳方向を見ている展望であるが、どれが三国岳かは判らない。
登山口から871mピークまで登り、その後、下って行く。
周辺はブナ林で、今日はブナ林を見る一日となってしまった。
登山口には車3台程の狭い駐車スペースがあるだけ、登山口との表示も無い。おにゅう峠には広い駐車場あり。
少し下って鯖街道が通る”根来坂峠”に着く。
”根来坂峠”には犬小屋の様な地蔵堂や石塔があり、歴史の道を感じさせてくれる。
下り終えると穏やかな道となり、33分で百里新道への分岐となる”県境尾根出合”に着く。百里新道で小入谷までは3.6kmと書かれていた。
16分程で”白石山”(860m)と書かれたピークに着く。
ここからは勿体無いほど大きく下って行く。
55分にて"百里ヶ岳”(931m)に着く。少し晴れそうになってはきたが、周辺はガスで何も見えない。晴れていて展望尾は余り良く無い様だ。当然、直ぐに下山する。
その後も薄いガスの中、登り下りを繰り返し、山頂への最後の登りをこなす。
登山道の殆どがブナ林で展望は無いが、一ヶ所だけ展望所がある。
ガスで見え難いのと土地勘が無いので同定は出来ていない。
山頂からの下山路、今日は天気が悪く、ブナ林一色の一日だった。
美味しそうな”ナメコ”が沢山生えていたが、キノコには手を出さないの鉄則を守る。
幻想的ではあるが、今日は三山共、こんな景色を見続けている。
ゆりがたけ