2018年06年05日  すっかり夏咲きの花に切替わった。    

我が家に咲いた花に戻る

今、一番良い状態でお花畑になっている。 左から多年草となっている大輪キンギョソウ、こぼれ種で芽吹いて来たチドリソウ各色、
宿根草のユリオプスデージ。 つまり手間要らずでお花畑になってくれた。
どんどんと縄張りを広げているユリオプスデージ。
毎年、咲いてくれるクリーム色の大輪キンギョソウ。
変わり色の大輪キンギョソウ。
こぼれ種で色んな所で茂っているチドリソウ。 既に種を付けだしいる。
最近、お気に入りとなったアスターがボチボチ咲き出した。
1ポットに3色のヤリゲイトウが入ったのを大鉢に植え替えたもの。
美女ナデシコは3種類あるのだが、どれがどれなのか未だに判らない。
玄関の一郭。
先月は30粒の種を蒔いて1花しか咲かなかったと嘆いていたが、
遅れてもう2花咲いてくれた。これが最後のルピナスとなる。
忘れた頃に咲いてくれるレインリリーは球根が増え過ぎるのでかなり断捨離したが、まだ3鉢残っている。
ピンクのペンタスはかれからの感じ。
毎年、各色1苗だけ買って挿し芽で増やしているペンタス。
ペチュニアの色違い。
一番安いポット苗を買ったペチュニア。
最初のお花畑を角度を変えて見る。 マリーゴールドも咲いていた。