象 山 (1,085m)

2009年11月15日


その他の山に戻る

鳥取県日野郡
蒜山高原での宴会ついでに
昨夜は蒜山高原にある友達の別荘に泊まり、ちゃんこ鍋で忘年会の練習をした。そのついでに紅葉刈りと象山ハイキングをするが、大山にはガスが掛かり、直ぐ隣の烏ヶ山ですら見ることが出来なかった。
Road Map :米子道を蒜山ICで下りて、大山環状道路から鏡ヶ成に入る。
Route Map:国民休暇村のホテルから左廻りに周回する。
標高差:約186m
その他の山』   職場の遠足第3段は鏡ヶ成から像山を散策する
コースタイム 登り:25分、下り:24分
鏡ヶ成の国民休暇村には広い駐車場があり、烏ヶ山登山の時にもこの駐車場に車を停めた。気温は3℃、宴会メンバーは8名であったが、寒いから登らないと3名からリタイヤ届けが出された。
スキー場前からハイキングコースに入っていく。
誰一人として山歩きの格好をしておらず、散歩気分で歩く。
道標に従って進んでいると、湿原の遊歩道に誘い込まれてしまい、花の無い遊歩道を無駄に半周してしまった。
成る程、象さんが寝そべっている姿に見えないこともない。
少し登るとぐっと展望が開けた。大山、烏ヶ山はガスで見えず、残念だったが、蒜山方面は良く見えていた。
少し遠回りしたが、25分で”象山”(1,085m)に着いた。
中々展望の良い山頂で大山が見えない今日の天気が悔やまれる。
階段で整備された道を登っていくと体も温まり、寒さを感じなくなる。
山頂より”擬宝珠山(ぎぼしやま)”(1,110m)、休暇村を見る。
山頂より”皆ヶ山”(1,159m)、”蒜山”(1,190m)を見る。
24分にて下り終え、象さんをバックに記念撮影。
余りにも呆気ない山歩きでした。
下りは新小屋峠への道を選ぶ。こちら側も階段で整備された道であり、ブナ林となっている。分岐で休暇村側に曲がる。
ぞうやま