天保山 (4.53m)
2016年11月24日
天保山に本気で登った(?)のは'08年10月11日だった。今回、大阪文化館で開催されている”恐竜博”を見に行く序で再び天保山に寄ってみる。

大阪市港区


標高差:約0m
大阪府の山』   茶番ではあるが、再び日本一の低山に行ってみる。
Road Map  :大阪市営地下鉄中央線大阪港駅から北へ約400メートル。
Route Map :標高の一番高い丘を目指すと三角点は無く、道沿いの平地に山頂三角点がある。
天保山へのアプローチ
天保山へは地下鉄南港駅から400m程歩くだけであったが、自宅から南港駅までの電車乗り継ぎが大変だった。序が無いと行けない所である。
関西、その他の山に戻る
二等三角点
海遊館から天保山公園の明治天皇観艦式の碑に向かって歩くと天保山の三角点がある。この間、標高差は0mで息を切らすことは無い。
てんぽうざん
天保山公園には外人を含め沢山の人がスマホを見ながら散歩していたが、どうも”ポケモンGO”をしている様だ。前回は順番待ちとなった三角
点にはハイカー(?)は居らず、寂しい山頂だった。
これは前回発行して貰った登山証明書。
8年振りに”天保山”(4.53m)に着く。2回目となるとインパクを何も感じなかった。
天保山 恐竜博
本来の目的は”恐竜博”見ることであり、天保山は序でであった。
入館料は1500円と高めの割に展示の内容は薄い様に思えた。
平日の為か来場者より係員の方が多い位で、ゆっくりと見学することが出来た。
恐竜ファンではないが、期間限定の恐竜博なので見られる時に見たかったの感である。
特に感激する物は何もなかったが、見ておいて損はしないと思った。