西穂高岳 (2,909m)
2001年08月25日
ロープウエイの西穂口から西穂山荘までは低山と変わらない雑木林に覆われた道を進む。後半はきつい登りとなる。
数箇所に道標があるが、1本道であり道を間違うことはまずない。
56分で西穂山荘に到着、息子は年寄り連中より5分先に着いていた。天気良く、ここからの景観は最高。後の苦労を考えるとここまでで充分良いような気がした。
32年前に登った西穂山荘、今は建屋が立て直されている様だ。
西穂丸山のピークより笠ヶ岳(2,897m)、抜戸岳(2,813m)を見る。
正面の赤茶けた山が焼岳(2,455m)、左後が明日登る乗鞍岳。
西穂丸山のピークよりこれから進む登山道を見る、あまりの遠さにぞーっとするが頑張って行くことにする。
独標へは崖っぷちの道が多くなる。
独標への最後の登り、息子は山頂で手を振っている。若さのパワーには太刀打ち出来ない。
独標に到着、先はまだ長い。
手前がピラミッドピーク、二つ目が西穂高岳。まだまだ険しい道が続きそうだ。
32年前の独標、運動靴での雪山(5月)登山は若さではなく馬鹿さから出た無謀であった。
ピラミッドピークより西穂岳山頂を見る。
西穂高最後の登り、赤丸印に息子がへばり付いて登っている。
32年前の最後の登り、岩に雪が乗っており、本当に怖いと思った。
今回は雪の無い分、楽な登りであるが、それでも足を踏み外せば奈落の底の恐怖は付きまとう。
普段着と運動靴で登ったものだから登山家のおっさんに”お前ら死ぬ気か”と怒られた。それでも下りはシリセードで雪面を一騎に滑り降りる。
3時間25分にて”西穂高岳”(2,909m)に着く。時代は変われども山の姿は変わらない。息子は相変わらず普段着に運動靴、血は争えないと感じる。
西穂より間ノ岳(正面)、前穂高岳(右)、涸沢岳の穂高連山、左端には槍ヶ岳も見えているが写真には入っていない。
その他の山に戻る


・鍋平から7時10分始発の第二ロープウエイに乗り、約6分で2,156mの西穂口駅に着く。
・7時23分、登山届を出して登り始める。最初は平坦な雑木林に覆われた道であるが、その内一旦、谷筋へ下り、登り直して急登を
  登り切ると1時間弱で西穂山荘に出る。
ここで一気に景観が開け、南に焼岳、乗鞍岳、東に霞沢岳、西に錫杖岳、北にはこれから登
  る穂高連山が見え、眼下には大正池を代表する上高地が見える。が、最近の天候不安で空気が霞んでおり、写真写りが悪い感じがする。
・山荘からは高い樹木がなくなりハイ松程度の低い潅木となり見通しの良い、石ころだらけの急登を登っていく。
・西穂丸山のピークから先を見ると高いピークが幾つもあり、地図で見た平面の距離と大層違う感じがする。
・独標(2、701m)、ピラミッドピークと登っては下り、登っては下りを繰り返し、一歩間違えば100mは滑落のスリルある岩場を数箇所
  交え、ミスをしない様に慎重に足を進める。
・10時46分、3時間25分で西穂高岳山頂に立つ。奥穂からの登山者と重なり山頂は沢山の人で賑わっている。ここでおにぎりを食
  べて、ゆっくり休憩を取り11時30分に下山とする。
・いつもの悪い癖で下山は飛ばしに飛ばし、西穂山荘まで1時間20分、西穂口駅までは2時間半で下り終える、急いで降りようとしたせ
  いかZさんは足首を捻挫してしまい、びっこを引いている、明日の乗鞍岳に差し支えがなければよいのだが・・・。
・2時のロープウエイで車に帰る。

標高差:753m

Road Map :高山から安房を経由して新穂高。
Route Map:新穂高ロープウエイに乗り、西穂山荘から西穂高岳を往復する。
R・Wで簡便ハイキング
西穂山荘に戻って来るとジジババ連中でゴッタ返していた。
にしほだかだけ
岐阜県高山市