風不死岳 (1,103m)

2014年07月25日


関西、その他の山に戻る

北海道千歳市
ウィキペディアより
樽前山7合目ヒュッテから、及び樽前山からのルートが一般的。北側から尾根沿い及び沢を登るコースもある。山全域にわたりヒグマの出没が多い。1976年(昭和51年)には、チシマザサのタケノコを取りに入山したグループがヒグマに襲われ、2人が死亡、3人が重軽傷を負う事件が発生している。
Road Map :支笏湖に向かい、南側の林道を樽前山ヒュッテに向かう。
Route Map:樽前山七合目駐車場より山頂を往復する。
    標高差:463m
累積標高差:670m
北海道の山』   '09年07月に飛行機の時間が気になり、途中で引返したリベンジとなる。
登り:2時間15分(山頂まで)
下り:2時間03分
トータル:4時間33分
ふっぷうしだけ
今回の北海道遠征
風不死岳
距離は長いが標高差が少ないので、楽しく歩ける登山道であった。
今日はダメだったが、見通しが良ければ終始、大展望を見ながらの歩きが出来ることと思う。時間があるのであれば樽前山とセットで登った方が楽しいだろう。前回はそれをしたのだが・・・
今日の温泉
まずは直ぐ近くの”支笏湖温泉”に行ってみるが、日帰り入浴は3時までと言われ敗退。次ぎの当てはなく、次の目的地であるインクラの滝に向っていると、苫小牧に綺麗な温泉があったので入浴料を気にせずに入ると600円だった。
今日の寝床
温泉に隣接する”錦大沼公園”でも良かったのであるが、インクラの滝の場所が知りたかったので、車を走らせ近くまで行って空き地で車中泊とする。近くに”樽前ガロー”があったが、これって何?
道中央道の樽前SA近く、錦大沼公園に隣接した”ゆのみの湯”入浴料600円で汗を流す。
登山口には”登山道”と書かれた標識があるが、どこに行く道とは書かれていない。11時10分に登山口を出発する。気温は23℃、蒸し暑い。
勝手知ったる七合目、樽前ヒュッテ登山口に着く。ここには3度目だ。”風不死岳”への登山口は少し引返した所にある。
登山道は”922峰”の麓まで伸びており、距離は長いが、勾配が緩いので楽チン道だ。輝く様な天気が欲しい。
最初の樹林帯を抜けると全てが見渡せる草原に出る。左手には”東山”、前方には”922峰”、右手奥に”風不死岳”が見えているが”風不死岳”の山頂部はここからは見えていない。
滑滝の様な一枚岩の登山道。時間が時間だけにボチボチとハイカーが下山してくる。
日陰のまったく無い、晴天なら暑いだろうなーの道が続く。
火山灰土でザレた道を緩やかに登って行く。
一つ目の分岐に着く。真っ直ぐに行けば樽前山へ、右に曲がれば風不死岳に行ける。
二つ目の分岐に着く。風不死岳まで2.1kmとの表示あり。
ここから先は4年前に通っている道であるが、どの程度覚えているか?
振り返れば樽前山が見えるが、逆光でもないのにシルエットしか見えない。ロシアからの有難くない贈り物のせいであろう。
前方に風不死岳が見え出したが、山頂は更に更に奥であり、まだ見えていない。
取り合えずは見えているピークを越えていかなければならない。
樹林帯に入って行き、勾配は序々に増していく。
”風不死岳登山口”と書かれたデカイ標識は良く覚えていた。しかし、なんでここまで来て登山口なんだ?
この先に簡単なくさり場があったが、通過には問題なし。
登山道らしくなってくる。たまたま撮った写真であるが、偶然、前回のHPに同じ写真が載っていた。
足掛かりが少なく、登るのが困難な2本目のくさり場であるが、結構なお歳のオバアチャンが一人で下りて来た。ちょっとビックリ!
1時間41分にて、ササ原道に変わると”ジャガイモ岩”が現れた。
前回はこの辺りで帰りの飛行機に間に合うのかが心配になり、引返そうかどうしょうか考え始めた地点だ。
くさり場を登るとダテカンバの中、フラットな道となる。
前回もこれを山頂と思ったが、これの向こうに更にピークが見えたので、時間が読めず引返した覚えがある。
ダテカンバの本当に雰囲気の良い道である。
名無しピークから”風不死岳”のピークが見えた。ここからでもはっきり見えるササ原道は刈り払いされておらず、短パンでは辛かった。
テッペンのガレ場と言い、これを風不死岳にしてくれれば良かったのに。2時間06分で名無しピークに上がり切る。
山頂に何やら三脚が置いてあったが、衛星から地殻の変動を測定する機器のようだった。さすが火山性の山のことだけはある。
2時間15分にて”風不死岳”(1,103m)に着く。
山頂からは360°の大展望のはずだが、見通しが悪く目の前の支笏湖も見えず、朝は恵庭岳から何とか風不死岳を見ることが出来たが、その逆はまったく叶わなかった。
見えないものは見えないでしょうがないので、参考に見えている時の写真をネットから拾ってきました。この展望を見たかった。
樽前山側は少しはましな見通しだったが、それでもシルエットとしてしか見えなかった。
山頂で見えていない展望を15分程見廻して、下山に入る。下山と言ってもまずは一山を登ることになる。名無しピークに登ると3人の若い娘がヒーヒー言いながら登って来た。山頂はまだ先と伝えると愕然としていた。
くさり場の始まり。
岩峰下からくさり場を消化して行く。
大きな岩の横を通る。
以前見通し悪し、今日は残念でした。
下山1時間15分にて二つ目の分岐に戻る。
後は穏やかに下って行くのみ、楽な道である。
最初の分岐が見えて来た。見通しさえ良ければ素晴らしい展望なのだが。
ザレ場を下り、後は草原を淡々と歩くのみ。だが、その距離は長い。
登山口は先の丘の向こうであるが、疲れることなく、時間もそう掛からない。
樹林帯の先に樽前ヒュッテが見え出し、下山2時間ちょっとで風不死岳を終える。
07/26 07/26 07/26 07/27 07/28 07/28 07/28 07/28 07/29 07/29
インクラの滝 日和山 登別地獄谷 夕日山 八剣山 砥石山 三角山 大倉山 積丹半島 天狗山
07/15 07/16 07/17 07/18 07/19 07/20 07/22 07/22 07/23 07/23 07/24 07/24 07/25 07/25
芦別岳 オプタテシケ ニセイカウ カムエク カムエク カムエク 大千軒岳 渡島駒ヶ岳 狩場山 賀老の滝 ニセコ イワオ 恵庭岳 不風死岳