大満寺山 (608m)

2016年03月30日


関西、その他の山に戻る

島根県隠岐の島
ウィキペデアから
隠岐諸島の最高峰である。山名は中腹にある寺の名に由来し、隠岐富士の別名がある。
中国百名山のひとつで、一帯は大山隠岐国立公園に指定されている。
Road Map :西郷から県道47号線を布施集落に走り、林道を乳房杉に向かう。
Route Map:登山口の駐車場から大満寺山と鷲ヶ峰をそれぞれ往復する。
    標高差:165m
累積標高差:338m(鷲ヶ峰含む)
隠岐の島の山』   本来、山頂からの展望は良好だと思うが、最悪の見通しで絵にはならなかった。
登り:22分、下り:20分、コースタイム:44分
だいまんじさん
今回の隠岐の島では日本の滝百選の滝見がメインであったが、序に隠岐の島の最高峰で
ある、大満寺山と鷲ヶ峰を登っておく。
登山口の少し手前、道路沿いに”乳房杉”があったので寄ってみるが、車からも見えている。
見応えあり! 激しく枝分かれして乳房状に垂れ下がっている独特な姿をしていた。
ボランティアのガイドさんと比べるとスケールが良く判る。
10時39分に、まずは大満寺山に向けて登り始める。短時間で登れる山なのでTシューズで登ったが、登山靴を履いておくべきだった。
大満寺山への登山口である駐車場は鷲ヶ峰への登山口にもなっていた。
常緑樹林帯の中、水平道に近い穏やかな道が続く。展望は無し。
登山口からの道ははっきりしており安心して歩けそうだ。
一帯にはツバキの木が多く、赤い花を咲かせていた。
前方に大満寺山の山影が見えて来た。今は穏やかな道であるが、この後は急峻な登りになりそうだ。
当然、徐々に勾配は増して来るが、まだまだ軽いものだ。
常緑樹で陽が当たらないのか苔生した道になって来た。
気温は高くないが湿度が高く汗を掻いて来る。
苔生した石がゴロゴロ仕出し、勾配も増して来る。
22分でピーク感の無い”大満寺山”(608m)に着く。余りにも短時間で着いてしまったが、標高差はたった165mしかなかったのだ。
山頂付近になると平らな道となる。この先が山頂だろう。
公式の山頂表示は無かったが、樹木の上に個人的な山頂表示があった。
肉眼では海岸線まで見えていたが、昨日から悩まされている中国大陸からの贈り物で360°展望無しの状態だった。
鷲ヶ峰方向を見るが鷲ヶ峰自体は樹木で隠れて見えなかった。
急斜面は最初だけ。
早々に登って来た道で下山する。
登山道には”エンレイソウ”の仲間が沢山咲いていたが、華やかさはなかった。
冬枯れの樹木を通して”鷲ヶ峰”が見えた。
大満寺山より面白そうな山に思えた。
下山20分で駐車場に戻り、お茶休憩をしてから鷲ヶ峰に登る。
後半の穏やかな道。
大満寺山
山登りと言えば怒られそうな短時間で登れてしまったが、病み上りと言うより病中の体には丁度良い山歩きであった。下山して引き続き鷲ヶ峰に登って、イモリ岩が見えるか確認してみたい。
山頂を示す表示は無く、地元の水産高校の方位盤があるだけだった。もう少し予算を掛けて鳥瞰図にして欲しかった。
'16年隠岐の島の観光
〔乳房杉〕
3月29日 壇鏡の滝 那久岬 那智の滝 深浦滝 白糸の滝 ローソク島 白島崎
3月30日 海苔田鼻 浄土ヶ浦 大満寺山 鷲ヶ峰 トカゲ岩 八百杉 −−