ソラ山 (1,005m)

兵庫県養父市

2010年02月20日


兵庫100山に戻る

標高差:550m
(リフトで登る)
Road Map :播但道を走り、大阪方面からのスキーヤーで混雑するR9を避けて裏道を走る。
Route Map:スカイバレイとハイパーボールの全てのコースを滑る。イーグルコースだけは手に負えなかった。
我が職場には個々にスノボをやっている連中が居り、彼らを集めて職場の遠足とする。
ヘタクソ、ベテラン、スキー、スノボと様々な連中が5名集まり、ワイワイガヤガヤとスキー場に向かう。
当然、ソラ山に登るのが目的でなく、スキーを楽しみたいだけであるが、氷ノ山が望めたらいいなーとは思う。

タイトルはソラ山であるが
ソラ山に登りたくて来た訳ではなく、単純にスキーをしたくて来た訳であるが、ラッセル無しでソラ山に登れたらピークハントが出来るとの淡い思いもあった。
林道下山コース

帰路の林道下山コースは2km程のロングコースで、本来、林道コースは好きなのであるが、所々にアイスバーン化した部分があり、後ろから神風ボーダーに追い立てられ楽しくはなかった。雪質が良ければ最高の滑降コースになると思われる。当然、コースアウトをすれば谷底ではあるが・・・。
一日券の元は取った
一日券は三千五百円、社員書を見せて割引が利いて三千円、一回券がやけに高くて5百円。単純に換算するとリフトに6回乗るとチャラであり、20回前後は乗ったので、今日は一日券で充分に元を取った計算になる。
スカイバレイ・ハイパーボール東鉢
天気予報通り曇り時々晴れの天気。気温は3℃、風は無いがじっとしていると寒いので滑り続ける。
一日滑走券は従業員割引が利いて3千円、スカイバレイとハイパーボールの共通券となっているので、全てのコースを滑るべく地図を見て作戦を立てる。
気温が低いので雪質は上々、まだ土の露出も無く、どこでも安心して滑れる。
我がチームはボーダー3名、スキヤー2名であり、還暦を過ぎたおいらは当然スキー組みであるが、ブランクが長く、派手にこけまくる。
ヘルメットを被る我がチーム一押しの彼は華麗な滑りを見せてくれた。
ボード3回目の彼はレンタルの靴が足に合わず精彩さに欠けたが、足の痛みを堪えて滑りまくる。
スカイバレイゲレンデの最高部はモンスターの成り損ないが沢山あった。この薮の向こうが”ソラ山”(1,005m)であるが、ラッセルをしてまで登りたいとは思わず、誰も登頂をしたいと言い出す者は居なかった。そんな時間があったら滑っています。
スカイバレイのゲレンデにはハーフパイプとプレジャンプ台があり、元気一番の山サルがジャンプに挑戦する。今日のスキーで俺は派手にこけまくる中、彼は一度もこけていない。立派!
全てのゲレンデを何回か滑ることになったが、コブコブで急斜面の”イーグルコース”だけは1回限りで誰も”もう一度!”とは言わなかった。滑り下りることは可能であるが、我々の技量では面白くないのだ。
ハイパーボール東鉢のゲレンデ上部を見る。ざっと見回すとボーダーが八割以上で時代の流れを感じた。
スカイバレイとハイパーボールを別ける”東尾根”から蘇武岳と妙見山を見る。
同じく”東尾根”から見たゲレンデ下部の風景。今日は望景より滑りに徹する。
俺は”迷子”にならないように青色の派手なジャンパーであったが、他の連中は地味な服装でゲレンデで見付け難い。若者らしくもっと派手なウエアにして貰いたいものだ。
ハイパーボール最上部の東屋から見た”氷ノ山”。”氷ノ山”は朝から何度も見ているが、山頂からガスが完全に無くなることはなかった。
兵庫100山』    職場の若い連中とスキー、ボードを楽しむ。(職場の遠足第5弾)