三角点 (457m)

標高差:350m
兵庫県西脇市

2012年01月22日


三角点が山名の山
山頂からの展望は良いが、後はどうってことない山だった。兵庫100山に選定されている”妙高山”と比べると格段に良い山だったのは間違いない。

兵庫100山に戻る

コースタイム 登り:51分、下り:45分
天気予報は曇りだったが、やけに天気が良くなってきたので、展望の良かった三角点に行ってみるが、やはり北上するに従い曇り空となってしまった。天気の良いのは瀬戸内側だけだった。
Road Map :R175を北上し、西脇から黒田庄に入り、福谷公園に向かう。Googleマップには山名が出て来ない。
福谷公園から見た三角点の山頂は尾根筋のちょっとしたピークであり、登山意欲をそそるものではなかった。
福谷公園の奥、荷神社の参道入口に2台分の駐車スペースあり。この先の林道はチェーンでクローズされている。
鳥居の羅列を抜けると広場となり、稲荷神社に上る。最初、神社の右側から伸びる道かと思い、入ってみるとコシダが繁茂しているので、左側に廻る。
何個あるのか知らないが赤い鳥居の羅列の中を進んで行く。
綺麗な鳥居の様に見えるが結構ボロイ。
コシダが登山道を覆う嫌な道となるが、長くは続かなかったので助かった。
兵庫の低山ではSTDの道を緩やかに登って行く。
左側の少し上に祠あり。写真に撮るものが何もないので写しておく。
明るい道ではあるが展望は殆ど無し。
前方のピークが山頂と思いきや
更に少し進むと石に覆われた石仏があった。(興味無し)
後は緩やかに登り下りを繰り返し、山頂に近付く。
山頂と思ったピークに登ってみると何の表示も無く、前方に更に高いピークが・・・あれが山頂か!
前方は三角点山頂。
ここまで樹間から展望出来るだけであったが、黒田庄が一望出来る展望所があった。
マイカーは樹木の陰で見えないが、稲荷神社は眼下に見えている。
31分にて”三角点”(457m)に着く。三角点の山名表示と三角点の表示があり、ややこしい山頂表示となっている。
右遠くの笠形山、千ヶ峰は山頂がガスに覆われてしまっている。今日、千ヶ峰に登られている方はお気の毒である。
北東には白山と妙見山が見えている。
東には西光寺山が見えるが、山頂はガスっている。
下って来た岩峰道を振り返り見る。昨日の雨でコケがまだ湿っており非常に滑り易かった。
南福谷コースで下山する。こちらのコースは終始展望が良く、コシダも登山道を覆うことなく気分良く歩ける。
コシダは最後まで登山道を覆うことがなかった。
登りの愛宕コースより、こちらの南福谷コースの方が、展望を楽しみながら下山出来るので数段雰囲気が良い。
林道を歩くこと3分で駐車地に帰り、下り45分で三角点を終える。今日は誰にも会うことなく終ってしまった。
林道に出る。ここにはしっかりした道標があった。
兵庫100山』   再び冗談ぽっい山名の”三角点”に行ってみる。
さんかくてん
前回と同じく右回りで周回する。