亀ヶ壷の滝

兵庫県 夢前町

2004年12月11日


滝の途中にある亀ヶ壺は急峻な崖を登らないと見えない、鎖もロープも無く、苔で滑り易い右側の壁を登り、亀ヶ壷の横でお昼にする。気温12℃、水温9℃、寒くはない。滝上に登って更に進んでも面白い所が無さそうなので、今日はここから引き返す。下りは登ってきた左側からは怖くて降りられず、右側(右岸)の壁を降りる。

1時間15分で駐車地点に帰り着き、2時間45分で亀ヶ壷の滝を終える。

夏には人気のありそうな亀ヶ壷であるが、この季節は思った通り誰も居なかった。山で誰にも合わなかったと誇らしげに語る人が多いが、俺は誰にも会わないのも寂しいし、話ししたいと思う

今日は沢歩きだけで息を切らすこともなく終わってしまったが、嫌だ、きらいだと言いながら急登がないと充実感が得られず不満足な達成感で終わってしまう、人間って勝手なもんだ。

最近サワガニが居ない。昔なら少し高い山の沢には沢山居たものだが、今日も岩をひっくり返して探したがまったく見付からなかった。田んぼのドジョウの様に環境破壊で居なくなってしまったのであろうか。

兵庫50山に戻る

亀ヶ壺は沢歩きだと聞いていたので夏に行きたいと思っていたが、いつの間にか
寒い冬になってしまった。この季節は誰も行かなくて良いかもしれない。
Road Map :夢前町から県道67号線を北上し、道標に従って林道に入る。
Route Map:林道終点手前から沢沿いに歩き、亀ヶ壺の滝を往復する。
林道は3.7kmと長いが別荘地までは比較的整備されている、倒木は処理されているがハイルーフなら天井を擦りそうな倒木の切り残りがある。
林道はまだ続いているがセダンではこれ以上無理と判断して空地に車を停める。
林道を歩き始めると道は崩壊しており倒木も処理されておらず、車を降りた地点が正解だった。
林道を塞いでいる倒木を乗り越えながら13分程歩くと”無名滝”が見え出す。
無名滝から先は倒木帯となるので一旦は河原に下りて迂回すると直ぐに廃家のある登山口となる、ここまで18分、昔はここまで車で入れた様だ。
登山口の廃家は台風にやれてたのか無残な姿になっている。
廃家の右側を進んで行く。
今日は沢歩きを覚悟して長靴を履いてきたので、荒れた登山道より水深の許す限り沢を歩く。兎に角、水が綺麗であり、生憎の曇天にも関わらずコバルトブルーに透き通っている。やはり夏に来て泳いで帰るのが正解か。ネットで見た天然滑り台も確認、段差の大きい所には申し訳程度のロープが設置してある。
杣道、沢にも倒木が多いが通行出来ない程ではない、最近は倒木慣れしてきた感じがする。
1時間で林道作業小屋跡に出る、必要で建てる人はいても撤去する人がいないのは残念だ。
林道作業小屋跡にから5分で見事な”亀岩”に出くわす。正に河原に潜むガメゴンの姿である。これがあるので亀ヶ壺の呼ばれているのか?
小さな滝であるが5m位の段差があり、左端にはロープが設置してある、細い汚いロープであるが頼りにはなる。
駐車地点より1時間15分で”亀ヶ壷”の滝に着く。
右端より亀ヶ壺までよじ登るが滑り易く手掛かりが無いので恐怖感一杯だった。
滝の中段まで登ると亀ヶ壺を見ることが出来る。