嫦峨山(266m)

2008年01月05日


兵庫100山に戻る

兵庫県御津町
思い付きで行ってみたが
黍田富士での歩きが物足らず、室津に海岸からの低山があることを思い出して行ってみるが、下調べがなく登山口が判らない。小さな峠に登山口らしきところを見付け、登ってみるが・・・
Road Map :黍田富士よ少し南側にあり、海岸沿いの山並みの一郭に山。
Route Map:峠から登るが縦走が長そうなので引き返して、直登コースを探すが見付けることが出来なかった。
標高差:203m(Y山まで)
嫦峨山敗退記
登山口も調べずに思い付きで来たものだから結局、山頂に立てずに終わってしまった。
御津山脈と称された縦走コースが設定されているらしいが、御津アルプスの名でなく
て嬉しく思う。
縦走路には、今日登ったY山以外にZ山、X山があるらしいが、こんないい加減な山名を
付ける位なら262mピークの方が随分良いと思うのだが・・・
リベンジは
リベンジ好きではあるが、あえてリベンジしたいとは思わない。又、何かのついでがあれ
ばちゃんと登山口を調べて登ってみようと思う。あぁー口直しがしたい。
御津山脈 Y山
じょうがやま
登山口は行き成りロープ場で始まり期待が持てたが・・・
峠に登山口らしき表示を見付けたが周辺に駐車スペースがない。
道路脇の少し広くなった箇所に車を停める。
御津山脈の縦走路を歩いているのは間違いないようであるが、
嫦峨山までの距離がさっぱり判らない。
踏み跡はしっかりしているが、道は雑木とコシダで覆われ展望は無し。
岩峰から眼下の岩見漁港を見る。倉掛、男鹿、家島が見えているが霞みで展望悪し。
ヤブ山を14分登ると展望の良い岩峰に出た。3本程のロープが設置してあり、下りはロープのお世話になる。周辺はイバラが多く何度も突っつかれる。
21分で”Y山”と表示された地点に着く。地図上の262mピークの様だ。このまま進めば嫦峨山に行けるであろうが、こんなヤブ道を縦走するは嫌なので下山して直登コースを探すことにする。
一旦下山して、”七曲り西”のバス停裏に踏み跡を見付けるが、踏み跡
は途中で消えて藪扱きになってしまったので、途中で諦めて敗退とする。
兵庫100山』   山歩きをするならせめて登山口だけでも調べておかないと。
今日は霞が酷く、折角の大展望であるが絵にならない。