飯森山 (901m)

標高差700m
兵庫県加美町

2003年12月28日


今日は日本海側も天気が良くなるらしく、昨日、大雪で敗退した飯森山に再挑戦する、林道入口は昨日確認しておいたので迷うことなく着けた。
林道入口のゲートの鍵は開いていたが、車で入って帰りに施錠されていると困るのでゲート前に車を置いて歩くことにする。
きれいに舗装された林道を歩いていると、杉の木に積もった雪が融けだし霧雨の様に降ってくる、時には雪の塊も落ちてくるので、折角、天気が良いのに服がぬれてしまう。

林道は何度か枝分かれしているが、カシミールの地図通りに沢沿いに進んでみる、途中には登山口方向を示す標識は何もなく不安になってくる、林業をしているおじさんに話をしてみたが、”登れるかもしれないがこの雪では無理じゃないの”と言われてしまった。
林道歩き40分で林道終点となる、登山口の標識はないがテープのマーキングがあったので、ここに間違いないと思い藪の中に入っていくが道らしい道は無くマーキングも3ヶ目で無くなってしまう。

しばらく藪扱きをして進んでみるが雪が深くなってきて歩くのも困難になってきたので、断念して引き返すことにする。
山を降りてから高坂峠から登ろうと向かってみるが林道が落石で封鎖されておりこちらから登るのも断念。

今日は飯森山を諦めて大井戸山に登ることにする。

昨日の雪で山は白いが今日は天気が最高、期待が膨らむ。

林道入口のゲート。何故かタイヤのゴジラが見張っている。
ゲートからは舗装された立派な林道が続く。

積雪は深くなって来る。踏み跡がまったく無い苦手のパターンだ。

昨日に続いて二日連続の敗退となってしまった。
敗退地点から上を見上げると明るいので縦走路は近い感じがしたが、冬山は怖いので諦めることにした。
高坂峠から飯森山までは長い縦走路なので行きたくなかったが、しかたなく向かったがこちら側も落石で道路封鎖。今日は最高の天気だが飯森山は諦めることにした。
カシミールの地図は便利に使っているが、結構、当てにならないところも多い。

林道終点から藪の中に入っていくがバージンスノーで登山道が判らず、雪が深くなってきたので直ぐに敗退、登頂は断念する。

兵庫100山に戻る

いいもりやま
兵庫100山』   積雪で登山道が判らず途中敗退する。
登山道に入ってからは積雪で登山道が判らず、途中敗退となる。
R427から見た”飯森山”(中央)
タイヤの廃材だけで出来ている中々の力作だった。