生野学園〜天狗岩〜千町峠 縦走往復

標高差 750m
兵庫県生野町

2004年04月17日


生野学園高校より天狗岩を眺めた時、”雪彦山より低い、1時間は掛からない”と思ったが、おっとどっこいであった。
生野学園を通り抜けてグランド手前の林道から登り始める、林道入口には標識もガイド板も何も無い。
四駆でやっと走れるくらいの荒れた林道を登っていくと、取水口の太いチューブがあるところで林道は終わってしまう。沢を渡り、林の中を沢沿いに歩いて行くと再び林道に出る、林道は途中で崩壊していた様だ。
沢沿いの林道は簡易舗装の跡がまだ残っているが、かなり崩壊している。直登のマーキングがあったが、藪扱きはきらいなので林道を歩くことにする。途中、三叉路となり判らないまま右へ曲がる、だんだん林道の面影をなくしていき、崩壊が益々激しくなっていく。林道は細くなり登山道の様になり終点となる。
もう登山道もマーキングも無い、天狗岩を目指してガレ場をひたすら登る、やたら枯れ枝が多く、頼りに掴む枝がボキボキ折れてくれる。大岩が現れる度に天狗岩かと思うが、一の岩、二の岩と言うのがあるらしい。大岩を回避しながら登っていくと天狗岩の壁にぶち当たる、天狗岩の下に立つと周りは崖で迂回するところが無い、手掛かりの無い3m程の垂直の岩を慎重に登る、天狗岩までは1時間30分も掛かってしまった。
天狗岩からの眺めは中々のもので、眼下のグランド横にmy car が小さく見え、923mピークへは崖を降りて鞍部からの登りとなる。923mピークから高星山まではやけに広い尾根となり、どこでも登山道の感じになるが踏み跡は皆無、方向を間違わない様に常に尾根の一番高い所を歩く。
2時間で高星山を通過、標高差のほとんどない尾根が続く、途中、太田調整池、夜鷹山、暁晴山が見えた。
2時間45分で1051mピークに着く、先週、ここを平石山と勘違いして登ってしまった、今回の縦走で間違いに気付く。
3時間15分で平石山を通過、後はピークが次々現れどこがどこか判らなくなってくる。前方には段ヶ峰、千町ヶ峰の展望が広がり、悠友山荘が見え出すが、まだ遥か遠い、低木のアシビが一面を覆いつくし、正面切って歩くと薮扱きとなる、尾根の端を歩けば薮扱きはかなり回避される。
4時間30分で千町峠に着く、段ヶ峰に登ろうかとも思ったが、帰りの時間を考えて写真だけ撮って直ぐに引き返すことにした。
帰路はすんなりと終わるはずであったが、平石山で支尾根に入ったのを始め、高星山でも大きく道を間違いその都度、登り返しとなる。
923mピークからの下りも何度も降りれない崖に突当たり、その都度登り返す。
天狗岩からの下りは登りの苦労を忘れさす程の困難となり、よく登ったな!の崖が続き、腕に擦り傷を沢山作る羽目になる、犯人は香りの良い山椒の木。最後の留めに顔を洗った沢にストックを忘れ、これまた登り返しとなる。
色々あったが9時間半で無事縦走を終える。

県道39号線から見た天狗岩の岩石群、高い山には見えなかったが、急登で時間を要してしまった。

林道入口より見た天狗岩。本当に登れるのか? の急斜面。
生野学園グランドへの道路途中にある林道入口、登山口の標識等は何も無い。(電柱の左横)

かつては林道だったと思われるが、今は荒廃してガレ場となっている。

林道が終わると登山道は無い。山頂に向けて適当に登るが急峻な斜面に困難が続く

1時間30分にて天狗岩のてっぺんに立つことが出来た。
天狗
岩から見た隣りの岩塊。

天狗岩より見た次に登る923mのピーク。一旦、小さい鞍部に降りて登りが始まる。
天狗岩から見た栃原の集落。天狗岩の危険箇所は一人なので写真に収めることが出来なかった。
2時間を要して”高星山”(1,016m)に着く。
三角点が無ければ尾根の続きとしか思えない小さなピークだ。
高星山までも、その後もだだ広い尾根が続く。テープのマーキングは多いが踏み跡は全然無い。
太田調整池、峰山高原、右ピークは夜鷹山。
アセビが多い山であるが、まだ全山満開にはなっていない。
なぜか標高の高い部分では満開になっている所がある。
平石山の次の1067mピーク、アセビの林が続く。
平石山を過ぎた辺りから千町ヶ峰方向を見る。杉と雑木の境目が縦走路、千町峠まではまだ遠い。
以前、縦走した達磨ガ峰〜段ヶ峰、帰りに歩いた林道を見る。
”ヒロシガ山”(1,042m)に着く。
ここもピーク感がなく、平地となっていた。
行く手を阻むアセビ林、正面を切ると薮扱きとなる。
4時間30分で千町峠に着く
天狗岩への見積もりが甘く予定より30分も遅れた。
2年前は改築中だった悠友山荘もすっかり新築されていた。ここから段
ヶ峰は30分の距離だが、もう時間が無いので直ぐに来た道を引き返す。

元々、薮扱き、縦走嫌いなのに、先週出合った貧乏性のおじさん(58歳)が縦走出来るなら俺は縦走往復をして百名山のトレーニングにしようと思い立った。
が、天狗岩へは想像以上の急登であり、特に下りは苦労した。

行きは天狗岩からのマーキングの多さに嫌気がしたものであるが、帰りに道を間違うとマーキングを探してウロウロと徘徊し、マーキングを見付けると言い様のない安堵感を覚えた。
天狗岩への登りは岩を回避しながら登ればよかったが、下りは何度も崖っぷちに突当たり、その都度引き換えして迂回した為、結構な時間を使ってしまった。天狗岩まではマーキングは皆無だった。他に道があるのかも知れなかった。

兵庫100山に戻る

兵庫100山』   片道4時間30分の縦走尾根を往復する。
これから”天狗岩”に登るのだが、本当に登れるのか?
千町峠まで縦走し、同じコースを引き返す。戻り時の方が道間違いをし易い。