播磨アルプスマップ
(公式マップではありません)




登山道の紹介(登山口の名称は正式名ではない)
@:北池登山口。近くに小さいP有り
___神社の裏側から登山道は始まる。奥山(183mピーク)、中塚山、小高御位山分岐を経て1時間20分で山頂へ。
A:祇志方登山口。小さいP有り
___太閤岩を通り奥山(183mピーク)で@の縦走コースに合流する。
B:北山登山口。鹿島神社のP有り
___神社横から登り始め、鉄塔のある中塚山で@の縦走コースと合流する。
C:成井登山口。P有り
___駐車場の横から小高御位山へ直登する。ネジキの咲く岩盤を登り、展望の良い小高御位山から@の縦走路に合流する。
D:成井登山口。P有り
___参道途中から通称”けもの道”に入り参道と合流する。ここを通る人は少なく急登の面白い登りが出来る。初夏にはササユリが咲く。
E:成井登山口。P有り
___階段で整備された参道。一番利用されているが山歩きとしては面白くない。頑張れば20分で山頂に着く。展望は良い。
F:長尾登山口。P有り
___南面の岩峰を直登する。途中からエスケープルートがあるが直登の方が面白い。
G:長尾登山口。P有り
___集落の奥に登山口があるので見つけ難い。下り口は簡単に見付けることが出来る。
H:一ノ谷登山口。P有り
___公園の遊歩道奥に登山口がある。縦走路までは20分程の登りであるが、高御位山までは更に30分掛かる。
I:馬ノ背登山口。P有り
___岩盤剥き出しの尾根を登り、縦走コースに合流する。終始展望は良い。
J:豆崎登山口。P無し
___工場の裏側に登山口があるが標識を辿れば見付けることが出来る。高御位山までは相当遠い。
K:鹿島神社登山口。P有り
___神社裏から展望所、百間岩、鷹ノ巣山を経由する一般的な縦走コース。
L:Kのバリエーション。P有り
___散策道を経由して百間岩途中に出る。
M:日吉神社登山口。P無し
___日吉神社横のゴミ捨て場に登山口があり見付け難い。209mピークを経由して縦走コースに合流する。
N:佐土新登山口。P無し
___三徳池の横から登山道は始まるが見付け難い。桶居山を眺めながらの登山道はアルプス感がある。尾根の反対側にも登山口有り。
O:深志野登山口。P無し
___民家の裏手に登山口があるので超見付け難い。桶居山を経由しての高御位山への行程は3時間以上掛かる。
P:高御位山神社登山口。P有り
___断食道場から小高御位山の鞍部に登山道があるが、薮道であり、イバラ、山椒の刺のある木が多い荒れた道。
Q:修験場からの登山道。P有り
___鞍部からのPの下り口の丁度反対側の道を下ってみる。断食道場側への道程ではないが結構な薮道であり、クモの巣が多く難儀する。___下山途中から沢沿いの道となり、梅雨の季節だけかも知れないが高御位山では滅多に味わえない沢音を聞きながらの歩きとなる。
___下り終わって出くわした所は神社の裏にある修験場だった。ここには小さな滝があり、昔、正月にここで滝に打たれている人を見て
___驚いた経験がある。あの時はここに登山口があるとは思いもしなかった。
R:魚橋登山口。P無し
___縦走路から下って登山口を見付けることが出来たが、採石場の奥からの登山道は地元の人でないと判る訳がない。
___ここも高御位山独特の岩盤登りがあり、中々面白い道であるがマイナーな道故、クモの巣に悩まされた
S:馬ノ背途中への登山口
______馬ノ背登山口からの遊歩道を進んで行くと奥まった所に鉄製の階段が現われる。これを登っていくと馬ノ背の鉄塔上に合流する。
21:佐土新からピークへ直登
______神社横から展望所を経由して岩峰をよじ登る。
22:佐土新からの尾根道
______林道を進み途中から尾根筋に登る。下山時には分岐がわかり難い。
23:別所高校からの登山道
______峠からは何の表示もないがしっかりした登山道が通っている。途中敗退で登山口は確認出来ず。一体はきのこの宝庫。
X:魚橋登山口から採石場跡。P無し
___コシダに覆われた荒れた薮道があるが、登山道とは言い難い。クモの巣と薮蚊の猛襲に耐えてまで行く所では無い。
S:北コース
−−−数少ない北面、県道65号線へからのルート。途中のヤセ尾根からの展望良く変化あり面白いコース。