高御位山(305m)

2010年06月27

兵庫県 加古川市

早朝は雨が降っていたが朝方に上がり、庭仕事をすることが出来た。このクソ暑い時期に低山歩きはないであろうが、短パン、ウエストバックで軽く高御位山を周回することにした。
兵庫50山に戻る

高御位山のハイカー
大きなザックを担ぎ、CX−Wタイツを履いた本格的なヤマラーからサンダルでペットボトルを持っただけのあんちゃんまで、高御位山の参道を登ってくる人は様々だ。
高御位山のササユリ
ササユリが咲いているとのニュースが入って来たのは3週間前、もう遅いと諦めていたが参道にはまだ咲いていた。けもの道まで足を伸ばせば群生が見られるであろうが、ササユリはもういいやの感じで見には行かなかった。
Road Map:加古川市、高砂市の市境にある山、播磨アルプスとしては姫路市まで伸びている。
Root Map:参道のある成井の登山口から小高御位山を経由して簡便に周回する。
たかみくらやま
周回コースタイム:1時間19分
成井の道路から見た”小高御位山”と”高御位山”、曇天ではあるが雨は降らない感じ。
土日に限らず、いつ来ても一杯の成井の駐車場。道路にも数台が停まっていた。
成井からは定番の小高御位山から周回することにする。いつも気になる曲がりくねった松の古木、良い盆栽になりそうだ(でも松の木は嫌い)。後ろは高御位山。
この岩盤を登れば高御位山に出る。
程なく”小高御位山”に着く。山頂は樹木が茂っているが東側の岩からは展望が得られる。参道と違いいつも殆どハイカーが居ない静かな山である。
小高御位山の展望岩から見た東面の景色。平荘湖までは良く見えているが明石大橋は見えていない。
小高御位山から見た高御位山。山頂には数名のハイカーが見えている。
高御位山への登り途中から見た小高御位山。双耳峰ではあるが、それ程の大した名前は相応しくない。
最初の岩盤を登り、小高御位山を振り返り見る。
最後の岩盤を登る。これを登り切ると参道と出合い、ベンチがあるので多くのハイカーが休憩していた。
”高御位山”(305m)に着く。山頂には風が通り、汗を描いた体には涼しく感じる。
いつもの展望ではあるが、今日は曇り空で見通しが悪く、見栄えがしない。