〔099〕先 山 (448m)

兵庫県洲本市

2009年12月12


兵庫100山に戻る

標高差:330m
Road Map :淡路鳴門道を洲本ICで下りて、県道489号線を北西に走り、下内膳から淡路鳴門道を潜る方向に向かう。
Route Map:車を停めた場所は不明、下内膳からの参道を往復する。
ウィキペディアから
兵庫県洲本市上内膳にある山。 標高448m。容姿が富士山に似ていることから「淡路富士」の愛称もある。
頂上には千光寺があり正月には初詣客で賑わう。 展望台からは三原平野や四国などを望むことができる。
また、洲本川の水源となっている。
本山と諭鶴羽山(608m)、柏原山(569m)で「淡路三山」とも呼ばれる。
コースタイム 登り:49分、下り:31分
次の山候補
下山時、地元のばあちゃんハイカーに淡路島での良い山を尋ねると、一番に”諭鶴羽山”が出て来た。そこは登っていると言うと次に”妙見山”と”柏原山”を薦めてくれた。
妙見山はもの凄くきついと言う。柏原山は長い林道を歩くらしい。共に興味が湧かないので、かつてから行きたかった成ヶ島の”成山”に行くことにした。
せんざん
淡路SAより”明石大橋”を見る。人の手で造られた物には興味が薄いが、明石大橋の造形美には惚れ惚れする。SAはかつての混雑は無く落ち着いた感じに戻っていた。
兵庫県内を大迷走
当初は室生山、親不知を登るはずだったが、日本海側の天気予報が悪く、中山、大峰山に切り替えようとしたが、今日の相棒は既に中山、大峰山に登っており、予定通り室尾山に登りたいと言う。まずダメだろうと思いながら和田山まで行くが小雨の天気、それではと親不知の福知山に向かうが、こちらもガスって小雨が降っていた。ならばと淡路島に向かうと天気予報通り瀬戸内側は薄曇りながら晴れ間も出ていた。
広い参道は舗装されており、車で走れるが、直ぐに車止めがあった。道端には丁石があり、十五丁で山頂、千光寺となっていた。十五丁は高御位山と同じだ。
急遽、淡路島に進路変更したので登山口が判らない。道に迷いながら適当な場所に車を停めて9時24分、適当に歩き始める。直ぐに下内膳の参道に出合えた。
セメントで作られた長い階段を過ぎると穏やかな自然道となり、普段見慣れない雑木が茂り雰囲気は良かった。
展望の利かない参道ではあるが、途中、洲本市街、淡路鳴門道が見える地点があった。
29分、切通しの様な所が十丁目となる。ここまで穏やかな道であった。
何やら建屋が見えてきた。
お茶屋があったが営業はされていない様だ。この先で山頂駐車場からの道と出合い、その先にもお茶屋があったが、共に営業はしていない様だった。
電話番号が消されているくらいだからしばらくは営業していないのだろう。
展望所があったので寄ってみる。大した展望ではないが洲本市街、大阪湾が見えていた。この後、山頂からは展望が得られないことが判る。
千光寺への長い階段、本日一番の急勾配。山頂駐車場からの参拝者もこの階段を登ることになる。
展望所横にあった石碑、ここから長い階段が始まる。
両側に仁王さんが立っている仁王門を潜り”千光寺”に入る。
49分にて”先山”(448m)に着く。山頂一体は千光寺の建造物で占められ、周辺を一周してみるが山頂表示も三角点も見付けることは出来なかった。
仁王門を内側から見る。
三重宝塔
下山後、すき家で昼飯を食っていると、お陽ひさんが出てきて先山が綺麗に見えたので写真を撮っておく。この山を”淡路富士”と呼ぶには少し抵抗感あり。
兵庫100山』  天気を求めて淡路島まで来てしまった。