〔097〕甲 山 (309m)

標高差:123m
兵庫県西宮市

2012年01月05日


兵庫100山に戻る

兵庫100山』  寒中低山ハイク。
甲山は山登りの対象には成り得ない丘の様な山であるが、西宮市街のどこからでも見える我が故郷の山であり、幼少期には良く遊んだ懐かしい山である。機会ある毎に登ってみたい山である。
Route Map :阪神高速を西宮I・Cで下りて真っ直ぐ北上すると甲陽園に入り、そこから神呪寺へ。
コースタイム 登り:13分、下り:11分
神呪寺前の参拝者用の駐車場。毎回、ここに車を停めさせて頂いている。
境内の片隅にある展望所に寄ってみる。
参道の階段を登れば神呪寺の境内に着く。
展望所から見た大阪平野。夜景には定評のある場所であるが、夕刻には冴えない展望が広がるのみ。
遊歩道的に整備された歩き易い道がジグを切って山頂に伸びて行く。
二重の搭の後側から登山道(?)が始まる。
登山道から所々で展望が得られる。展望所から見た景色と同じであるが、標高が少し高くなった分、こちらの方がマシ。
13分にて”甲山”(309m)に着く。三角点横には立派な山頂標識があり、山頂の小石を片付けたのか、小さなケルンが出来ていた。
山は急斜面であるが、道はジクを切って穏やかに作られている。
行楽シーズンには子供が走り回っていると思われるだだっ広い山頂であるが、真冬の夕刻のこの時間には一人も居ない。
山頂中央の訳の判らない記念碑。
甲山自然観察池側へ下りる道。
北山貯水池側へ下りる道。時間があれば歩いてみたかった。
北山貯水池の向こうに沈む夕陽。シルエットの山は”ゴロゴロ岳”
下山はたった11分、車で北山貯水池に行き、甲山を眺める。
前にも書いたが、子供の頃(50年前)よく遊びに来た時はハゲ山で山頂からの展望は抜群だった。50年の年月が樹木を成長させ展望の利かない山に変わっていた。昔はハゲ山だったのでカヤ状の草を束ねてソリを作り、山頂から滑り降りたものだった。
かぶとやま