〔096〕六甲山 (931m)

2012年02月04日



兵庫県神戸市
再度、芦屋地獄谷へ
六甲山系で好きな山はロックガーデン周辺である。前回、楽しかった地獄谷を歩きたく再度行ってみる。
六甲最高峰は序でに行くだけで、今回の目的ではない。
Road Map :阪神高速道を深江ICで下りて芦屋川に沿って北上する。
Route Map:滝の茶屋駐車場から地獄谷を通り、六甲最高峰を往復する。
    標高差:約768m
累積標高差:1,294m
六甲山系で一番好きな山
六甲山を全て歩いた訳ではないが、知っている範囲ではロックガーデン、荒地山周辺が一番好きな界隈となる。ただハイカーの多いのが玉に傷。
地獄谷のリベンジを予定
2回目の地獄谷なのに、枝沢に入り込んでしまいA懸に行くことが出来なかった。
下りで、その道間違いを検証しようと向かったが、それも適わず。もう一度、地獄谷から上って再度、A懸に到達してみたい。その時には風吹岩までで下山する予定。
登り:3時間19分下り:2時間57分(共に道間違い多し)
滝の茶屋の手前には車5台程の駐車場がある。ここに車を停めることが出来れば随分楽な山歩きとなるので、寒い中、早朝に自宅を出て6時30分に駐車場着。無事、車を停めることが出来た。
6時43分に滝の茶屋を通り、登り始める。既に毎日登山者と思われるジジーが散歩していた。
沢に下って”地獄谷”に入る。
高座ノ滝”を見送り、一登りする。
いつの時か、この大岩も山から落ちて来たのだろう。
人気のまったくない地獄谷を上って行く。
左写真の滝を上から見た図。
沢水の少ないこの季節であるが、小さい滝が次々と現れる。
少し落差のある滝は全て高巻きして行く。地獄谷は踏み跡がはっきりしていたり、まったく無かったりであるが、兎に角、沢沿いに進んで行けば良い感じ。
標高を稼ぐに従い、凍っている個所が増えてきたが、最近の寒波でもっと凍っていると思っていたので期待外れである。
この滝も当然高巻きで逃げる。
(この滝は前回、正面突破している。)
半分凍っている岩峰を登って行く。
結構、大きな滝が出て来て、当然、高巻きする。
前回見たことが無いアルミの梯子が出てきた。どうも枝沢に迷いこんでしまった様だ。道間違いであるが、どこからでも行けるだろうとそのまま進む。
前方に空が見えて来て急斜面を攀じ登るとハイキングコースに出た。そこからはロックガーデンも風吹岩も見えなかった。左へ進むと道標があり、方向が違うことが判り、道を戻って右側に進む。既に自位置が判らなくなっている。
中々、ピラーロックで出ない。方向が違う沢を歩いている様だ。
道成りに進んで行くと”横ノ池”の西側に出た。これで風吹岩を通り過ぎていることが判ったし、六甲最高峰への道は横池の東側を通るはずなので、再び、道間違いをしていることも判った。横池の水面は歩けるのではないかと思う位、凍っていた。横池を廻って正規の道に戻る。
六甲山へのもっともポピュラーな登山道に戻り、山頂を目指す。
展望岩に登ってみると、盆栽で言う”吹流し”の綺麗な樹形のマツがあり、その向こうには芦屋、西宮、大阪湾の展望が広がっていたが、この天気にしてこの霞みはないだろうと思う程、展望は冴えなかった。
多くのハイカーに固く踏み固められた登山道を淡々と進む。
途中、六甲山最高峰を見る。山頂付近はまったく白くないので樹氷は見られないのだろう。
六甲山には特筆したピークは無く、最高峰と言えど、山脈の一郭にしか過ぎない。
2時間15分にて東おたふく山への分岐となる”雨ヶ峠”に着く。東屋で休憩していたジジーに挨拶代わりに道を聞くと丁寧に教えてくれた。
下り終えて小さな沢を三度渡る。飛び石があり沢渡りには問題なし。
雨ヶ峠を過ぎてからは下り続ける。
広場に出た。右へ進めば奥池から芦有道路に出られる様だ。
下り時はこの分岐から五助ダム側へ周回しようと思っていたが、登り時に風吹岩に行けなかったので、今日はピストンすることにする。
標高が上がり凍て付く道となってきたが、気を付けて歩けば問題なしだった。
しばしきつい階段道が続くが長くはなかった。総じて穏やかな登り道が多い。
最高峰への管理道路は一面の積雪だった。斜度が緩く、まだ踏み固められていないので、スリップすることはなかった。
3時間10分にて一軒茶屋に着く。この時期、山頂道路に車は走っていないものと思っていたが、平気で車が往来していた。これが六甲山の面白くない所だ。
3時間19分にて”六甲山最高峰”(931m)に着く。六甲山には10回以上登っているが、最高峰に来のは2回目だ。
山頂に聳える味気ない電波搭。
最高峰から少し南に下りた展望所から見た大阪湾への大展望。ではあるが、霞みが酷過ぎる。
同地点より六甲山の展望台がある西側を見る。
下山時、電波搭管理道路から見た展望が一番良かった。
下りの凍結路は要注意、スリップに注意してゆっくりと下る。
先程、息を切らして登って来た道を引き返す。
二つ目の渡渉。
単調過ぎる登山道で渡渉だけが雰囲気を良くしてくれる。
下山1時間にて”雨ヶ峠”に戻る。ここまでも多くのハイカーとすれ違ったし、この峠にも多くのハイカーが休憩していた。
流石、六甲のメインルートだけのことはある。
三つ目の渡渉を終えると登り返しの道に入って行く。
アカマツ林の雰囲気の良い登山道に見えるが・・・
目を左に転じれば”芦屋ゴルフ場”が広がっており雰囲気台無し。ゴルフ場近辺では獣柵のゲートを開け閉めして通る。
下山1時間40分にて”風吹岩”に着く。登り時に通る予定であったが、ニアミスで通らずに登ってしまったので、下山時に寄ってみた。六甲山は山頂まで行っても詰まらないので、風吹岩、荒地山周辺で充分と思う。
風吹岩のてっぺんから見た”荒地山”面白いのは右側の岩峰だった。
同じくてっぺんから見た阪神の市街地と大阪湾。標高は低いが、市街地に近い分、六甲山頂から見る展望より風吹岩からの展望の方が迫力がある。オフシーズンにも関わらず、このハイカーの数は凄い。
ウリボウは見掛けなかったが、4年前に見たネコと同じかどうか判らないが、1匹ネコが居た。
風化した花崗岩が砂となり堆積しているので、非常に滑り易い。ここまで来るとハイカーは居らず、静かな山域となる。
登り時に地獄谷からここに出るはずであったのだが、枝沢に入り込んでしまい通ることが出来なかったので、下山時に寄ってみる。
万物相”を下り、振り返り見る。この辺りにピラーロックなる尖がり岩があったらしいが、地震で崩壊したとか。詳細は判らない。
この右の岩に登ってみるが、結局、元の所に下ってしまった。
A懸に行きたくて周辺をウロウロするが、行ったり来たりの繰り返しで中々、行きたい所に行けない。
地獄谷から下山するのは諦めてハイキングコースに戻る。途中で地獄谷から伸びる垂直の岩峰が見えて、次回、地獄谷に行く時には確認したいと思った。
目の前に見える”A懸”に行く道が見付からない。前回は地獄谷から簡単に登れたのだが、今回は藪扱きしてまで行くのは止めておく。
過去2回、この道を通っているのだが、こんなに厳しい道だったとの記憶がない。
記憶からは消えていたが、ハイキングコースに戻るとハイキングコースとは言えない厳しい道が続くのに驚いた。
下山3時間弱にて滝の茶屋の登山口に戻る。
この急峻な道を小さな子供も登って来ている。
3℃と気温は低いが谷間で風が無く、防寒服を着ていると暑くてしょうがない。
ジャンパーを脱ぐが、脱ぐと汗を掻いた背中が寒い。中途半端な気温である。
山頂では写真だけ撮って直ぐに下山する。
(後日、'08年1月に登った時の写真を見てみると、HPには掲載していないが、
 この梯子が写っていた。  ここまでの道は正解であり、この先で間違ったのだろう。)
(この滝は前回の写真には写っていない、
  この時点で枝沢に入り込んだ様だ)
地獄谷〜ロックガーデンへ

ろっこうさん

関西百名山
兵庫100山』   芦屋地獄谷からロックガーデンを経由して山頂へ。
関西百名山に戻る
 兵庫100山に戻る