芦屋地獄谷

兵庫県芦屋市

2016年04月15



Road Map :阪神高速をフルに使うと自宅から登山口までは1時間も掛からない。
Route Map:滝の茶屋を基点に右回りで地獄谷〜ロックガーデン〜荒地山を周回する。
芦屋ロックガーデン
滝の茶屋から六甲最高峰へ登る道は途中にゴルフ場も通り面白さに欠けるハイキング道であるが、マニアックな地獄谷からロックガーデン、キャッスルウォールから荒地山のコースは変化が多くお勧めの面白いコースだと思っている。同じ事を20数回来られているハリソン・フォード氏も六甲山系で一番面白いコースだと言われていた。ヨセミテを歩いたことのある人からの言葉なので本物だろう。
今日も又道間違い
以前から道間違いのミスが多いので、今日こそはと思っていたが、又やらかしてしまった。キャッスルウォールを通ることに執着してしまったので登り返しをしたが、道間違いのまま下山しても車に戻ることは出来たのだが、相当きつい道無き道を登り返してしまったので精神的に落ち込んでしまった。
    標高差:392m
累積標高差:684m)
六甲山系で好きな所は芦屋地獄谷と荒地山が上げられる。久し振りにそれを一挙に周回したく出掛けてみる。高座の滝に一番近い駐車場は直ぐに満車になるので、平日の朝早くから登ることにする。
荒地山(549m)
登り:2時間11分(荒地山まで)
下り:1時間50分(荒地山から、強烈な道間違い時間含む)
コースタイム:4時間00分
ロックガーデンへのハイキングコースはまず、滝の茶屋のお店の中を通ることになる。近くには2ヶ所にトイレあり。
ロックガーデンに行くには一番便利な滝の茶屋前の駐車場は狭くて土日なら直ぐに満車になってしまうのであるが、今日は平日、しかも朝早いので一番乗りが出来た。気温13℃で暖かい、7時44分に出発する。
直ぐに高座の滝がある護摩堂に着く。毎日登山風のじいさんがストレッチをしていた。
落差10m程の”高座の滝” 普段は水量が少ないが、一昨日の大雨で今日は充分な水量が流れていた。
高座の滝からひと登りして地獄谷へ下りる。ここの入口には道標が無く、知る人のみ知る。のマニアックなコースとなっている。
砂地の沢に降りると流石感知用のワイヤーが健在だった。流石のデブリを登ると地獄谷が始まる。
沢水が少ないのが幸いして靴を濡らすことはなかった。
地獄谷に入ってしまえば登山道は無いに等しい。
大きな岩の間を適当に登って行く。
右側の斜面で高巻きする。
小さな滝は数多く出て来る中で、最初の2段滝は正面突破が難しそうなので右側の斜面を迂回する。
この小さな滝も滝横が滑りそうなので右側から高巻きする。
高巻きの踏み跡も急斜面で木の根っこを掴みながら這い上がる。
ここは問題無くと言えないが、登ることは出来た。
ステップが一杯あるが傾いているので滑り易い。
靴底を濡らす程度で通過することが出来た。
沢歩きの本髄となって来る。
ここも簡単に通過することが出来た。沢登り感で一杯だ。
一見、行き止まりの様に見えたが、沢は左側に続いていた。
高巻きの斜面は歩き難く、正面突破すれば良かったと後悔する。
前回、この滝には水が殆ど流れておらず、正面突破出来たが、今回は水量が多く周辺が濡れて滑りそうなので左斜面から高巻きすることにした。
この滝は乾いた岩を登ることが出来たので楽チンに通過することが出来た。
高巻きの斜面は滑り易く、しかも古いロープは短くて登るのに難儀する。
この滝も前回は滝の左横を登っているのであるが、水量の多さから、今回は高巻きすることにした。沢登りに来たのに高巻きばかりしている感じだ。
ロックガーデンに行くには”小便滝”が流れている右側の枝沢に入る必要がある。小便滝の上にも小便滝が流れていた。
正面に大きな堰堤が見えて来た。2回目の地獄谷は堰堤への立派な踏み跡を追ってしまい、違う所に行ってしまったが、今回は我がHPで充分と予習して来たので、道間違いをすることはない。手前の小さな滝(?)が小便滝である。
小便滝の直ぐ上の”小便滝” どちらが本家なのだろう?
”小便滝”は水の流れていないことも多いらしいが、今日は小便らしい滝を見ることが出来た。
沢水は少なく靴を濡らすことはなかった。しかし、大雨の後では難儀するかも知れない。
ゴルジュ状の枝沢に入って行く。
ちょっとした広場になっていて、ここで沢水が無くなる。この先はロックガーデンの入口、A懸垂岩となる。
ここは滝の左側の岩をよじ登る。
左側の岩峰が”A懸垂岩”の下端となっている。
前回、この岩峰をボルダーで挑戦してみたが、怖くて真ん中辺りで止めている。登るより下る方が怖かった。しかし、ボルダー岩なのにステップを切るのはインチキではないか?
アイゼントレーニングがされたのか、岩肌には爪による引っ掻き傷が沢山付いていた。
”A懸垂岩”の登り途中からロックガーデンの一郭を眺める。
まずはご挨拶代わりに”A懸垂岩”に登ってみる。
しばらくお話ししてから、軽やかに下って行った。
A懸垂岩のてっぺんでハリソン・フォード氏が待っていてくれた。
地獄谷から登って来たと言うのでマニアックな方だ。ロックガーデン、荒地山が好きで20回以上来ているらしい。今日も荒地山に行くと言われていたので、おいらとは逆回りであるが同じコースを歩くことになる。
来日20年で日本語がペラペラで助かった。関学で英語の先生をしているらしい。
56分にて”A懸垂岩”に着く。ロックガーデンには道が一杯ある割に道標、標識が一切無く、迷いの
岩峰である。20回以上来ているハリソン・フォード氏もB懸垂岩がどこなのか判らないと言っていた。ロックガーデン周辺はツツジの花が満開となっていた。
A懸垂岩からは芦屋、西宮の大阪湾への展望が開けているが、相変わらずのかすみで見通しは悪い。
逆光になってしまったが、A懸垂岩のてっぺんを振り返り見る。
ロックガーデンは砂で滑り易い道(?)が一杯あり、自分がどこを向いてどう歩いているのか判らなくなってしまう。ハリソン・フォード氏の後を付いて行く。
ハリソン・フォード氏が送ってくれた写真にはたどたどしく歩くおいらが写っていた。貴重な写真、有難う御座います。
風化した花崗岩がロックガーデン独特の景観を見せてくれている。
これも道?
これも道?
A懸垂岩を見るが、表示が無かったので、これが本当にA懸垂岩なのかは定かではない。
前回、A懸垂岩から続く尾根ででつまずいて膝を岩に打ち付け血だらけで歩き続けたことを思い出す。
先ほど、ハリソン・フォード氏がこのロープ場を登るのが見えたのであるが、写真を撮るには遅過ぎた。
通過してから振り返り見たトラバース路であるが、路面が砂地で滑り易く、危険な道ではあった。
ピークに登ってからの下りには古びたロープが設置してあった。
途中には垂直の崖もあった。
本名はお聞きしているが、掲載して良い物かどうか?
同じ方向に進んでいたので又、会うことが出来た。
お歳を聞くとおいらと同じ66歳であるが、おいらより半年以上若い方であった。スキューバーもRCもやっていたと言うので経歴もおいらと良く似ている。
名勝”ピラーロック”からハイキング道に出て、彼はキャッスルウォールに下り、荒地山に登ると言うので、一旦、お別れとなるが、俺は風吹岩側から荒地山に行くので、どこかでもう一度会えるはずである。
1時間37分で名勝”風吹岩”に着く。
ハイキング道を風吹岩に向かう。前回、下ったことのあるキャッスルウォ
ールへの道には道標がなかった。激下りで二度と行きたくない道ではある。
土日なら多くのハイカーの休憩地であるが、平日の今日はハイカーが殆ど居らず静かな”風吹岩”だった。
”はいポーズ!”と声を掛けると快くポーズを取ってくれて関西人の乗りの良さを実感する。関東で同じことをすると、”何?この人!”となってしまうのだろう。トレランで六甲最高峰まで走るらしい。
風吹岩からの六甲最高峰に続くハイキング道。
”横ノ池”に寄って見る。風吹岩で出会ったカップルが良い感じで風景に溶け込んでいた。”仕事さぼったのか?”と聞くと今日は休みだと言っていた。六甲最高峰まで行くらしい。
ハイキング道を更に進む。
荒地山への分岐を探しながら歩いていると、ちゃんと道標があった。
荒地山への樹林で覆われた道を穏やかに登って行く。
この道は過去2回下りに通ったことはあるが、何も覚えていない。
一旦、登って行き、その後少し下って荒地山へ登り返して行く。
展望は得られないが樹林の隙間からは六甲山が見えている。
2時間11分にて”荒地山”(549m)に着く。見覚えのある光景だ。
この時点では下り道は1本しかないと思っていた。
下山に入る前にしっかりと道標を確認したが・・・
”岩梯子”の上辺りだろうか、予定通りに登って来たハリソン・フォード氏と再会することが出来た。少し話ししてすれ違う。
下りはしばらくは樹林で覆われた展望の無い道が続くが、この先で展望が開け急斜面となる。
”岩梯子”が中々出て来ない。迂回路に入ってしまったのか?
崖を下っている様な急斜面を下って行く。
迂回路に入ってしまったのであれば直ぐに元の道に戻るはずであるが、完全に違う道を歩いているのが判って来た。マーキングテープが次々に出て来るので、登山道ではあるのだろうが、これではキャッスルウォールに行けなくなってしまう。
結構下ってから、大きくUターンして荒地山へ登り返す。
大きく時間を無駄にしてしまったが、キャッスルウォー
ルへの分岐点が見付かるかが心配。
正規の登山道を見付け、遠く離れた荒地山が近付く地点まで登り返して来る。
道標は無かったがキャッスルウォールへの道らし所を見付けることが出来た。
キャッスルウォールには登り終えたクライマー3名と登り中のクライマーが一人居た。
キャッスルウォール横の道は垂直に下降する激しい道で、下りに使う道ではなかった。しかしクライマーはこの道
で下っているのだ。
キャッスルウォールの下端に着く。'08年06月に講習会でここを登ったのが懐かしく眺める。てっぺんのオーバーハング以外は難しくなかったのを記憶している。今はここでの講習会はしていない様だ。
高座川の沢まで下りて、後は沢道で下山して行く。
沢まで下るとキャッスルウォールへの道標が立っていた。ここから沢を更に登ると”奥高座の滝”がある様で、今日は割愛するが、次の機会には行ってみたい。
小学生の低学年でももう少しましな橋を作れるだろう。
大きな砂防堰堤にぶち当たり、右側を高巻きする。この後、4ヶ所程の砂防堰堤が出て来る。
人慣れしているとは言え、目が合うと突進して来そうで怖い。
ストックで身構えてゆっくりと横を通過する。
ロックガーデン付近はイノシシの出没が多いのであるが、沢で2匹の大きなイノシシが餌を漁っていた。ウリボウなら可愛いのであるが・・・
古座川は六甲山系と思えない程に綺麗な水が流れていた。
ここを渡渉するが、どうも方向が違う様で再び戻って来る。
高座川に沿った雰囲気の良い道を下って行く。
分岐点にはしっかりした道標が立っていたが、キャッスルウォールへの記載は無かった。
道間違いで随分と遠回りになってしまったが、下山1時間42分で風吹岩へのハイキング道分岐に戻って来る。
高座の滝への下り道も結構激しい道であるが、土日には小さな子供が登って行く姿をよく見掛ける。
落差10m程の”高座の滝”に戻る。
下山1時間50分にて駐車場に戻る。朝は自車1台だけであったが、駐車場は満車状態になっており、更に下の道路にも車が止められていた。土日にこの駐車場を使うなら、相当朝早くに来る必要がある。
高座の滝の下流に小さな滝と綺麗に出来た甌穴があった。
関西百名山
兵庫100山』   六甲山系では荒地山、ロックガーデンが展望良く面白い
関西百名山に戻る
 兵庫100山に戻る