鉄拐山(234m)〜旗振山(253m)〜鉢伏山(260m)

兵庫県 神戸市

2012年01月15


兵庫の山に戻る

Road Map :栂尾山登山口から高倉台の市街地抜けて高倉山の登山口に至る。
Route Map:高倉山から鉄拐山〜旗振山〜鉢伏山を経由して須磨浦に下山するはずだったが・・・
兵庫100山二順目として高取山、横尾山を登った序でに、望海の旗振山周辺の山を歩く。
高倉台市街地歩き:12分
旗振山  登り:39分、下り:43分
(鉢伏山往復含む)
栂尾山下山後は高倉台の市街を直線的に抜けて高倉山の登山口に移動する。高倉台にはスーパーや自販機があるので買い物が出来る。
陸橋を抜けると高倉山の登り口となる。
登り口から7分程で”高倉山”(212m)に着く。尾根の端っこでピーク感は無いが展望は良好。
高倉山までは簡易歩道された遊歩道で緩やかに登って行く。
1階はトイレ、2階はおらが茶店と言う喫茶店、屋上は展望台になっている。高倉山の通称は”おらが山”と言うらしい。展望台に上がってみる。
展望台から見たこれから進む鉄拐山方面、最終目的地の旗振山は随分遠くにある。
展望台から見た高倉台市街と横尾山。
高倉山からしばらくは簡易舗装された遊歩道が続くが、ウバメガシの茂る登山道に入って行く。悪くはないが、同じ様な雰囲気の風景が続く。
この長い階段を上がり切れば鉄拐山となる。
山頂が詰まらないので迂回路あり。
階段道を下りると迂回路と合流する。迂回路を利用すれば無駄な登り下りをしなくて済む。
登り口から24分にて”鉄拐山”(234m)に着く。樹木に覆われており360°展望無し。
展望の利かない道が続くが、須磨の海岸が望める絶景ポイントがあった。絶景のはずであるが、今日の霞みで冴えない展望となってしまっている。
旗振山の山頂にある”旗振茶屋” 営業中だったが食事無しで山を下りてしまう。
39分にて”旗振山”(253m)に着く。尾根筋の単なる端っこであるが、ここからの展望は見事であった。
旗振山から見た淡路島方面の大展望。とは言っても肉眼で淡路島、明石大橋が薄っすら見えている程度。
須磨浦に下山すべく”鉢伏山”(260m)に行く。
鉢伏山にあるR・Wの須磨山上駅。レストラン、回転展望台もある様だが、中には寄らなかった。
須磨浦への下山道を探すが、見付けることが出来ず、旗振山に引き返す。
須磨浦山上遊園に下山途中で見た”鉢伏山”と回転展望台。
前回、絶景と思った”ドレミファ噴水パレス”からも明石大橋は薄っすらとしか見えなかった。写真にマウスを置くと前回の絶景が見られます。
目的の須磨浦に下りれなかったのでJR駅のある塩屋に下山する。奇しくも、前回歩いた時とまったく逆コースとなってしまった。この道も悪くはないが、ウバメガシが茂る単調な道だ。
1時間22分にて、高取山から4時間34分にて塩屋住宅街に出て、今回の六甲全山縦走1/4を終える。ここからJR塩屋駅までは5分の距離だった。
市街地歩きが長過ぎる。
沿面距離:13.8km、累積標高差:1,090kmは充分歩き応えがあったが、面白かったのは須磨アルプスの短い区間だけだった。縦走と言う割りには市街地歩きが長く、縦走ではなく近くの別の山へ歩いて移動している感じだった。こんなのを縦走と言うのはおかしい。
高取山横尾山〜鉄拐山、旗振山
はちぶせやま
はたふりやま
てっかいさん
兵庫100山』  望海三山を歩く。